語学留学は子連れでも可能?社会人が40代でもチャレンジできる理由

スポンサードリンク


語学留学というと、やはり若者のイメージがつきまとう。

だから「社会人で、まして40代なんて浮かないのか?」

・・・そんな風に感じるのは自然。

しかも子連れともなったら、

海外だけに不安も大きいだろう。

そこでこの記事では、海外の日本人向け語学学校で

マーケティングをしていた男が実情を紹介する。

スポンサードリンク

語学留学は子連れでもできる!

幼児留学の現状

海外移住仲間の鷲尾から聞いて驚いたが・・・

日本人にもともと人気のハワイに、幼児と親の組み合わせで

年間1,800組くらいが一週間ほどの短期留学にやってくる昨今。

幼児達が通うこのプリスクールの人気は相当なものだ。

留学期間としては、長くても3ヶ月。

ほとんどの国で日本人のパスポートは強みを発揮するため、

ビザなしで海外で学べるのも幼児留学ブームを後押しする。

もちろん英語圏が中心になり、このハワイのあるアメリカや

カナダ、オーストラリアやニュージーランド、イギリス。

東南アジアに目を向ければ、俺がいるフィリピンを始め

シンガポールやマレーシアも幼児留学に人気。

現地のスクールに入れるのもいいし、

幼児を受け入れてくれる語学留学の学校でもいい。

最近はこのフィリピンにも滞在型の語学学校があり、

ホテルと一体になっているので幼児と一緒でも安心して

留学生活が送れる。

「うちの子はまだ4歳の幼児ですが、

留学一緒にできますかね?」

モテ仲間の川村さんが、

Zoomでそんな話をしてくる。

横にいた娘のアリサも

まんざらではない様子(笑)。

幼児と留学するなら知っておきたいこと

まだ意識が開く前、

物心がつく以前から海外の空気感を教え

また日本人以外の友達をつくる経験をするのは貴重。

あなたのお子さんにとって、

この幼児留学はまたとない機会となる。

「幼児といっても、いくつからなら大丈夫?」

よくそう聞かれるが、

留学先で他人とコミュニケーションはできたほうがいいので、

やはり園児以上をおすすめしている。

予算については、大人の場合と同様に

アジアのほうが当然安くなる。

例えばハワイで35万円かかるなら、

フィリピンの場合はその半分でも行ける。

子供の吸収は本当に早いので、

どの言語をしっかり学ばせたいかを

親が明確にしておきたい。

中国語もいいが、やはりこれから国際言語として

さらに重要度を増す英語を個人的に勧める。

そしてあなたが友達づくりを手伝ってあげたりなど、

子供が現地の言葉と環境に

興味を持てるように工夫すること。

そうすれば、幼児留学は少なくない時間とお金を

投資しただけの有意義なものになる。

また、子供を連れて海外を旅するのと違い

子供が勉強している間はあなたの貴重な時間。

忙しい多くの日本人には、日常生活で

なかなかこうしたゆとりのある時間がない。

この時間で何をするか明確にしておくこと。

あなたが考えている副業でもいいし、将来の設計でもいい。

これが今後の人生のベースにもなりうるので、是非とも

有意義に使いたいところ。

幼児と個性心理学上の相性が良いのは、

誕生日での性格分析が好きな元留学生のカナちゃん。

天才の習慣をガツンと身につけ世界で活躍する日本人に

なるべく海外移住の準備をする彼女は、

俺と同じくとにかくソフトクリームが大好物の人(笑)。

語学留学を社会人が成功させるには?40代が知っておきたいこと

あなたは、半年での留学を

真剣に考えたことはあるだろうか?

