アメリカに移住するメリットとデメリットは?後悔する人も…アメリカに住みたい理由と、住む場合の失敗の原因は費用や仕事、ビザの条件?日本人がアメリカに住むならどこ?住むところでおすすめは。移住したい…住むには?アメリカに住む方法(移住方法)。アメリカのいいところ(アメリカに住むメリット)や準備についてブログで紹介

スポンサードリンク


フリーランスやノマドワーカーの増加で、

日本を離れ海外移住する人は少なくない。

なかでも、自由の国・アメリカに移住してみたいと

一度は考える人は多いのではないだろうか。

そこで今回は、アメリカに移住するための条件や費用、

おすすめの地域などについて紹介していく。

スポンサードリンク

アメリカに住むならどこ?住むところ…移住におすすめの場所

スポンサードリンク

一口に「アメリカ」といっても、地域によって雰囲気は全く異なる。

NYなどの都市部でラグジュアリーな生活がしたいのか、

田舎で広大な大地と自然を感じながらのんびり暮らしたいか人によって違ってくるだろう。

また、持病がある人や老後のアメリカ移住を考えている人は、

医者がいる医療機関がすぐ近くにあるかも重要な条件になってくる。

様々な好みや条件があるだろうが、

自分がおすすめする地域はカリフォルニア州サンノゼだ。

アジア人口も多く、日本食レストランやスーパーマーケットもあるので、

アメリカのなかでも暮らしやすい。

さらに、日本人街が3つあり、アメリカのなかでも治安がいい地域として、

日本人移住者からの人気が高いことで有名だ。

アメリカに住むには?アメリカに住む方法(移住の費用・ビザの条件・仕事を探す方法・準備)

アメリカに移住する方法で最も重要項目がビザの取得だ

アメリカのビザの条件は厳しいことで有名である。

ビザの取得は、主に、学生ビザ・就労ビザ・移民ビザなどが挙げられる。

ビザの条件は、学生ビザ・就労ビザで最大5年ほど、

移民ビザは無制限など様々である

また、アメリカでは移住抽選結果で当選すると、

面接や健康診断などを受け、パスした人は永住権を得られるプログラムがある。

目的別に細かく設定されているため、詳しくは在日米国大使館・領事館のHPを

確認してみてほしい。

次に、仕事の探し方も重要な要素だ。

これには、あなたの英語力によって仕事選びの選択肢も変わってくる。

英語力に全く自身がない場合は、まず、日本食レストランや、

日本人経営者やスタッフが多い飲食店がいいだろう。

また、日常会話に困らないレベルであるならば、

エージェントを利用して仕事を探してみよう。

電話面接や課題提出・現地での面接を経て採用となるため、

入念な準備をして根気よく取り組むことが必要だ。

仕事が決まったら、次はアメリカで住むところを契約しよう

ここでのポイントは日本での物件探しとあまり変わらないが、

治安や周辺にスーパーや飲食店があるか職場に近い場所かが重要になる。

アメリカは車社会なので、住む場所によっては運転免許の取得や車の購入も検討しよう。

スポンサードリンク

また、アメリカ移住にともなう引っ越し荷物の運搬方法も問題だ。

主な手段は、航空便・船便・手荷物で持っていく方法がある。

海外への引っ越しに対応している引越会社だとお得なプランもあるので、

荷物が多い方や引っ越し準備を簡単に済ませたいという方におすすめしたい。

ここまでアメリカに住むための流れを説明してきたが、

トータルの移住費用はざっくりと最低でも50万円、

ゆとりを持って150万円ほどは必要になる。

アメリカ移住を検討している方は、懐に余裕をもって準備するよう心掛けたい。

アメリカに移住した日本人のブログで移住方法もチェック

外国に移住するメリットは、何といっても多様な人種や価値観に触れられることだ。

特にアメリカではフランクで自由な考えの人が多いため、

陰湿な人間関係や煩わしい上下関係から解放されたい人には

暮らしやすい国だといえるだろう。

とはいうものの、日本に暮らしている限りは、

アメリカに移住するメリットやデメリットを想像することが難しい。

そこで、実際に純日本人がアメリカに移住したことを

綴っているブログを参考にしてみてはいかがだろうか。

ブログなら、テレビや雑誌では伝えられない、

リアルな現地の様子がわかるのでおすすめだ。

ここでは2つのブログを紹介する。

  1. アメリカ移住ものがたり

URL: https://ameblo.jp/kaigaiijuca/

ご夫婦と当時5歳の息子さんが、ある日、仕事を辞めてロサンゼルスに移住、

リアルな日常が綴られているブログだ。

移住に関することから、気になるお子さんのバイリンガル教育のことなど、

リアルな本音を知ることができる。

2.【リブアメ】和ごころLA | 移住妻のアメリカ生活情報ブログ

URL:https://la-life.info/

アメリカに移住した妻がライフスタイル・出産・文化など

リアルな情報を発信しているブログ。

特に、物価が高めのアメリカでの節約術がとても参考になる。

まとめ

アメリカに移住するためには手続きややるべきことが多く、費用もかかる。

しかし、そこを乗り越えれば、日本ではできない素晴らしい経験や出会いが

待っていることだろう。

逆に、思い描いていたアメリカでの生活にがっかりして、

日本の良さに気が付くことになるかもしれない。

そうであったとしても、比較できるほどの経験の幅が広がることは、

何事にも代えがたい素晴らしいことであると自分は思う。

興味がある方はアメリカ移住にぜひ挑戦してみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク