マレーシアとインドネシアの共通点と違いとは?両国の関係、どちらでも通じるインドネシア語も紹介

スポンサードリンク


日本人なら「東南アジアの国」

「イスラム教徒が多い」くらいしか

知らない人も多いマレーシアとインドネシアだが、

実は2つの国の言語は歴史的に関係が

深くお互いが母語で話しても通じるといわれるほどだ。

しかし、経済的またはその他の問題から

様々な問題が起きていて対立もある。

マレーシアとインドネシアの言語の関係や、

問題についてまとめてみた。

 

マレーシアとインドネシアの関係。戦争はあった?宗教の点では?

マレーシアとインドネシアは、隣国で宗教、

民族的にも同じであるがゆえに対立している

宗教はともにイスラム教を信仰する人が多い

これまでの歴史では、戦争とはいかないまでも

紛争やトラブルが頻発している。

マレーシアもインドネシアも石油や

天然ガスなどの資源産出国であることから、

アンバラット海域の領有権をめぐって

対立し国際司法裁判で争う事態が起きた。

農業でも、マレーシアとインドネシアは

プランテーションによる天然ゴムなどの輸出でも対立している

パーム油の原料アブヤラシの全世界の

生産量の85%をこの2国が占めていて、

中国などへの輸出をめぐって競争している。

一人当たりのGDPを見てみれば、

マレーシアはインドネシアの3倍、

インドネシアの10人に1人は貧困層だと言われている。

こんな事情からインドネシアは

マレーシアに劣等感があるものの、

多くのインドネシア人がマレーシアに出稼ぎに行っている。

そこでマレーシア人に虐待されるなどの事件が起き、

インドネシアとマレーシアはますます仲が悪くなっている。

マレーシアとインドネシアの距離。地図で見てみると?

マレーシアは、南シナ海を挟んで

西のマレー半島とボルネオ島北部の東マレーシアから成る。

西マレーシアとインドネシアスマトラ島の

間にはマラッカ海峡がある。

東マレーシアの一部にブルネイがあり、

ボルネオ島南部はインドネシアの領土で

マレーシアとインドネシアは国境を接している。

だから陸移動が可能だ。

シンガポールが西マレーシアと陸続きのように見えるが、

西マレーシアとシンガポールは

ジョホール海峡によって切り離されており、

インドネシアとシンガポールは

シンガポール海峡によって分けられている。

地図をよく見ると切り離されていることがよくわかる。

西マレーシアのマラッカから

インドネシアスマトラ島のドゥマイまで

直線距離では約60kmフェリーで2.5~3時間ほどで行ける。

マレーシアでもインドネシア語が通じる?

マレーシアの公用語マレー語は、

現在のインドネシア、スマトラ島が発祥地で、

海上貿易を通じてマレー半島、

ボルネオ島に伝わったと言われている。

マレー語が公用語の国は、マレーシア以外に

インドネシア、ブルネイ、シンガポールで、

マレー語使用国としてタイ南部の一部と

プィリピンの一部がある。

ただ、インドネシアではマレー語と

言わずインドネシア語と言っている。

実はインドネシア語はマレー語をベースに変化したものだ。

インドネシア語とマレーシアの

マレー語は同じ言語を起源としているのだ。

そんなわけでマレー語にはインドネシア語が

含まれることになるが、シンガポールやマレーシアでは

マレー語と言い、インドネシア語とは言わない。

マレーシア人はインドネシア語を

知っているというのが一般的だ

インドネシア人も同じだ。

マレー語の子供向けテレビ番組が放送されていて、

インドネシア人はマレー語がわかる人が多い。

マレー語とインドネシア語は、

スペルと発音が違うことが多い。

例えば、「病院」はマレー語でHospital(発音:ホスピタル)、

インドネシア語ではRumah sakit(発音:ルマ サキッ)

というようにかなり違う。

インドネシア語は自国語に置き換えているからだ。

発音の違いは、インドネシア語はrを

かなり舌を巻いて発音することだ。

「大学」はマレー語でUniversitiで英語に近い発音だが、

インドネシア語ではかなり舌を巻いて

Universitas(ウニフェスシタス)とUniの部分の舌の巻きが強い。

しかし、スペルや発音が似ているものもある。

例えば、タクシーは、マレー語でteksi(テクシ)、

インドネシア語でtaksi(タクシ)だ。

警官は、マレー語でpolis(ポリス)、

インドネシア語ではpolisi(ポリシ)だ。

インドネシアとマレーシアの大きな違いは、何と言っても人口!

マレーシアとインドネシアは

人口からいって大きく違っていて、

マレーシア3000万人インドネシアは約2億5000万人と、

10倍近い差がある。

インドネシアはこれだけの人口を抱えているから

国民の経済的格差が大きく、貧困層が大きいのもうなずける。

人種構成は少し違う。

マレーシアではマレー系が多数(69%)を占めるが、

中国系23%インド系も7%いる。

インドネシアではマレー系が大多数を占め、

中国系は5%ほどだ。

しかしインドネシアは14000以上の島に

2億5000万もの人が住んでいて、

スンダ人やバリ人など多くの民族があり、

マレーシアのほうが格差も少なく統一されている感がある。

マレーシアのほうが国が発達しているが、

物価が高い。都会的な暮らしが住みやすさ

と考えるならマレーシア

のどかなところでのんびり暮らしたいなら

インドネシアのほうが住みやすい。

マレーシアとインドネシアの違いが

対立という形に現れてはいるが、

どちらも aseanを引っ張る大国だということは間違いない。

東南アジアの団結や協力のために、

この2つの国の存在は欠かせない。

まとめ

マレー語とインドネシア語は

かなり近く隣国でありながら、

利害関係や格差意識、

それを発端とした事件などもあり、

残念ながら関係がいいとはいえない。

しかし、情報化、グローバル化の中で

お互いを認め合う意識は高まっていくと期待できる。

スポンサードリンク