40歳でも起業に向いている人の特徴とは?

スポンサードリンク


あなたの周りに、40歳を超えて起業した人はいるだろうか?

「40歳?起業には遅いでしょ・・・大丈夫?」

そんな声が聞こえてきそうだが、起業した40歳以上の

周りの人を見ると、それが取り越し苦労であることが分かる。

むしろ40歳以上の起業家には、魅力的な人が多い。

スポンサードリンク

40歳から起業した人の特徴「イメージ力がある」

この「イメージ力」。

実は、俺がとても大切だと感じること。

イメージ力があると、「これをやったら後でどうなるか」

という想像が働くから、犯罪などの過ちを踏みとどまる

ことができる。日常でも相手に伝える言葉も選べるし、

コミュニケーションだって円滑になる。

40歳を超えて起業した人達は、このイメージ力を味方に

して、どんどん楽しい未来を現実にしていっていると

いうのが特徴。

例えばWebビジネス、特にブログなどの個人メディアは

誰もが成功できるビジネスだが、やはり、しぶとい人が

成功する。

それは、40歳を超えた起業家は特に、単に目の前の

結果に捉われず、長期的に続けていけば数か月後、

数年後に時間的・経済的自由のある生活があることを

ありありとイメージでき、そこまでにはある程度時間が

かかるというこのビジネスの特徴を押さえているから。

やはり、40歳というある程度の年齢になるまでに、

様々な経験を通して忍耐力をつけ、また物事を

成し遂げるには時間がかかるということを起業と

いう局面でもわきまえている。

不屈の精神というとおおげさだが、自分との約束を

守ることができる40歳を超えた自立した大人なら、

正しい方法を起業時から続けて結果が出ない方が

不思議。

F1レーサーと比べると、Webビジネスはレジャーと

いえるくらい安全。例え40歳を超えていても・・・

何しろ、やりすぎて死んだ人はいないので(笑)。

起業資金にしても、通常のビジネスではありえない

くらいの少額で済む。

こうした感謝も、彼らのイメージ力の一つ。

6486609063_f73517ca65_b

魅力的な人は「絶対にあきらめない」

成功するには、不安を打ち消し、自分との闘いに

勝つために熱くなる必要がある。

うまくいかないときによく、ヤケクソになって

「もう、どうでもいい」と投げ出す人がいるが、こんな

ときこそ感情的にならずに、「どうすればうまくいくのか」

を考える冷静さが求められる。

魅力的な人は、うまくいかないときに全てを一人で

解決しようとするのではなく、メンターや仲間、

コミュニティの力を活用できるのも特徴。

俺がよくトラブったとき、ちょうど当時40歳だった

中島さんに電話していたのもそのため。彼が

起業した久米川駅前までよく出てきてくれた

ことに今でも感謝している(笑)。

人生は、あきらめないかぎり、負けないようにできている。

魅力的な人は「先延ばしにしない」

性格的に、変わった子供だった。

家族でよく行った朝霞の中華レストラン「チャイナテーブル」。

そこでも恥ずかしくて店員にお冷のおかわりも頼めない

ほどの人見知り。

少し誇れるとしたら、夏休みの宿題は7月から

毎日少しづつこなしていくタイプだったこと(笑)。

魅力的な人はもれなく

「将来楽をするためならば、最初は大変でも構わない」

と思える人。

これは俺のフィリピンへの移住仲間はもちろん、40歳を

超えて世の中のあらゆるビジネスに自ら踏み出し、起業に

挑んだ人の基本スタンス。

今だけを考えるなら、40歳を超えて新しいことなんてせず、

慣れ親しんだ日々のお勤めだけをやっている方が

起業や独立よりずっと楽なのだから。

イヤなことを後回しにせず、最初に終わらせてしまう、

どうせやらなければいけないのであれば後回しにしない、

そういう人は、まさに魅力的。

よく例に出てくる「夏休みの宿題をどうするか」と

いうことにも似ている。

「老後の3つの敵は、貧乏・病気・孤独なんだって」

こうした話を聞いても依然他人事で、何一つ具体的な

行動に移さない人は、全く手をつけていない夏休みの

宿題を見て8月の終わりに慌てふためくタイプの子供が、

そのまま大人になっている状態。

夏休みの宿題は、人生の宿題と似ている。

魅力的な人の特徴は、現実をしっかり見てごまかさず、

それに真摯に対処しようとすること。

みんなで魅力的な大人、目指そう。

スポンサードリンク