ヒラメの正しい冷凍方法は?下処理とレシピもご紹介

スポンサードリンク


冬の始まりの旬と言えばヒラメ

冬は脂ものって、とても美味しくなる時期です。

冷凍するにしても味は落としたくないですよね。

そこで、釣り好きお父さんやお料理をする主婦のために、

ヒラメの保存方法から調理法までご紹介していきます。

スポンサードリンク

ヒラメを冷凍する時のポイント 解凍後も美味しい方法

ヒラメの冷凍は急速冷凍が推奨です。

てすがご家庭の冷凍では、

急速冷凍が出来ない場合もあるかと思います。

そこでなるべく急速冷凍に近い状態で、

冷凍するのが良いのでその方法をご紹介しますね。

エラや内臓を取り除き

綺麗に洗ったヒラメの水分をしっかり拭き取ります。

しっかり拭き取れたらラップに包み、

フリーザーバッグに入れて空気をしっかり抜いて閉めます。

それを冷蔵庫でガツンと冷やすところから始めましょう。

十分冷えたら予め冷やしておいたアルミのバットに入れて、

冷凍保存します。

先に冷蔵庫で冷やしておく事で、

急速冷凍により近い状態での冷凍保存が可能になりますよ。

またアルミは熱伝導が良いので、

よく冷やしたアルミのバットを使う事が、

また急速冷凍に近い状態にするポイントになります。

解凍は自然解凍や冷蔵庫でじっくり解凍するようになりますが、

お刺身には不向きになってしまいますので、

加熱調理をして振舞いましょう。

その方が解凍後も味が落ちないんです。

ヒラメの冷凍のレシピとは?身がパサつかない調理方法

またヒラメを調理してから、冷凍するのもアリですよ。

衣を付けた状態でラップに包み冷凍し、

解凍は冷凍のまま揚げればフライに出来ます。

また焼き物などの場合でもフライと同じように冷凍し、

解凍時は流水解凍や加熱調理で解凍して頂けます。

また焼いてしまうと、

余計に身がパサパサしてしまうのが気になりますが、

ムニエルなどにして、

バターでパサパサさせないような調理をしたりと、

工夫すれば大丈夫ですよ。

 

 

ヒラメを切り身で冷凍するなら 少しの工夫で鮮度を保つ

切り身の場合でも先程書いたとおり、

しっかり水分を拭き取って一つずつラップに包み、

フリーザーバッグで冷凍するだけで大丈夫です。

ですが鮮度をより保つようにとなると、

とにかく空気に触れさせず冷凍することや、

急速冷凍に近い冷凍をする事が大切になります。

冷蔵する際の温度も一番低くしたり、

アルミのバットをかなり冷やしておくことぐらいが出来ますので、

さまざま工夫を凝らしてやってみましょう。

ヒラメの冷凍・解凍のコツ 料理上手が使うテクニック

やはりお料理上手さんも、

冷凍時にはとにかく空気に触れないように、

気をつける事をおすすめしています。

空気に触れていなければいないほど、

解凍時の身がパサパサしてしまうのも防げますので、

よく注意しているようですね。

また解凍時も自然解凍や冷蔵庫での解凍のように、

じっくり解凍する方がおすすめです。

ただ今の時期は気にしなくてもいいのですが、

夏場は自然解凍ですと早く解凍してしまいますので、

注意しておきましょう。

  

まとめ

 

 

 

ヒラメの冷凍保存について紹介してきました。

旬のときは栄養価も高まるときでもあります。

ぜひ今味わいたいお魚のひとつですね。

そんな旬のヒラメを釣り好きの方も、

今この時期に狙っているのではないでしょうか。

脂ののったヒラメを釣って帰って、

ご家族に振る舞いたいところだと思います。

家庭でのヒラメの冷凍はやや難しいようですが、

やり方や調理法によっては美味しく食べられますので、

是非色々お試しください。

釣って帰ってすぐはお刺身にして残ったものを冷凍し、

後日振る舞うのが2回も楽しめますので、

ご家族も大喜びでしょう。

お父さんのお家での株も上がるかもしれません。

私も魚が大好きなので、

ヒラメも旬のうちにお刺身にして頂きたいと思います。

せっかく脂ののってるこの時期に、

みなさんも美味しく食べてくださいね。

スポンサードリンク