東南アジアリゾートの5つの魅力

スポンサードリンク


東南アジアのリゾートと聞くと・・・

この住んでいるセブよりも先に、大好きな映画

「ザ・ビーチ」を思い出してしまう俺(笑)。

スポンサードリンク

東南アジアリゾートの魅力とは

東南アジアというと、来たことのない人のイメージでは、

雑多でほこりっぽい、不衛生で汚い、治安が悪い・・・

こんなイメージの日本人がいまだに多く、およそリゾート

という印象のない人も。

ただし俺のように、何かのきっかけで東南アジアと縁が

できた人にとっては、そこは最高のリゾートになり、

リピーターに変わるケースも少なくない。

俺が強引にフィリピンに誘った、アメリカ人のmattも

その一人だ(笑)。

移動のしやすさ

日本人からすれば、移動距離と時間の短さは

大きな魅力。このセブなら成田から4時間、大阪から

3時間半。エコノミーでも耐えられるし(笑)、機内食も

いらないほど。

コスタリカやメキシコのカンクン、インドのゴア、

オーストラリアのゴールドコーストが最高に美しいと

いっても、遠すぎると頻繁に通うこともできないし、

何しろ疲労が大きすぎる(笑)。

コストの低さ

移動距離が短いことで航空券も安く取れるし、人気の

ある場所なら、セブパシフィックやエアアジアなどのLCCが

頻繁にプロモも行っている。

東南アジアの中でもタイなどはコストが上がってきている

ものの、例えばこのフィリピンでは5つ星ホテルでも1万円台

から泊まれたり、ビーチから一本入れば、数千円で泊まれる

ホテルはゴロゴロある。

物価、人件費、移動費用など全てのコストを抑えて

長く滞在できるリゾートは、やはり魅力。

ホスピタリティ

微笑みの国といわれるタイを始め、現地の人が

穏やかで接しやすい。

同じアジア人として変な差別意識も当然ないし、

このフィリピンのように、むしろ親日の人が多く、

日本人にとっては過ごしやすい場所といえる。

穴場が多い

例えば同じリゾートであるグアムやハワイなどは、

定番で人気の場所なので、様々な人が訪れて

混雑している。

何しろ、非日常が好きな俺は外国で大量の

日本人を見ると萎えてしまう(笑)。

これに対して、まさに「ザ・ビーチ」で登場したような

タイの孤島のような場所が東南アジアにはまだまだ

あり、観光地化していない穴場も多い。

あなただけのプライベートビーチのような、お気に入りの

場所を見つけることもできる。俺はヌーディストビーチを

発見するのが密かな夢だ(笑)。

未開拓の美しさ

タイのプーケット、インドネシアのバリ、フィリピンなら

パラワン(エルニド)やボラカイ、セブなどは人気の

リゾートとして、すでに毎年多くの人が訪れるように

なった。

しかし、俺が投資しているパングラオ島(ボホール)

のように、まだまだ自然が豊富で観光地化も

それほどでなく、のんびり休暇を満喫できる場所も

少なくない。

例えばミンダナオ島のように一度トランジットする

必要があったり、ミンドロ島のプエルトガレラのように

マニラから車で数時間+船のような場所にある綺麗なリゾート。

まだまだ穴場といえるだろう。

例えばバリなら、こんな雰囲気。

東南アジアのリゾートにハマってしまった

エルニドとボラカイが「欧米人が選ぶ世界のリゾート」で

TOP2になったのを知って、フィリピンの綺麗な海に興味を持った。

それまでフィリピンはマニラにビジネスで来るのが

中心で、ビーチでのんびりなんて考えも

しなかったから(笑)。

15679051340_849c9f0b49_b

マニラのひどい渋滞と人混みが東京にいた頃の

記憶とかぶり、「もう少しリラックスできる場所を」と

いうことで、セブに移ってきて数年。

都会と自然、便利さとリゾートのバランスの良い

この島がとても気に入っている。

スポンサードリンク



コメント

  1. くそっぺ より:

    リゾートと聞くとコスト高いイメージありましたが以外と安いのですね!

