フィリピンの言語の数(種類)と割合!政策やタガログ語を翻訳するツール、英語など言語教育の歴史と分布の問題、挨拶(こんにちは、ありがとう)は?文字と言語留学についても紹介

スポンサードリンク



フィリピンの言語といえばタガログ語だが、

他にも様々な種類の言語を話す多言語国家だ。

ビサヤ、セブアノ、イロカノなど・・・

その数、実に170種類以上。

今回は、フィリピンの言語について歴史や政策、

挨拶、言語留学などについても紹介する。

フィリピンの言語で「こんにちは」と挨拶するには?「ありがとう」はなんていうの?翻訳するツールを紹介

スポンサードリンク

最近はフィリピンの言語留学が人気になってきている。

しかし、向こうでの語学学習の厳しさは知っておいたほうが無難だろう。

フィリピンの語学学校では、朝から晩まで少人数制による

スパルタ式の授業が展開される。

とは言っても、フィリピンの言語留学にかかる費用はとても安いし

様々な観光地があるので息抜きをしながら楽しめる。

色々な地域や場所に出かけて、様々な言語に触れるというのもおもしろい。

フィリピンの言語はアルファベット文字で表記されるため

英語に似ていると勘違いしている人もいるが、全くの別物。

文字自体が日本人にとって全く理解できないものではなく、

また発音も英語ほど複雑ではない。

アルファベットに慣れていて発音の苦手な

日本人には向いているのではないかと自分は思う。

タガログ語で「こんにちは」という挨拶は3種類あって、時間帯で使い分ける。

朝から夕方にかけて使える、「Magandang araw」(マガンダン アラウ)。

正午に使う「Magandang tanghali」(マガンダン タンハーリ)。

夕方に使う「Magandang hapon」(マガンダン ハーポン)。

タガログ語で「ありがとう」と言う場合は

「Salamat」(サラーマット)と言う。

「Maraming salamat」(マラーミング サラーマット)と言うと、

もっと丁寧な言い方となり「本当にありがとう」という意味になる。

「Salamat」の最後に「po」を付け加えると、

丁寧語になるので覚えておこう

フィリピン言語の翻訳サイトのURLをいくつか貼っておくので参考にしてほしい。

https://translate.google.com/?hl=ja&tab=TT

(Google翻訳)

http://www.etranslator.ro/ja/firipingo-nihongo-online-honyaku.php

(Online タガログ語 日本語 通訳)

スポンサードリンク

フィリピンは言語の数がすごい!タガログ語など種類と数、割合、歴史と政策について。英語はみんな話す?

フィリピンには言語の数がとても多く、イロカノやセブアノなど

なんと170種類以上もの数がある。

言語の数の種類が多いためか、フィリピン人同士なのに意思疎通が難しくて

英語で話していたりするなど、日本では考えられないような場面に出会う。

フィリピンでの公用語はフィリピン語と英語となっているが、

日常で使われる言語はその地方の母語がほとんど。

またフィリピンの国は英語を使う人の割合が、

アメリカ、イギリスに次ぎ世界で3番目に多いとされている

フィリピンの歴史は、約333年間に及ぶスペインによる植民地支配、

48年間のアメリカによる植民地支配、日本による3年間の植民地支配などと、

侵略や植民地化を繰り返していた、まさに激動の時代だったと言える。

フィリピンでは、2016年5月9日に大統領選挙が行われて、

当時ダバオの市長であった、ロドリゴ・ドゥテルテ氏が当選した。

彼は大統領就任後、ダバオ市の凶悪犯罪を減らして、住民たちが安心して

暮らしていける政策に力を注いだ。

結果的に、現在のフィリピンにおける犯罪率は減少してきている。

経済的政策にも力を注ぎ、政府職員の汚職撲滅やフィリピン初の

24時間ホットラインを設けるなどと精力的。

まとめ

フィリピンには言語の数がとても多く、場所によって様々な言語が話される。

発音は英語ほど複雑ではないので、日本人にも理解しやすい言語といえる。

とはいっても、本格的にフィリピン語をマスターしようとするなら

この言語はなかなか骨太で難解。

雑学程度で終わらないように、頑張って語学学習を進めてほしい。

スポンサードリンク