社会人は時間に余裕がない人が多い。

そこで紹介するのはこの半年留学。

ちょうど先週、

半年留学の相談で連絡をくれたのは・・・

ピースボートへの乗船を機に脳みそが海外志向に

変わった(笑)、はとこのユウキだった。

意外と希望の多い半年留学

2,3ヶ月だと短すぎる。

かといって1年だと費用もかかるし、

そこまで日本での社会生活を離れられない・・・

そんな学生や社会人に、

半年の留学というのが意外と重宝されている。

ただし半年の留学で人気の場所だと、

ハワイを含むアメリカで約1,500,000円の費用が。

同じ英語ネイティブの国カナダに留学しても1,200,000円ほど、

オーストラリアやイギリスでは約1,700,000円も半年でかかる。

比較的安いニュージーランド留学でも、

やはり1,200,000円が半年の相場。

もちろんこれにはビザの申請費用や保険、

航空チケット代は含まない。

そんな中、俺が移住したこのフィリピンへの留学の場合。

半年で、授業料と食費を含む滞在費が650,000円程度。

チケットはセブパシフィックのプロモを使えば、

片道10,000円でも十分行ける。

ビザの更新費用(月7,000円ほど)を考えても、

留学費用はトータルで700,000円前後で収まる計算に。

半年でこの金額は信じられないほど安い。

その他、比較的留学費用が安い国としては

ヨーロッパのマルタやノルウェー、

フィジーやインド。

半年の滞在でとにかくコスト重視のあなたには、

これらも選択肢になる。

半年の留学をしなくても、

自宅でバイリンガルになれる具体的な方法。

経済的自由になる手段も同時に学ぶ半年の留学でも十分な理由

語学のマスターというのは、ただ長い間ダラダラ勉強するよりも、

短期間に集中して脳に負荷をかけるほうが効果的・・・

これは俺自身の経験でも分かっている。

そして何より大切なのは、その後のメンテナンスだ。

具体的には、半年留学から帰国した後に

オンライン英会話スクールで、

毎日最低30分程度は英会話の機会を確保すること。

このオンライン英会話スクールというのは、

初心者がいきなり取り掛かると

なかなか効果が上がらないケースがあるが・・・

数ヶ月留学を経験した人が

そのままオンライン英会話に移ると、

メンテナンス効果はもちろん、

そこからの語学力の伸びを体感できる。

40代の人が気にするのは年齢。

しかし海外の人は年齢など気にしていなく、

とにかくフレンドリー。

年齢をとても気にするのは日本人の特徴。

気にせず積極的な姿勢を貫こう。

また、留学の授業では皆で協力して行なったり、

グループで授業を受けたりと話しをする機会もとても多い。

友だち出来るかな・・・

などと不安にならずとも皆とフレンドリーに

なれるという話も聞く。

語学留学中の送金方法

いざ留学!しかし送金は?

