ルメリディアンバンコクでマッサージ!ラウンジやプラチナ、地図も紹介…アフタヌーンティーやプール、朝食やスパ、ゴルフなど

スポンサードリンク


タイで人気のホテルであるルメリディアンバンコクホテル

周辺の観光情報を含め調べる人は多いが、

実はあまり有意義な情報がない。

そこでこの記事では、ホテルの施設情報、観光情報について説明していく。

スポンサードリンク

ルメリディアンバンコクホテルはどこ?ルメリディアンバンコクまでの地図を紹介

ルメリディアンバンコクホテルはスワンナプーム国際空港から

西の方向にあるバーンラック地区にある。

バーンラックはショッピングやエンターテイメント

楽しめる活気のある地域で、幅広いジャンルの食事があるなど、

なんでもそろっているオールラウンドな場所

空港からの道は少々複雑なので、

タクシーを利用する場合には苦労する可能性がある。

そういった苦労をしないためにも、

ルメリディアンバンコクへの送迎を利用した方が良い

ホテル予約サイトにて有料のオプションとして

選択できることが多いのだが、予約時にしていなかったなど、

後から依頼する場合にはホテルにメールで依頼すれば良い。

ホテルの所在地や周辺施設の地図を調べる際には、

Googleマップにて確認することができる。

送迎、タクシー以外のアクセス方法としては、

ホテル近くに地下鉄のサムヤーン駅と鉄道のサラデーン駅がある。

スワンナプーム国際空港からエアポートレールリンクを利用し、

パヤタイ駅でBTSスクンビットラインに乗り換え、

サイアム駅でBTSシーロムラインに乗り換え、

サラデーン駅で下車するのがもっとも簡単だろう。

乗り換えを不安に感じるのであれば、

送迎やタクシーを利用した方が安心できるだろう。

電車を利用するときの注意点としては、

駅の表記がタイ語か英語でしか書かれていないところだ。

念のために、上記であげた駅と路線名の英語表記を記載しておく。

駅名

スワンナプーム駅 → Suvarnabhumi

パヤタイ駅 → Phaya Thai

サイアム駅 → Siam

サラデーン駅 → Sala Daeng

路線名

エアポートレールリンク → Airport Rail Link

スクンビットライン(BTS) → Sukhumvit

シーロムライン(BTS) → Silom

なお、BTSというのは高架鉄道の略称であり、

スカイトレインと呼ばれることもある。

電車関連では、他にARL、MRTという表記を目にするかもしれない。

ARLは上述のエアポートレールリンクの略であり、

MRTは地下鉄の略称である。

ルメリディアンバンコクのラウンジやマッサージ(スパ)、プラチナやレストラン、アフタヌーンティー、プールや朝食、ゴルフについて。HISも教えてくれる?

次に、ホテル施設や周辺施設について記載する。

まず、ルメリディアンバンコクホテルの一室料金だが、

5,000バーツから20,000バーツが相場である。

この料金の違いは部屋のグレードにより、

ビスタ、ビスタプラス、ビスタプレミア、

ビスタエグゼクティブ、サーキュラー、アバンテックスイート、

グランドアバンギャルドスイートとランクアップしていく。

ビスタからアバンテックスイートまでは5,000バーツから

8,000バーツとなだらかに上がっていくが、

最上位のグランドアバンギャルドスイートでは

20,000バーツと大きく値上がりする。

ルメリディアンバンコクのビスタプラスというタイプは、

スタンダードなタイプがビスタタイプだが、

そのビスタタイプの中で角部屋にあるものがビスタプラスである。

また、共に人気のあるサーキュラーはベッドが円形となる。

それから、ルメリディアンバンコクの公式サイトを掲載する。

http://www.lemeridienbangkokpatpong.com/

デフォルトでは英語ページだが、最上部のEnglishを選択し、

日本語を選べば日本語表記のページに切り替わる。

ルメリディアンバンコクの朝食は日本人に人気があり、

他のホテルの宿泊客も利用することが珍しくない。

ルメリディアンバンコク朝食料金は、

宿泊料金にセットとして含まれていない場合は、

およそ900バーツ、日本円で2,700円ほどとなる。

ルメリディアンバンコクの朝食時間は、

5時30分から10時30分と朝早くから楽しむことができる。

客室のグレードの話に戻すが、

ルメリディアンバンコクエグゼクティブは高い人気をほこり、

ルメリディアンバンコクの宿泊記でもよく紹介されている

ルメリディアンバンコクではアフタヌーンティーも人気があり、

エグゼクティブ以上のグレードでは宿泊料金に含まれる。

ルメリディアンバンコクではJF(ジョイナーフィー)が無料で、

宿泊者以外を呼びやすことも特徴である。

また、ホテル内で、マッサージやスパを受けることができる。

なお、マリオットプラチナ会員用のクラブラウンジは無いが、

朝食、バーを無料で利用することができる。

ルメリディアンバンコクではレストランでの食事以外にも、

ホテル内のプール、ホテルに隣接するゴルフ場で楽しめる

HISでルメリディアンバンコクの宿泊プランが用意されており、

HISを利用する際に、現地で楽しみ方を聞くのもありだ。

まとめ

日本人観光客に人気のあるルメリディアンバンコクについて、

ホテルへのアクセスや館内設備、周辺施設の紹介をした。

ホテルのターゲットが日本人であり、日本人にとっては快適に過ごせるよう

サービスが最適化されている。

また、ホテルのあるバーンラック地区では、

非常に多ジャンルの食事や遊びを楽しむことができるので、

タイ観光の拠点にするのにおすすめホテルだ。

スポンサードリンク