人と話す仕事の種類って?英語を話す仕事の求人…シニア(高齢者や老人)なら?人前で話す(喋る)のが得意なら人と話す仕事(土日が休みのバイト)?逆に話すのが苦手だったら…人と会話する仕事がしたいけど、職業の求人は東京にも?ネットや電話でも可能?朗読は?

スポンサードリンク


海外で居住経験があると、外国語、

とくに英語を話すことができるようになる。

これを使って仕事をして

収入の足しにしようと考える人は多いだろう。

特にシニア世代では、

2ヶ国語を話せると「バイリンガル」と

もてはやされた時代もあった。

一般的に、この世代では

バイリンガルは憧れの的だったし、

これで収入になるならちょっとした自慢にもなる。

では、シニアが英語を話すことによって

どのような求人があるのか、紹介していこう。

スポンサードリンク

英語を話す仕事の求人、シニアなら?

英語を話すことで収入を得たいなら、

まずTOEICを受けるのが近道だ。

高得点を取れれば

明るい未来が待っていることだろう。

TOEICの点数順に、ざっと紹介していこう。

TOEICの点数が900点以上なら、

秘書すら務まる高い英語力の持ち主だ。

業務内容は、スケジュール管理出張などの手配。

来客や電話応対、会議等の資料作成、

経費の精算資料作成など多岐にわたる。

英語が話せるだけでなく、

相手の思いや感情も読み取る能力も必要になる。

800点以上なら、バイヤーや

マーチャンダイザー(売れる商品を予測し開発する)が務まる。

業務内容は、市場調査や商品選定、

価格交渉に発注、輸送、経理処理。

ITシステム利用、情報集計、分析などだが、

この職種には商品の専門知識が必要不可欠だ。

750点以上なら、貿易事務が務まる。

業務内容は、主に海外取引先とのやり取りや

システム運用(データ入力・書類作成など)。

国内にいながら英語業務を行ったり、

海外赴任でも英語スキルが求められる。

700点以上なら、マーケティング・市場調査が務まる。

市場調査や各種資料作成、

メディアへの対応、広告関連業務、サイト運営など。

現地の事業者と連携して、現地の人と会話したり

各国のマーケット調査を行ったり商品開発を進める仕事で、

幅広い知識やコミュニケーションスキルが求めらる。

600点以上なら、航空・旅行・観光関連会社の関連職種もある。

航空会社での諸業務仕事(キャビンアテンダントや空港スタッフなど)、

観光ツアー(客)への対応、観光地の案内スタッフなど、

人前で話す業務が多い。

ただし、国際線のキャビンアテンダントでは700点以上が必要。

550点以上なら、IT関連職種も。

外資系企業とのやりとりで、

海外拠点や企業と電話やメールをする際に

英語スキルが求められることも多い。

仕様書などの翻訳や、英文の資料を読まされるむことも。

上記のように、英語を話す職業といっても多種多様である。

事務系や翻訳などは、会話力より

1人で黙々と業務をこなす時間の方が長いとも考えられる。

話すのが苦手な人でも向いているのはこちらだろう。

もちろん会話以外のスキルも問われることはある。

しかし、シニアなら人生経験が豊富だ。

仕事に求められるスキルが自然と身についていることもあるだろう。

ちなみに、英文朗読は仕事としてはかなり厳しい。

観客が集まらないことが容易に推測できる。

タレント並みの知名度あるいは声優並みの表現力でもなければ、

お金を払ってわざわざ聞きに来たり仕

事を依頼したりする人は皆無と言える。

英語で人と話す仕事をシニア向けで探すなら
https://www.sumikominavi.com/job/special.php?tab=1&sp=119

上記条件に加え、東京限定で探すなら
https://www.sumikominavi.com/job/special.php?tab=1&sp=119

人と会話する、人前で話す(喋る)のが得意なら、どんな仕事がいい?職業と求人を紹介

人と話す、あるいは人前で話す。

つまり会話に特化した仕事というなら、

通訳がもっとも高収入だ。

平均時給が1,500円以上。

TOEICは905点以上が必須

900点では足りないくらいだ。

1回の報酬として2~3万円が多いが、

より重要な場だったり

何か特別な要素があれば更に上がる。

個人で仕事を請け負っている人が多いので、

個人的に信頼関係を築く必要がある。

シニアが英語を使いどの程度の収入を得たいのかは個人差があるが、

副収入程度で考えているのであれば、敢えて通訳を選ぶ必要はないだろう。

次に、英会話講師
主に子ども向けと大人向けの2種類がある。

報酬はピンキリだが、

TOEICが子ども向けなら600点以上、

大人向なら700点以上が必要。

しかし、英語力があれば資格が必須ということでもなく、

ハードルは他に比べるとやや低い。

通訳案内士という職業(資格)もある。

しかし、

年収300万円以上の人は10%にも満たず、年収100~200万円台は25.1%、年収100万円未満は63.1%らしい。しかも、合格率が12%という超難関。稼げる時と稼げない時の差は激しいようだ。

引用:通訳案内士ドットコム

スキルの割りに合わない職業という印象である。

業務内容は、先に紹介した通訳よりキツいとも考えられる。

問題はそれだけではない。

シニアはただでさえ採用されにくい

採用側が年齢を考慮するなら当然のことだろう。

だから、完全な未経験では絶対に落とされる。

採用される可能性が皆無なのだ。

ではどうしたらいいのか?

簡単なことだ。

実績を作っておくのだ。

例えば前述した、子ども向けの英語講師。

こうした経験も履歴書に書くことができる実績の1つとなる。

更に極端な例では、

ボランティアでほんのちょっと外国人と会話した、

というだけでも印象は大きく変わる。

重要なのは

「英語を使い、どれだけ多く会話したか」である。

シニア一般向けの求人なら
https://www.seniorjob-navi.com/east/search/DT3/ENSEARCH_HOT/

まとめ

英語を話すことで仕事を探すなら、

TOEICで550点以上を取ることがほぼ必須と言える。

高収入を得ようとすればするほど

高得点が必要となり、責任感も重くなる。

自分がどこまでの覚悟を持って

どれくらいの収入を考えているのか、

明確にイメージしておくべきだろう。

比較的就職しやすいのが子ども向け英語教室だ。

これなら履歴書に書ける。

ちなみに、ボランティア活動での英語案内なども

履歴書に書くことが可能だ。

スポンサードリンク