こう不安に思ったことはないだろうか。

まさに今その状況にあるのが、

セブの友人バナデルの家に

ホームステイする予定のモテ仲間、金崎さんだ(笑)。

海外留学中の送金

留学中に気になるのが、日本から

現地に送金してもらう必要が出た場合。

やはりメジャーなのは、留学時に海外口座をつくり

日本の銀行から送金してもらう方法だ。

例えば、留学生の間で一般的に語られる

海外送金手数料は俺が使っている2つ、

ゆうちょ銀行で2,500円UFJで6,000円といった金額。

ただし落とし穴なのが、

これに両替手数料が含まれていないこと。

例えばUFJで100万円をイギリスに送金するとなると、

総額で3万円以上かかることに。

ここで新生銀行のYJFX!を使うと、同じ100万円を

イギリスに送る場合でも5,000円強で済んだりする。

実際の留学前に

上手な送金方法を見つけておきたい。

また手数料を安く抑えるためにおすすめなのは、

クレジットカードやデビットカード、

海外にも店舗がある銀行の国際キャッシュカードをつくっておくこと。

クレジットカード以外は、

審査の必要もないのですぐに手に入る。

また、デビットカードならVISAのついている

ATMが海外でも各所にあるので、

日本の銀行口座から直接いつでも引き出せて便利。

今だったら、留学生の送金方法として

定着しつつあるチャージ形式のカード。

ネオカードやキャッシュパスポート

といったツールが、よく知られている。

フィリピン留学中に送金するには

日本とフィリピンの間で

お金をやり取りするメジャーな手段として

ウエスタンユニオンがあり、留学生の送金にも使われるが・・・

日本国内でウエスタンユニオンの窓口を探す必要があり、

近くにない場合はこれが意外と不便。

かつ数千円の手数料も回数が増えるとバカにならない。

フィリピン留学でおすすめしたいのは、

さっき語ったようにデビットカードを持参したり、

ネオカードを利用して送金作業自体を省くこと。

カードなら引き出しの際の手数料も1回500円弱で済むため、

留学先に送金してもらうよりも得。

SBIレミットも使いやすいという声が

周りのモテ仲間にも多いのは、最近知った事実(笑)。

留学生がクレジットカードや

デビットカードを持つことの

手数料以外のメリットとしては、

軽犯罪が多く恐喝も時々起きる

フィリピンで大金を持ち歩かなくて済むこと。

特に現地生活に慣れていない留学生の場合、

夜間や週末関係なくいつでも引き出せる

ATMが身近にあるのは、

日本からの送金を待つよりずっと安心感がある。

また送金と話は変わるが・・・

「お金をかけず留学したい」

そう考えたことはないだろうか?

