老後の海外…移住に失敗し後悔する例(パターン)や帰国の体験談。物価が原因?

スポンサードリンク


海外移住してみたいけれど、失敗が怖い。

そう考え、なかなか移住への一歩を

踏み出せない方も多いのではないだろうか。

移住を成功させて人生を満喫している方ももちろんいるのだが、

理想と異なる海外生活に耐えられなくなり

日本へUターンしてくる方も多数いるのである。

この記事では、海外移住のための心構えや

押さえるべきポイントをご紹介しよう。

スポンサードリンク

海外移住で失敗しやすい行動パターン。その考え方、大丈夫?

海外移住で失敗しやすいパターンがいくつかある。

まずは海外へ移住するということに対して

甘い考えを持っていることだ。

海外移住のポジティブな面ばかりに目が行ってしまい、

現実とのギャップに苦しむパターンは少なくない。

例えば、物価が安いと聞いていたので

リッチな生活が出来ると思って海外へ。

確かに現地民と同じようなレベルの

生活を送れば生活費はかからないが、

なかなかそうはいかないのが日本人だ。

美味しい食事を食べたいし、

綺麗な洋服を着たいのだ。

そうなると日本にいた時と大差ない、

もしくはそれ以上の生活費がかかってしまう場合がある。

しっかり現地の現実を理解して、準備を行わねばならない。

他にはやはり言語の壁は大きいであろう。

行ってしまえばそのうち話せるようになる!

なんとかなるだろう!

という甘い考えは捨てよう。

コミュニケーションが取れないということは

想像以上に辛いものだ。

現地でインターナショナルスクールに通う場合も、

費用はそれなりに高額になる。

お金の面で苦労するパターンも多いため、

資金計画はきっちり行うようにしよう。

またビザに関する問題も多い。

国によって法律が違うのはもちろん、

ビザに関する法律自体が変わってしまうこともある。

年齢制限がある場合もあるので、

きちんと取得条件を確認しておくことが大事となる。

海外移住したけど失敗して後悔し帰国したくなった・・・この傾向、案外多いらしい

海外移住したものの日本へ帰国したくなってしまった。

こういう方、とても多いのである。

その理由は、やはり孤独を感じてしまうことにあるのではないだろうか。

家族と一緒に海外移住する場合や、

現地に友達がいる場合などはまだ良いだろうが、

気楽に母国語で話せる人がいないというのは辛いものである。

すぐに友達が出来たりすれば良いのだろうが、

言語がおぼつかないうちはなかなかそうもいかないものだ。

しかし、この問題にも打開策はある。

大抵の国には移住をしている日本人はいるもので、

その人たちの作るコミュニティに参加してみるのだ。

ネットなどで探すことも出来るので、そういうものを活用してみるのも一手かもしれない。

海外に移住した理由は何?失敗の理由は物価?事前に何を準備したら失敗しない?失敗する例

では海外に移住した理由は何があるのだろうか。

人によって理由は様々だが、

安い物価に魅力を感じたケースや、国際結婚をしたケース、

退職後のリタイア先として海外を選ぶ方も多いようだ。

また最近では子どもをバイリンガルにするために

家族で移住するケースも多いという。

しかし、インターナショナルスクールは

やはり費用の問題が大きいため、

慎重に検討する必要がある。

これらに共通して言えることだが、

やはり事前の下調べが何よりも大事となる。

そのためには、いくら距離があろうとも

何度も移住先の国へ訪れる必要がある。

行ってみなければ分からない現地の気候や生活習慣、

文化の違い、満足できる生活を送るために必要な金額など、

様々なことをリサーチしておこう。

海外移住をして失敗するケースは、

やはり事前の下調べが足りないことが多いのだ。

海外移住後の仕事はどうしてる?安定した生活を送るなら?

実際に移住を実行した方は、

海外移住後の仕事をどのようにしているのだろうか。

行けばいくらでも仕事は見つかるよ!

と聞かされていたものの、実際行ってみると賃金は安いわ、

福利厚生はしっかりしていないわで

落胆するケースもあるという。

しかし、いくら資金を持って行ったとしても

海外で暮らしていくには

仕事をしなければならないことが多いだろう。

海外でも仕事を得るためには、

日本にいるときに海外でも使えるスキルを

身に付けておくことが一番手っ取り早いのではないだろうか。

もちろん語学スキルも必要であることは言うまでもない。

その場合、会社に就職せずにフリーランスで活躍する方も多い。

日本語講師や美容師、

日本人旅行者向けのガイドサービスなどを

行う方も多いようだ。

実際自分の周りにも美容師の資格を活かして、

色々な国で仕事をしている方もいる。

または最近はプログラミングなどのスキルを活かして

WEB制作の仕事を行う方や、

WEB上でフリーライターとして活躍する方も多い。

安定した生活となると、日本の大手企業などの

駐在員として海外へ行くのが一番良いだろうが、

現地で職を見つけるとなるとやはり日本語教師が良いだろう。

しかし、現地の言葉も堪能である必要があるし、

倍率も高いため簡単になれるものではないことを念頭に置いておこう。

まとめ…老後に海外移住して失敗しないために失敗談を読もう

海外移住について色々とご紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

海外移住は甘いものではない。

日本が嫌で海外へ行く方が多いが、

日本の食事・サービス・清潔感、

また医療などのレベルは大変高いものである。

しっかりと日本と海外の違いを理解しておくことが

何よりも大事だということが

お分かりいただけたのではないだろうか。

しかしきちんと計画を立て、

海外移住を成功させて新しい環境での

生活を楽しんでいる方も多い。

海外移住が合う方、合わない方もいるので、

自分がどのタイプなのかしっかり見極めることも大切だ。

ぜひきちんと準備を整え、海外移住を楽しんでいただきたい。

スポンサードリンク