英語のスピーキングマスターに最も必要なこととは?

スポンサードリンク


英語でスピーキングがペラペラできたら、

きっと楽しいだろうな・・・

多くの日本人はそう考えるが、なかなか役に立つ

英語のスピーキング・リスニングのマスター法に

お目にかかれないのは、今も昔も変わらないところ。

スポンサードリンク

英語のスピーキングのために知っておきたいこと 

原宿のオヤジのバーで飲むたび、ハーフイタリアンで

ハーフアメリカンのマットがよく言っていた。

「なぜ日本人はあんなに英語の読み書きが

うまいのに、英語が話せないの?」

確かにもっともな意見だ(笑)。

外国人から見て、日本人の英語力はとてもアンバランス。

諸外国では話せても読み書きができない人が多く、

基本的に、読み書きができるならスピーキングはできる

というのが彼らの自然な推測だから。

英語を話せるようになりたいならまず明確にしておきたいのは、

スピーキングは書き言葉ではなく話し言葉のスキルであるということ。

わかりやすく言えば、書いた文章をそのまま話すのではない

ので、ブロークンでいい加減で良いということだ。

むしろ砕けた表現のほうが自然だし、それで十分通じる。

また対面では表情や身振り手振りも使えるので、最初から

完璧を目指さない。

英語で話す時のコツは、とにかく大げさなくらい英語らしい

表現をして、大きな声でゆっくり話すこと。

ジェスチャーはスピーキングの大きな助けになるし、例えば

LとRの違いなどは極端すぎるくらいにはっきり発音してちょうどいい。

京都からマニラに移住してきた奥さんがフィリピン人の

カツさんは、穏やかなキャラに似合わないくらいRは巻き舌だ(笑)。

さすがに、きちんとポイントを押さえている。

このフィリピンのマニラに移住してきて、英語が話せて

本当に良かったと感じる。

片言でも正直生活には困らないが、やはり

人との深いコミュニケーションをしていくためには、

現地で使われる言葉を理解することが必要になる。

学生起業後にこちらに移り住み、フィリピン人のビザ取得の

お手伝いをしている蓮司も、基本的な英会話をマスターした

ことでフィリピン人家政婦とのやり取りには困らなくなったと笑う。

英語のスピーキング習得に必要なシンプルトレーニング

29210542713_832cf7a564_b

あなたが会話でよく使うフレーズを、あらかじめ音読しながら

暗記し、会話でガンガン使う。そして指摘があれば、素直に発音を矯正する。

これを継続してバイリンガルになっていない日本人は、

少なくとも俺の周りにはいない。

インプットは空き時間など毎日の習慣とし、アウトプットは

意識して積極的に行うこと。完璧主義を捨てること。

今はスカイプ英会話で毎日、1回100円台で30分程度

話せるし、FacebookなどのSNSで友達を見つけるのもたやすい。

昔に比べ、英語を話す機会は意識すればいくらでも作れる。

最後におすすめしたいのがシャドーイング

TEDトークなどのスピーチをYouTubeで探してみよう。

話していることを意味を考えず、そのまま真似して後に

ついて話すことを繰り返す。これは発音の矯正と

リスニングに役立つトレーニングになる。

スポンサードリンク



コメント

  1. あす より:

    英語の発音は日本にはない独特のものでなかなか身につきにくいですよね。私もいつかは話せるようになりたいので…ブログを参考に勉強していこうと思います。