LCCや近場の東南アジアの留学先の発展で、

語学留学がより身近になった昨今。

お金をかけずに留学する方法は

実際いくらでもある。

留学はお金だけかけてもうまくいかない

お金さえかければ留学が成功する・・・

そうだとすれば、

結構な数の日本人が毎年海外留学に行っている以上

日本にもっとバイリンガルが増え、

それを仕事に活かしてお金をもっと稼いだり、

外国人との交流があってもいいはず。

現実には、留学から帰ってくると

お金をかけた学びがほとんど身になっていなかったり。

また帰ってきた直後は

ある程度英語ができても、

日常生活の中ですぐに使えないレベルに戻ってしまう・・・

これがほとんどのケース。

特にネイティブレベルの英語を

学びたいとオーストラリアやニュージーランド、

カナダやアメリカ、イギリスに行くケースが多い。

ただ人件費の高いこれらの先進国では、

マンツーマンレッスンを受けることは

少なくグループレッスンが中心。

この場合は、あなたの積極性が重要になる

消極的だとあっという間に留学生活が終わってしまい、

せっかくかけたお金を活かせずに後悔することにも。

最もまずいのは、現地で日本人同士で固まってしまうパターンだ。

これこそ、お金をかけた留学の意味がない。

お金をかけず留学を成功させる方法

留学に無駄なお金をかけないためには、

まず本当に身になる留学先を選ぶことが大切。

世界第3の英語国フィリピン、

そしてこの中でもしっかりした学校を

留学先として選ぶこと。

マンツーマンはフィリピンでは当然だが、

その中でもフリートークが中心にならない学校を。

経験のある日本人がしっかりカリキュラム、

特に初心者には授業ばかり詰め込まず、

適切な自習の時間を組んでくれるところが信頼できる。

実際に行った人の口コミが聞ければ

なおさら良いが。

そして留学先が決まったら、

事前の予習をしっかりしておくことが

かけたお金を活かすことになる。

これは現地でも当然だが、特に渡航前の日本にいる間の話。

せめて、英会話のベースになる

中学英語の総復習はしっかりしておこう。

さらには、留学が終わった後の日本でのメンテナンス。

この場合はやはりフィリピン人が中心になるが、

オンライン英会話で毎日最低20~30分は

英語を口にするのを習慣にすること。

これによって留学に行ったお金は無駄にならず、

パフォーマンスをしっかり維持できる。

お金をかけない。まではいかなくとも

少しでも抑える方法はないのだろうか・・・

ここではこちらも紹介しておこう。

学費を抑えた留学のポイント

予習を万全にしておく

留学の学費を抑えたいなら、まずはこれを覚えておきたい。

あなたが実際に会話で使いたい言い回し、

汎用的なフレーズを中心に

インプットをある程度終わらせておくこと。

少なくとも中学英語の基礎は

完璧にしておくことで、

現地での滞在期間を短くすることができ、

結果として留学の学費を抑えることに。

特に初心者にありがちな幻想が、

留学さえすればペラペラになれるという思い込み。

学費だけかけても、依存心満載ではとても

語学習得を形にすることはできない。

留学先を厳選する

俺がいるこのセブでも、

学校によってはフリートークばかりが中心で

やる気のない先生が集まっていたりする

(フィリピン人は基本的に働くのが嫌(笑))。

同じようなことばかり繰り返し話していても、

英会話力は上がらない。

コストパフォーマンスの

良いしっかりした学校を選ぶことで

語学習得という目的を達成できるので、

結果的に留学の学費を抑えることにつながる。

留学後のフォローアップを完璧に行う

短い留学だとしても、

毎日ダラダラ勉強するよりも

短期集中で脳に負荷をかけたほうが

語学力が上がるのは実際に証明されているので、

学費をかけなくても無駄にはならない。

雅臣のように、2週間のマルタ留学を

しっかりモノにした男もいる。

ただし短期留学を活かすためには、

帰国してからのフォローアップが本当に大切。

日本は英語を使わなくても

生きていける国なので、

意識してその機会をつくらなければ

メンテナンスがおぼつかず、学費を水に流すことに。

幸いなことに、今なら月5,000円程度でも

毎日授業を受けられるオンライン英会話がある。

ある程度の基礎を固め、

学費をかけ留学という短期間で

英語脳をつくったあなたにとって、

このメンテナンスが初めて活きてくる。

コツは、毎日欠かさず最低30分でも

英語を話す機会をつくり積極的にアウトプットを続けること。

学費をかけても留学は成功しない

留学をすればなんとかなる・・・

そう思いながら余裕のできた

お金を学費にして海外に出かけた

友人を何人も見てきたが、

バイリンガルになった例をほとんど見ていない(笑)。

やはり依存心は大きな理由。

一方で、特に学費の高い欧米では

グループレッスンが中心で

ほとんど発言する機会がなかったりする。

きちんと学習計画を組んでいるのが前提だが、

マンツーマンの授業をしっかり受けられる

フィリピンのほうがまだ、

留学を成功させている人が多いのが実情だ。

まとめ。語学留学をうまくいかせる条件

やはり少なくないお金と時間がとられる留学だけに、