  2. kuuu より:

    リゾートは結構裕福か感がでているので行くことへの抵抗がかなりありますが、意外にそうでもないことがわかり安心しました。ゆったりすごせることがなにより満喫につながりますね。

  3. tsubasa より:

    バケーションを満喫するならば、遠距離の海を狙って行ってましたが、フィリピンだと4時間で行けるなんて最高です。
    船に乗り換えての島への移動もとても良いですね。
    フライト時間が長時間に比べたら、楽しめそうです。
    私も現地の方とお話したいと思うほうなので、新日の国だとなお良いですね。

  4. オタケ より:

    東南アジアはタイとか、ベトナムとか好きです。ちかいしいいですよね!レポート読んだら、ネットで調べてみようかな。>リーダーシップセミナーPARIS報告今回のパリLS参加は約2000人(初参加が約半分)プレゼントはエルメスの素敵なノート、フォションのフルコースパーティーなどなど。あなたはグループの、一人一人としっかり向き合ってコミュニケーションをとっていますか?個人事業は商売(物売り)ではなく[事業展開]する仕事です。つまり、「人を育てる」ことが仕事です。本物を愛する心を育てる!個人事業製品の良さは「本物がわかる人」でないとわからない。製品も、プランも本物だと見抜ける人を探す!本物を愛する人たちのグループを作りましょう。近々、SoftBank と個人事業が提携したiPhone3G(個人事業仕様)が発売されます!全てこれ一台でビジネスができます!携帯がパソコンになっている凄いケータイです。グループが全員使ったら凄い!
    (クレジット支払い)マーケティングプランも音声付きで見られます!(誰でもマーケティングができる)これからの個人事業はビジネスとして、しっかり収入を取る人たちと消費者の境目がハッキリ分かれてくる時代。経営者が個人事業にどんどん参加し始めている。個人事業の凄さに気づいた人は、より楽しく豊かに個人事業ビジネスを展開していくでしょう!「本物の価値がわかる人たち」にどんどんリレーしていきましょう!年齢、職業は関係ないですが、次世代の若者につないで行く時代。あなたの姿勢が伝わります。(^^)今、啓郎さんのミーティングに参加して来たところです。今日はこれから2アポ!楽しみです(^O^)先程、倉久とランチをご一緒させて頂いた際に参考になる話がありました。異性のスポンサリングは、「こちらの意識がビジネスモード状態でバッチリチューニングされていれば、誤解される事は絶対に無い」と言い切ってました(^^)結局は自分の意識の問題なんですね^^;K『野球やってるからお洗濯大変だよねー?』A『繰り返しもみ洗いして洗濯機より働いてるよ~・・・』K『分かるよ~。ウチの子の今、引っこ抜いてきた大根みたいなズボンがね、私が使ってる個人事業の洗剤のトライザイムに軽くつけ置きして洗濯洗剤で洗うだけで…元に戻ったのぉ。すっごく感激した』A『えーっ何それ買う買う』K『じゃあ帰ってきたら(旅行から)ウチおいでよ~。けど試しに使えるように明日もってくね~』A『嬉しい。まってる~』

  5. cyesyaneko より:

    東南アジアは大好きですがまだバリ島しか行ったことがありません。タイ、カンボジア、フィリピンなどガイドブックを見ては思いを巡らせています。。

  6. より:

    東南アジアだと、私はフィリピンに行ってみたいです!友達にフィリピンと日本のハーフの子がいて、よく話を聞かせてくれます。やはりはじめて外国に行くならば親日の方が多いところがいいです。

  7. なあな より:

    私は海外はグアムしか行ったことないのですが、グアムは日本人だらけで、あれ、ここ日本??と思ったことありました笑。東南アジアにもプライベートビーチがあるなんて知らなかったので、機会があれば行ってみたいです!

  8. きぃ より:

    私は学生時代にハワイに行ったのを最後に海外旅行経験はありません。特に東南アジアなどは知識もなかったですが、記事を読んで行ってみたい欲が出てきました‼︎

  9. 大貫 より:

    私は海外旅行に行ったことがないのですが、近いうちに行こうと思っています。フィリピン人の友人がいるので、記事を参考に旅行し、友人と楽しみたいと思います。

  10. 白いハンカチ より:

    フィリピンの綺麗だという海。とても気になりました。私は旅行が大好きで海外にも行くことがありますので今度海外に行く機会があったらフィリピンも候補に考えたいと思いました。

  11. みーな より:

    確かに東南アジアは汚いイメージがありましたが、記事を読んでいくと綺麗なところだなと思うのと、安い事にびっくりしました。

  12. あーちゃん より:

    海外旅行に行ったことない私ですが、行ってみたいのはバリ島です。勝手なイメージで料金が高いのかなって思っていましたが、そんなことないんですね!記事を読んだらすごく行きたくなりました!

  13. みずか より:

    私は、1度だけハワイに会社の旅行で行ったきりで
    です。
    穏やかで、ステキな所なんでしょうね(^ ^)

    確かに、衛生面が気になるところですが

    記事を読ませて頂いて私のイメージとは違うんだなぁ〜って

    感じました!

