英語ができるようになるアプリ!早くできるようになりたいなら…「できるだけ(出来るだけ)早く来ていただきたいのですが」「やっとできるようになった」「もっとできるようになりたい」「できることなら」「できるようにする」は英語で?英語ができるようになるには?できるようになりたいができる気がしないなら「できる人」との違い、できること(メリット)や方法を知ろう。できるようにならない人ができるようになるまで

スポンサードリンク


英語ができるようになりたいけど思うように上達しない、

どうすれば上達するのか悩んでいる人は

まず「できる人」との違いを知ろう。

英語ができる人が実践している方法を紹介する。

スポンサードリンク

英語ができるメリットは?できるようになったら・・・国内外でできること

英語が出来るメリットは、共通言語として世界中で活用できることだ。

世界中の様々な人たちとのコミュニケーションが楽しめる。

話し相手が増えるのと同時に、世界の文化にも深く触れることができるのだ。

圧倒的な情報量の差があることについても触れる。

例えば、「英語できる」とインターネットで日本語検索するよりも、

英語検索した方が検索結果の数が膨大にあるというメリットがある。

その分だけ数多くの知識を得ることが可能になる。

英語ができるメリットとして、

世界中にある文献から知識や情報を得ることもできる

自分がどんどん賢くなって自信にも繋がっていく。

英語ができるようになると仕事やビジネスでも役に立つ。

英語ができるようになったら国外の海外出張でも安心だ。

自分ができるようになったことで、

英語そのものの重要性や価値観にも気付くことができる。

国内で外国人観光客と出会った時にでも、

スマートに話ができたらすごくかっこいいと思うし、

何よりも日本の文化や観光スポットを教えてあげることもできる。

大学生の場合は海外の大学に留学するという選択肢も増える

とにかく自分の世界が広がるということは間違いない

英語ができるようになりたい!できるようになるには?できるようにするアプリや受験のための正しい学習・・・できるようになるまでの方法

ビジネスメールを英語で作成するのは結構難しい。

できるだけ早く作成するためにはどうしたらいいのだろうか。

一番簡単な方法は、あらかじめシーン別にテンプレートを作成しておくこと

テンプレートに沿って書き加えていけば短時間でも作成できる。.

日本人が人に何かをお願いするときに多用する、

「please」という単語がある。

しかし、海外でこのpleaseという単語を多用するのは気を付けよう。

相手によっては命令口調に感じられてしまうこともあるからだ。

日本と海外の表現における違いなどにも気を付けながら、

テンプレートを作成するといいだろう。

最近では優れたアプリがたくさんあるので、

それらを利用して上達することも可能。

無料のものも数多くあるので、一度試してみてほしい。

受験に効果的な学習法としてよく耳にするのが、

文法と単語を集中して勉強しろということ

正しい文法や単語を学ぶことはとても大事。

インプットするものを間違えないようにすることは極めて大事なことだ。

日本人は英単語をとにかく暗記しようとしたり、

文法の教科書を持ち出してきて学ぼうとするが・・・

いちいち訳そうとしてもネイティブの話すスピードについていけない。

そこで、彼らがよく使う定番のフレーズを

どんどん音読しながら暗記していく方法がおすすめ。

声に出して覚えることで自然と身についていく。

英語ができるようになるために、

You Tubeで英語のネイティブが自然に話している

日常会話の動画をピックアップし、

完全にスムーズにシャドーイング(後に続けて話す)

できるようになるまで訓練する。

そして一番重要なのが、覚えたフレーズのアウトプットだ。

今なら月に5,000円以下で、

毎日オンライン英会話が受けられる時代だ。

こういったものを上手く活用すれば、

あなたの英語力はぐんと向上するはずだ。

英語ができるようにならない、できる気がしない・・・できる人とはどこが違う

英語をせっかく勉強していても、できるようになる気がしないと

モチベーションだって下がってしまう。

英語を話すためには相手の言葉を聞き取るリスニングが重要になるが、

できる気がしないと思ってばかりでは、

相手の言葉も聞き取りにくいだろう。

こういった場合、英語が「できる人」の特徴を真似してみるのがおすすめ

一つコツを挙げると、失敗してもいいから

とにかく何度も英語を話すことだ。

完璧に話そうとはせず、

相手の表情ジェスチャーを汲み取りながら、

楽しくコミュニケーションを取ることが大切。            

英語を話すときはあまり難しく考えず、

ハードルを少し下げてみよう。

それよりも、より多くの会話を心掛けた方がよい。

大事なのはきちんとした英語を話そうとするのではなく、

相手に伝わる英語を話すことだ。

【英語はある程度のレベルまでなら短期間でも身につくもの。】

だらだらと時間をかけて英語を学ぶのは、実はあまり効果的ではないのだ。

【できる人の場合、短期間でも英語にフォーカスした時期が必ずある。】

これは単に留学をしたから身についたとかではなく、

国内だけで身についた人も数多くいる。

まとめ

英語ができないと嘆いている人は、できる人の特徴を知ることも大事。

文法や単語をしっかりと学ぶことはとても大事だが、

それらを自分の口で音読しながら暗記していくことも重要だ。

インターネットを利用したオンライン英会話もおすすめだ

実践で英語を話す機会を増やした方が、

英語はより身につきやすくなるからだ。

普段から英語に慣れ親しんでおくこともおすすめだ。

例えば、スマホやFacebookの設定を英語にすれば、

今までの「いいね!」が「Like」に変わるので面白い。

海外ドラマや映画を字幕なしで観てみるのもいいだろう。

そうやって普段の生活に英語を積極的に取り入れることで、

より英語が身近なものとなり、話せるようにもなっていく。

英語はインプットアウトプットの学びの両方のバランスが重要だ。

英語はただ勉強するのではなく、

実際に使ってみることが一番大事なのだ。

スポンサードリンク