せっかく行くからにはそのメリットを明確に知っておきたい。

これはごく自然な心理だ。

ただ皮肉なことに、実際に留学に行って

そのメリットをしっかり享受できる日本人は多くはない。

まさに、付け焼き刃のような

1ヵ月の台湾留学に行ったテツのように(笑)。

留学のメリットを得るための条件

留学のメリットは、短期間に集中して学ぶことによって、

英語脳に切り替えるため脳に負荷をかけられること。

ご存じの通り、日本に暮らしている限り英語を使う機会が

ほとんどなく、その必要性も感じないので英語の勉強は

挫折してしまう人がほとんど。

俺自身も、インドでビジネスを始めるという切羽詰まった

状況になるまでは、教材を買っても全く続かなかった(笑)。

一方で、例えばリスニングを毎日10分やるのと、

一カ月に数回丸一日引きこもって集中してトレーニングするのとでは、

後者のほうが圧倒的な効果。

短期間の負荷のほうが英語脳が鍛えられることは、

すでに証明されている。

そのためにも、留学で最大限の効果を得るためには、

よくいわれることだが「日本人とつるまない」環境をつくること。

例えば、治安が良く留学に人気のカナダ。

ここはとにかく日本人の参加者が多く、

すぐに定員が埋まってしまうほど。

同様に治安が良く、留学環境が整っていることで

人気のオーストラリアも、

場所によっては日本人ばかりに囲まれることになる。

こんな留学環境で英語力の伸びを期待できないなら、

ネイティブ英語ではないにしても

ヨーロッパのマルタ辺りは日本人が少なく、

メリットを得られる条件が揃っている。

日本語で会話する機会を減らすと考えると・・・

日本人がいる場所でも「母国語を使ってはいけない」

というルールがあること。

さらにいえば、友達がつくりやすく、授業以外の

普段のコミュニケーションも自然に英語でできること。

こうしたことが留学を効果的に活かす条件に。

メリットを得られる留学先

母国語を使ってはいけないというスパルタのルール、

またマンツーマンでみっちり一日中英会話の授業が

受けられると考えると、近場の南国フィリピンをおすすめする。

授業料が格安であり、また現地での生活費も低め。

何より今注目される、この世界第3の英語国。

実際多くの人が留学のためにやってきているので、

国際感覚が身につく。

現地の人達はフレンドリーで、みんなが英語を理解するため

授業以外のコミュニケーションも英語力向上に役に立つのがいい。

それでも、フィリピン留学で場所を間違うと

日本人が多く、結局日本語を使うハメになってしまう。

人気のセブやマニラ辺りは日本人が多いので、

ネグロスのバコロドなど場所を選ぶようにしたい。

そもそも、日本人が経営している学校を

選ばないことも大切。

ダメな留学の方法

そもそも留学先を、「名前が知れていて安心できそう」

「たくさんの人が入ってそう」という基準で選ぶこと・・・

この選定方法自体が問題。

オンラインマーケティングの上手な会社が

俺が今いるこのセブで起業している例が多くあり、

授業の中身が薄っぺらでダメな先生ばかりだったりする。

また留学後に授業をたくさん詰め込んでしまい、

予習と復習がおぼつかない方法で勉強を続けてしまうこと。

そもそも留学前、日本にいる間に英語の基礎を固めていかないと

現地でどんな方法で勉強しても身につかないことがほとんど。

さらにダメな留学の例が、現地で日本人とばかりつるんでしまうこと。

特に、場所がリゾートだったり

観光地だと皆で遊びに走ってしまう。

まさに、うにの冷凍が大好きな義之のように。 

そもそも勉強方法以前に、

語学習得に対する姿勢が問われている(笑)。

結局その留学は、少なくないお金と時間だけ

使って終わることになる。

一方で、ネイティブから学びたいと

カナダやオーストラリアを選んでも

学費が高い分マンツーマンレッスンなどは受けられず、

身にならないという例も多い。

うまくいく留学の方法

留学先を見つける際、単なる検索エンジンからの

情報だけではなく実際に留学した人のリアルな声、

現地での具体的な学習方法に

耳を傾けられる人はうまくいっている。

最近ではネット上の口コミにも

ステルスマーケティングが混じっているので、

見極めはなかなか難しいが・・・

またうまくいく留学の方法として、

日本に行く前から中学英語の基礎をしっかり固めておき、

現地では日本人とつるまない・スパルタを徹底するなど

自分のルールをしっかり守るようにするのをおすすめする。

授業以外でも先生と積極的に交流を深め、

街に出て新しい外国人に声を掛け、

メンタルの筋肉も同時に鍛えていく。

そもそも日本語でコミュニケーションがダメな人が

英語でいきなり饒舌になることはないので、

基本的な会話力を上げることにも意識を置いておく。

さらに、帰国した後にスカイプ英会話で

しっかりメンテナンスをする。

こうした明確な学習計画のもとに

留学を進めていくならば、

欧米など学費の高いところ、

ネイティブのいる場所を選ばなくても

十分バイリンガルになれる。

今回の人生は一度きり。

留学したい。と思ったらやり方はいろいろある。

社会人でも、40代でも、子連れでも方法はある。

自分の夢を捨てずに是非チャレンジしてみてほしい。

スポンサードリンク