  14. ぴよちゃんのパン より:

    欧米人が多い方が非日常的な感じがしていいですよね。穴場感にとても魅力を感じます。日本からも比較的近そうなので一度は行ってみたい。

  15. kz16 より:

    移動4時間というと、正直実家に帰るより近いです(笑)
    ホテルも、日本の格安ホテルよりよっぽどお安いんですね。
    航空券の値段は後で調べてみるとして、それでも国内旅行よりはよっぽどお安く済みそう。
    休日が出来たら試しに行ってみようかな!と思えるレベル。本当に行っちゃおうかな。

  16. みちゃお より:

    私が行った事のある海外は、ザ日本人御用達!みたいな日本人が沢山いる所ばかりだったので、一度は東南アジア方面へ行きたいと思ってましたが、成田から4時間ってフライト時間が短いのにビックリしました。

  17. あこ より:

    東南アジアはまだ行ったことはないですが、この記事を読ませていただいて、思っていたよりも近いこと、低コストでリッチな気分が味わえそうなこと、キレイな景色に癒されそうなところに興味を持ちました。
    一度行ってみたいです。

  18. なみ より:

    ワタシも自分だけの穴場スポット探してみたいと思います。みんながいったことのあるお馴染みの場所やなくて、自分だけの場所ってゆうのがいいですね。

  19. こたー より:

    私は人混みが苦手なので、近場で穴場がいっぱいあったら嬉しいです。私は、タイに行きたいのでタイの穴場教えて貰えたら嬉しいです。いつかの機会に是非お願いします。

  20. ゆうゆう より:

    私は海外に行ったことがないのですが タイが好きな先輩から 色んなお話を聞いていましたので とても身近に感じました。
    穏やかで接しやすいというのは 奥手な日本人にとって 暮らしやすい 過ごしやすいのではと思いました(^^)
    いつの日か行ける時がありましたら 参考にさせて頂きたいなと思います。

  21. たくや より:

    東南アジアだと、同じアジア人ということで、欧米旅行と違い、気を使うことはなくなるかもしれませんね。その点は、旅行する上でラクかもしれません。なにしろ、アジア人というだけで浮くことも多いので。

  22. ゆうりん より:

    海外、遠いイメージがありますが、結構、近いんですね。
    移住した地がとてもいい場所になったなんて、うらやましいです。

  23. koten より:

    確かに東南アジアといえば、フィリピンなどをイメージして、不衛生?て勝手に思ったりしてしまいますね。
    でも読んでいて、東南アジアは、これから伸びるリゾートて気が、なんだかしてきました。
    ヌーディストビーチ!
    そうですね。
    21世紀はアジア人も西洋人同様?発展家になるかもしれませんね。
    なんだかワクワクしてきます。

  24. ロッシ より:

    私も海外旅行が好きで、東南アジアなどのいくつかの国を周りましたが、東南アジアのリゾート系はまだ行ったことが無く、記事を読んでとても魅力を感じました。
    東南アジアといえば、ジメジメしていて埃っぽいようなイメージを持っていたのですが穴場を上手に探せば最高のリゾート地なのですね!
    次の海外旅行は東南アジアの穴場を友達と探してみたいと思います。

  25. あさな より:

    リゾートと聞くと手軽には行けないイメージになりますが、低コスト、短時間で行けるとわかって少し身近な存在になりました。また、下手に沖縄へ行くよりも海外リゾートに行ける方が満足度が変わってきますね。

  26. あい より:

    すみません私ザ・ビーチみたことありませんが…笑リゾート行きたいです!フィリピンってそんなに安いんですね!5つ星ホテル泊まってみたい(*^^*)一万円台なら買い物や食事もグレードアップして最高の旅行になりそう。私ビーチという物が近くにない、地域に住んでいるので数時間かけて海に行くだけでテンション上がります。
    ザ・ビーチTSUTAYAでかりてみますね笑

  27. るな より:

    海外には行った事がないのですが、何だか行きたくなりました!コスト的にも意外と安くてびっくりしました!穴場もたくさんあるみたいなので機会があれば行ってみたいなぁーと感じました!

  28. さくら より:

    まず海外旅行へ1度も行った事がありません。その理由の中にやはりお金がかかる・治安が心配などありましたが、5つ星のレベルで1万円台というのはかなり驚きです。移動時間も短く、チケットもそこまで高くはないとなるとかなりハードルが下がりました。治安の面に関しても、日本人にとって過ごしやすい環境があるのであればもう迷う必要はありませんね(笑)

  29. tm より:

    わたしも現在はなかなか暇はあっても旅行に出かけられるお金がないので、この話を参考にお金がたまったら家族で東南の国にいきたいですね!

  30. りお より:

    東南アジア大好きです!先進国のような冷たい感じはなく、みんながフランクに接してくれるし。まぁその分危険はあるのかもしれませんが。新しい自分を開放的な気分によって見つけられるかもしれない、可能性がたくさんつまったところだと思います!

