イカの冷凍と解凍、そのままでアニサキスは大丈夫?保存期間は?値段や刺身の保存の期間、冷凍方法や解凍方法、冷凍保存、下処理やレシピ、冷凍焼けについて

スポンサードリンク


みなさんお馴染みの食材のイカですが、

下手に冷凍や解凍をすると味が落ちてしまうんですよね。

イカ好きのために、

イカを大量に買っても、

長く保存出来る方法をお伝えします。

イカの冷凍と解凍はこうする!料理初心者も安心の冷凍方法や冷凍保存のコツ、保存の期間とは?アニサキスに注意

イカの冷凍は下処理をしっかりとしましょう。

そして湯通ししたりせず生のまま冷凍するほうが、

身が固くならず美味しく保存出来ます。

1.まず胴の部分と足の部分を分けた、

 後胴の方にだけある骨を引っ張り抜きます

 2.骨を抜いた後の胴体をしっかり洗浄

 墨が付いていると思いますので、

 入念に洗った後、胴の皮を剥いでおきましょう

 3.続いて足の方から、

 内臓や足の付け根の内側にある「くちばし」を除去

 しっかり洗浄します。

 4.使いやすいサイズに胴も足も切っておきます。

 その後水分を拭き取りフリーザーバッグに入れ、

 しっかり空気を抜いて閉めます

 

これを冷凍するだけです。

工程自体は簡単なので、

お料理初心者さんも出来ると思います。

少し面倒かもしれませんが、

しっかりと下処理をしておけば、

調理する際も簡単で美味しく頂けます。

イカを丸ごと冷凍するには?保存期間など、そのままの場合注意すべきポイントは?

イカを丸ごとそのまま冷凍するのは、

家庭の冷凍庫では難しいかもしれません。

下処理をして冷凍した方が美味しく長持ちします。

もしそのまま丸ごと冷凍する場合は、

何もすることなく冷凍するだけになりますが、

解凍した際にワタなどは調理しない方が良いでしょう。

腹痛の原因になりかねません。

 

綺麗に洗い、

胴の部分と足の部分のみ調理するようにした方が、

安心して食べられます。

冷凍イカの解凍法として茹でるのはOK?

 

 

 

冷凍したイカをいよいよ解凍。

どうやって解凍するのが美味しく解凍出来るのかが、

気になりますよね。

そこで茹でるという方法での解凍ですが、

あまりむかないようです。

茹でる調理にそのまま投入してしまうのも、

あまりおすすめできません。

一度他の方法で解凍してから調理に使いましょう。

他の解凍方法をご紹介していきます!

イカの冷凍、解凍方法として茹でるのはOK?

それではまずは簡単便利な電子レンジで、

解凍出来るかどうかです。

結果的にはレンジの解凍機能を使っての解凍は出来ます!

出来ますが一番おすすめできる方法ではありません。

この後ご紹介する流水解凍か、

冷蔵庫で時間をかけて解凍する方をおすすめします。

また料理によって半解凍ぐらいの方が

使いやすい場合もありますので、

様子を見ながら解凍していくほうが良いでしょう。

イカの流水解凍 うまみが逃げない方法は?

一番のおすすめの流水解凍です。

使用する分だけを袋に入れたものを、

ボールなどに入れて水をかけて解凍していきます。

流水解凍が自然解凍よりもうまみを逃しにくくなります。

ただ浸けっぱなしは、

逆効果になってしまいますので注意しましょう。

また流水解凍はちょうど良い解凍具合で、

止められるのをおすすめします。

半解凍ぐらいだと切りやすく使いやすくなります。

揚げ物には半解凍ですと、

氷の部分がはねてしまいますので、

しっかり解凍しきってから水分を拭き取って揚げましょう。

用途によって解凍具合を変えることが美味しく頂くコツですね。

  

まとめ…イカの冷凍、刺身のレシピや下処理、値段や冷凍焼けについてもサイトをチェック

 

 

 

イカの冷凍と解凍について語ってきました。

ご家族にイカが大好きな方がいて、

たくさんイカ料理を作ってあげたいなと、

お考えの方もいらっしゃると思います。

イカはタンパク質が豊富でいて、

低脂質で疲労回復にも効く程栄養もたっぷりです。

美味しくて栄養たっぷりで一石二鳥な食材ですね。

イカは冷凍にむいていますので、

解凍だけ料理にあった方法ですれば、

美味しく冷凍前に近い状態で頂けます。

イカが大好きな家族のために、

たくさん冷凍して、

いつでも作ってあげられるようにしておきましょう。

スポンサードリンク