アイルランドでは日本人がモテる?殺人(日本人殺人)なんて聞くけど…日本人宿や日本人サポーターなども紹介

スポンサードリンク


アイルランドで日本人はモテるというが、

逆に差別などはないのだろうか。

旅行や移住をするときに、差別などがあれば

安全面などから少々行くのにも気になってしまうものだ。

そんなアイルランドの日本人に対する現状についてみていくことにしよう。

スポンサードリンク

アイルランドで日本人が…殺人(日本人殺人)について。差別(日本人差別)もある?

アイルランドに限らないが、海外で日本人がよく言われるのは

「Are you Chinese?」

という問いかけだ。

もっとも、この問いかけには明確な理由がある。

ヨーロッパの人からみれば日本人などの黄色人種の見分けはつきにくく、

比率的人数の多い中国人かどうかを聞くほうが確率的にはいいのだ。

なので、中国人と間違えられたこと自体差別にはあたらない。

アイルランドは日本人の数が少ないので、

日本人差別と呼ばれるものは特にない

差別以前に、日本のことそのものを

あまり知らないと考えておいたほうがいい。

ただ、外国人が多い国ではあるので、

大きなくくりの外国人差別というのは当然ながらある。

2018年1月にアイルランドで発生した日本人の殺人事件は記憶に新しいが、

これはアイルランド人ではなく外国人による犯行だ。

治安そのものは他のヨーロッパよりはいいが日本よりは悪い

注意すべきはアイルランドにいる外国人もそうだが、

アイルランドのティーン・エイジャーにも注意だ。

特に彼らは中国人への差別言葉を日本人を含めたアジア人に使ってくる。

これらの言葉には反応しないのが一番だ。

アイルランドの日本人宿や日本人学校、日本人サポーターなど日本人コミュニティについて

アイルランドにいる日本人の数は少ないが、

アイルランドでは日本人女性はモテる。

もともと日本人が少ないから珍しいのもあるだろうが、

独特な所作に惹かれるようだ。

また、最近は日本でもラグビーの知名度が高くなってきているが、

アイルランドでは日本人サポーターの行儀の良さも

ラグビーなどのスポーツを通じて知られている。

そんな数が少ないアイルランドの日本人だが、

数が少なく経営面で成り立たないため日本人学校はない

また、アイルランドの教育制度は日本の教育制度とは異なり

4歳から義務教育が始まるなど、注意しなければいけない。

現地で子どもの教育を考えるなら制度を調べなければダメだ。

また、アイルランドでは日本人コミュニティのサイトや交流イベントがある。

交流イベントでは日本人だけでなく、

日本に興味のある人や日本に滞在経験のある人も集まってくる。

馴染みのない場所だと経験上ホームシックになることもあるが、

こういう交流イベントを活用するといい。

アイルランドに旅行に行く時は日本人宿がおすすめだ。

日本人が経営する宿なので安心でき、

馴染みのない異国の地に行くのであれば最初は日本人宿がいい

アイルランドで日本人の仕事の求人は?

アイルランドに移住するという場合、

一番に探さないといけないのは仕事だ。

日本人にはどのような求人があるのだろうか。

まず、アイルランドで働けるビザを取得してからだが、

仕事を探す時には直接履歴書を持っていくこともあれば、

求人サイトを経由する方法もある。

また、就職フェアも開催されることがある。

日本人向けの求人では日本食レストランやIT系などが多いが、

アイルランドでは日本人美容師も働いている。

日本で美容師として働いていた人が働いていることが多いので腕も確かだ。

医療系でいえば、アイルランドで日本人の歯科衛生士は働けるのか。

隣のイギリスでは歯科衛生士も学位を有しており、

専門学校も多い日本とは制度が異なっている。

アイルランドもイギリスと同様に日本とは制度が異なっているので、

渡航後すぐに歯科衛生士として働けるのかは

現地の法律や制度を確認しなければいけない。

また、アイルランドで日本人研究員の求人は少ない。

もともと日本人自体の数がアイルランドでは少ないことがひとつだが、

専門的な知識や能力があれば研究員になることは可能だ。

まとめ アイルランドで差別は少ない。一方、求人には注意を。

アイルランドでは中国人と間違えられることは多々あるが、

日本人への目立った差別は少ないといえる。

また、アイルランドには日本人宿もあるので

安心して泊まることができる。

しかし、日本人向けの求人は職種が限られたり

制度面の制約があったりするので、

事前の情報の確認が必要だ。

スポンサードリンク