  31. ネガメ より:

    何とパスポートを未だ所有していない自分です(笑)。
    セブ島とバリはよく聞きますね。4時間で着けるのは意外。国内感覚です。
    例えばハワイの様に日本人観光客だらけの所だと僕みたいな旅行シロウトは
    逆に安心するのですが(笑)、言葉とかどうされてるのでしょう?

  32. きむら より:

    未開拓の土地があるのは魅力的ですよね。日本だとそうとう奥深くまで行かないと、そういった場所はありませんしね。

  33. 小鳥さん より:

    東南アジア諸国の中で、日本が観光でも住みやすさでも出稼ぎでも一番だとは思いますが、その他の国ならば、マレーシアやフィリピンも、自然の多さやコストの面ではいいと思うので、観光としてならば、私自身も訪れてみたいなあと思っています。もっと、パスポートやビザの手続きが難しくなければいいとも思っています。

  34. ぐん より:

    確かに東南アジアときくとスラムとかのイメージがどうしてもあります。でもよくよく考えるとリゾート地が多くてきれいなとこも多いですもんね!パングラオ島っていうところは知らなかったのですが、調べたらすごくきれいなとこだったので生きてるうちにお金あれば行きたいです。笑

  35. なべねこ より:

    プライベートビーチ。いいですね。すっぽんぽんで泳ぎたいです。がっつりクロールでガンガン泳いでみたいですね。笑 キレイな海、青い空、開放的な気分になり、もう!私を好きにして!って感じかもです。

  36. さくら より:

    よく東南アジアの特集を報道しているのをみるととても美しい自然があってとても行きたくなります

    今回の記事をみてもっと行きたくなってしまいました
    予定はないのですが汗 海外旅行に行くときは東南アジアもいいですね

  37. 0617 より:

    海ってやっぱり気持ちがいいですよね!今、日本の海を思い切り楽しんでいる方も多いはず。そんな「海」ですが、東南アジアには年中入ることができる美しいビーチがたくさんありますよ!

  38. yuko より:

    リゾートと聞くと、綺麗な海があって砂浜があってハワイの様なところを思い浮かべますが、東南アジアもリゾートなんですね。

  39. カモネギ より:

    東南アジアでのリゾート地はいろいろ
    ありそうですね。自分はいったことがありませんが、
    機会があればいきたいです。

  40. オレンジ より:

    東南アジアは住みよい場所なんだと知りました。日本人には合っているのですね。こちらのブログを読んで旅行で訪れてみたい場所になりました。

  41. 中川 創聖 より:

    確かに、あまり東南アジアのことを知らない人は東南アジアに対してよくないイメージをもっていそうですね。僕は知っているのでないんですが。東南アジアの観光地も行ってみたいです。

  42. 野田 より:

    なんだか海外旅行に行きたくなってきました。
    コスパもよさそうですので参考にしてみます。
    もしかするとまだまだ穴場がありそうなら探してみてもいいかもしれませんね。

  43. バルタン より:

    自分も東南アジアリゾート=ビーチでしたが、全然たくさんありましたねwコストパフォーマンス高いところはやっぱりいいですね!やっぱりビーチもいい!

  44. あゆ より:

    フィリピンで5つ星のホテルが一万円代で泊まれるんですか?凄いですね、かなりお得で行ってみたくなります。東南アジアもリゾートなんですね。
    知らかったです。機会があれば行ってみたいです。

  45. ひかり より:

    東南アジアって行きやすいしいいところですね!!
    コストも低いし、リゾート地があるんですね。
    ハワイに行くと日本人だらけで、海外感がないですもんね。
    穴場に行ってみたいです。

  46. 空の下 より:

    私も外国、しかもリゾート地で日本人がたくさんいると
    萎えてしまいます。
    外国に行った気がしません。
    せっかく非日常を楽しもうと思っているのにがっかりです。
    日本人はまだまだフィリピンのリゾートに気づいていないので
    いいですね。

  47. 雪兎 より:

    フィリピンはリゾートとしても仕事としても、住むとしても問題ない所ですね。
    でもひと月になるのがPCのような精密機器は海辺の近くだと壊れやすいのでしょうか?

  48. keito より:

    東南アジアの良さを紹介していただいて
    ありがとうございます。
    世界は広いはずなのに、マスコミで紹介されている
    ところしかしりませんでした。

  49. アカ より:

    リゾートと聞くとコストが高そうに思えるのですが、
    そんなことはないんですね。
    しかも移動もしやすいとなると、1度は行ってみたいです。

  50. より:

    移動がしやすくて穴場が多いというのは
    私にとっても願ったりかなったりの
    リゾート地です。
    行ってみたいですね。