解決しておきたい島移住の3つの問題点

スポンサードリンク


島移住は田舎暮らしとともに、日本で人気が

上昇しつつあるライフスタイル。

あなたも島移住を真剣に考えたことは?

スポンサードリンク

島移住で解決しておきたいこと

旅行とは異なり、移住で島に来るとなると、すぐに元いた

場所に帰るわけにはいかない。妹のリエ夫婦も沖縄の島に

移住してすぐに帰りたくなったが(笑)、実際には2年以上

かかっていた。

島で快適かつ長期的に生活するために、移住に際して

解決しておきたい問題がいくつかある。

仕事

島に住みたくても、これがネックになって多くの人が

移住を断念する。まさにリエがそうだったように(笑)。

島にはホテルやペンション、観光案内など特有の

仕事があるが、何しろ募集が少ない上に賃金が

安いことが多い。

インターネット環境

島や田舎で暮らす魅力が上がってきたことの一つに、

インターネットにより場所による情報格差がなくなった

ことが挙げられる。移住に際しこの利点を活かすには、

当然ながらインターネット環境が必須。

このフィリピンでは場所によってはインターネットが

つながりづらい場所がある。特に海外で島暮らしを

考えるなら、この点の確認は移住において重要だ。

配送物や郵便

「一部の離島においては」など、配送に際しての

注意点を見かけたことがあると思う(笑)。

特に書類などで重要なやり取りが必要な仕事を

するなら、このあたりも確認しておきたいところ。

島暮らしでのその他のデメリットは、仕事自体を

見つけづらいこと、場所によって台風や津波などの

影響を受けやすいこと、移動が不便なこと。

人は時間にルーズなのは、都会と比較しないこと(笑)。

のんびりした生き方が好きな俺のような人間にとっては、

それはむしろ魅力の一つだから。

その島でのネット環境だけはしっかり確保した上で、

オンライン上で自分で仕事をできるようにしておく

ことを移住前に準備しておきたい。

特に俺のようにブログやメルマガで情報発信するだけ

なら、何か物を売る場合のような在庫や配送のやり取りも

スキップすることができるのでお勧めだ。

27519914894_6a624441f6_b

島移住の魅力

島には島特有の問題は当然ありながらも、やはり魅力が

あるからこそ、俺のような移住希望者が多い。

実際にこのセブ島に移住して気づいた、多くの魅力。

ここに日本人村をつくりたいと思い立った理由でもある(笑)。

豊かな自然

場所によっては綺麗な海はもちろん、川や湖、山

だってある。ハワイのように都会まで備えた完璧な

島にはなかなか移住できないかもしれないが(笑)。

自然を活かした遊びは、大してお金もかからないのに

刺激的で魅力に溢れている。

新鮮な海の幸やフルーツが身近になるのも嬉しい。

優しい人

スローライフの人達は、都会と違い他人に

親切にする心の余裕がある。

人間本来の触れ合いを思い出すことができるのも

島暮らしの魅力だ。

ゆったりした時間

とにかく、自分や家族との時間を大切にしたい人には

島暮らしはお勧めできる。

俺にとっては、あの満員の東上線や山手線、

レストランや駐車場で長時間待つことから解放された

だけでも幸せそのもの(笑)。

スポンサードリンク



コメント

  1. mikako より:

    確かにインターネットのおかげで、世界が身近になったような。
    いろんな意味でね!

    台風や津波か。
    確かに、あまりにも辺鄙なとこはね。

    「自然を活かした遊びは、大してお金もかからないのに刺激的で魅力に溢れている」
    これは真理をついてる、て気がしますね。

    「新鮮な海の幸やフルーツ」
    食い意地張ったわたしには、最高の条件\(^^)/

  2. ネガメ より:

    離島で暮らす事はある意味人生最高の贅沢なのかもしれません。豊かな自然で悠々自適に暮らす。
    その上今やインターネットの環境まで整おうとしてるんですから。自然災害はどこでも何かは起きてしまいます。

    毎日穏やかな気候で新鮮な海の幸とここでは味わえないようなフルーツを食べてゆったりと時間が過ぎる。
    誰もが夢見ますよ。これは(笑)。

  3. 春久 より:

    一昔前まで島暮らしは不便そのものといったイメージでしたが、今は自然の豊かさそのままにネット環境もわりと充実して、手に入らないものはない場所へと変わってきましたよね。その居心地の良さを保つためにはやっぱりお金、つまりお仕事が必要となるわけですが、これもネット環境で確保出来るのであれば、島暮らしも本当に思い描いているような気楽なものが手に入るのでしょう。素晴らしい世の中になったものです。

  4. はっち より:

    家にいるとついついインターネットを見てしまうので、私には島暮らしは向いていないですね。ただ、ゆっくり過ごしたいというのはわかるので、移住ではなく、一週間のんびり沖縄辺りでゆっくり過ごしたい希望はあります

  5. 小鳥さん より:

    島で暮らしたいと、パートナーに言われたら、私なら別れてでも無理だと思います。転勤族だったので、幼少時には、島暮らしを6年ほどしましたが、近所づきあいや、わけがわからない行事が多く、噂好きで、よそ者を嫌う風習があるのか、都会暮らしに慣れていた家族ともども、大変な苦労をした経験があるので、人との触れ合いが好きでない人に、田舎暮らしは向かないと思っています。

  6. まさよ より:

    島暮らしでスローライフってすごく憧れます。私も今の仕事をリタイヤしたら島か田舎に移住したいって思ってるので色々調べています♪

  7. ぴよちゃんのパン より:

    田舎暮らしは仕事がネックになったりしますが、オンラインで仕事ができればそれもクリアできますよね。1か月くらい体験スローライフをやってみたいです。私は体験だけでいいかな。

  8. なな より:

    アフリカのザンジバルに住む友人がパソコンを盗まれ、届けに行きました。宅急便で送ると届かない可能性が高いということで、それでも島国のゆったりした環境の魅力は衰えませんね

  9. グン より:

    島への移住憧れます〜!年に一度ほど沖縄の離島などにいくんですが、現実忘れちゃいます。笑
    飛行機乗ってハッとしますね。笑
    移住できるだけの余裕があったらセブ島とかに老後移住したいです(^^)

  10. siawaseyan より:

    僕も島に移住したいなぁ。でもやっぱりお金が厳しいですよね。仕事どうするんだろう。長々超えないといけない問題が多すぎていつも迷っちゃいます。昨日も妹とそんな話をしました。沖縄に移住したいけどやっぱり仕事が安定しない。じゃあどうするばいいかって言ったら金を貯めて向こうに行く。でもしばらくしたらなくなる。めんどくさいですよね。島っていいけどなんか匂いがキツそうで。隣人ともほんとに仲良くなればいいけどだめな人と一緒なったら余計に悩みが増えそうですね。とても勉強になりました、ありがとうございます。でも、本当に移住したい。その時仕事はどうしよう?いろいろ考えちゃいます。どうすればいいんでしょうね?なかなか手段がないんですよ。もっとがんばらないとだめですよね?手段見つけても続かないとみんないうしね。島ってやっぱり、陸と環境が違いすぎますよね?

  11. いぬい より:

    豊かな自然という所にとても魅力を感じます。確かに都会のギスギスした場所よかは自然に囲まれながらのんびり過ごせる場所を選んだほうが将来的に私には合ってるのかなと思いました。

  12. きき より:

    離島に住むなら、できるだけ、電子上(ねっと上)で、全てのことを済まして、郵便や使わないようにしていきたいですよね。台風や何かしらのトラブルがあったら、遅くなりますし。

  13. ともねーさん より:

    移住したとしてもいろいろとお金がかかりそうなイメージです。
    離島に住んでいる人は後は、移住した後に仕事が見つかっても安いところがあるからコツコツと貯めるしかないと思う。
    郵便物はよく通販やプレゼント応募のところに「一部の離島においては料金かかる等がある。」離島に住んでいる人は大変だなと思う。

  14. 白いハンカチ より:

    日本に住んでる以上、初めのうちは島移住となると色々と難が出てしまうのは仕方がないことだ思います。しかしそういった生活に慣れてしまえば島生活のメリットも見えてきてとても良さそうに思いますね。

  15. みぽち より:

    老後は小さな島で、、というのざ私の夢ですが、やはり地元までの行き来やネット環境などを考えるとなかなか難しいですね。

  16. ジョナトン より:

    島とかですと、沖縄や石垣島、佐渡島、五島列島、対馬、小笠原諸島を思い浮かべますが、生活費が極端に低く抑えられそうですよね。そこが魅力的です。

  17. イルカ より:

    10年ほど前に観光で行った小笠原諸島の父島の海と自然に魅了されてしばらくリピーターをしていたけど、住みたくなって4年ほど住んだことがあります。移住したいと思ってから仕事を探すもなかなか見つからなくて見つかったのは1年後でした。
    不便なところが気に入って住んでいたから気になりませんでした。返って、不便なところを楽しんで生活していました。
    島独特の感じが大好きです。

  18. まさ より:

    島への移住の際に考えるべきことを知れて、とても参考になりました。今回の記事で学んだことを、今後活かしていきたいと思います。

  19. サリー より:

    スローライフ、いいですね!憧れです。私は田舎育ちなので20代の頃は都会に憧れて上京もしましたけど、今はゆっくりのんびり穏やかーに過ごしていきたいです。

  20. 0617 より:

    移住でとても有名なのは、アメリカ合衆国アッパー・ニューヨーク湾内にある島で、エリス島ですね。 アメリカ合衆国移民局が置かれていたことで有名です。

  21. さぁふぁいあ より:

    ハワイの姉妹島?といわれている某島の生まれの私としては、本土に住むことに憧れていました。思春期にはかなり。人生半ばになってくると生まれた島のよさに気づかされました。また、島に住みたいな。

  22. makostyle より:

    私が住む街は田舎で、車で少し走れば本当の田舎です。よって自然は満喫できますが中途半端です。仕事も少ないですし。でも島で移住のように本物のサバイバルを一度経験してみたいものですね。

  23. ロキ より:

    島ってほんとに自然豊かなところが多くて、独特の習慣とかがあるから
    とても魅力的で私も好きなんだけど
    確かに島は仕事が少ないし賃金も安かった汗

    もうちょっと賃金とかなにか整った状態なら私も今頃は島暮らしをしていたかもしれない
    それだけ島は魅力的だった

  24. たーくん より:

    海外や島への移住の際にオンラインでの仕事を確保しておくのは確かに必須条件ですね。激しく同意します。仕事探すの大変ですもんね。スローライフと仕事両方を手に入れらるのは確かに魅力的です。

  25. ひかり より:

    時間を忘れて過ごしたいですね。
    10億円でもあたれば考えてもよさそうです。
    仕事とプライベートを充実させるには
    難しいところかもしれません。
    うまいこといけばいいのですがね。

  26. もちもちたまご より:

    島暮らしだとビジネスを興そうにも、住民が少ないでしょうから、成り立つビジネスが少ないのが難点ですよね。自給自足生活をするにも、スキルがいるでしょうし。

  27. ゆうこあら より:

    島への移住は、とても魅力的ですが、不便なことも多そうですね。島だと会社も少なそうで仕事を探すのも難しそうなイメージですね。収入を確保できていたら、移住も魅力的ですね。

  28. カモネギ より:

    沖縄に移住するのは憧れですね。
    でも仕事面の不安はあるかと思います。
    しかし人間関係は都会では味わえない
    と思います。

  29. みーな より:

    島は魅力的ですが、ネット廃人の私にとってはネット環境がととのってないと駄目ですね。他に若い子はスマホ中毒なのでそちらも死活問題になるかもしれませんね(笑)島移住は慣れ親しんだ環境から離れるから絶対に大変ですよね。

  30. オレンジ より:

    島移住に憧れます。適度に暑くてあまり寒くなくてゆったりとした時間が流れていて適度に広い島は良いなぁ。穏やかな日々を過ごしたいです。

  31. にこ より:

    なにをもって幸せとするかですよね。私は都会のゴミゴミした感じが苦手なので、なにもない自然が広がる場所によっているだけで幸せだなと感じます。お金に困らなければそういう生活をしたいですね。

  32. 猫姫 より:

    オンライン上の仕事は必須ですよね。
    大概の方は株式などでの運用だろうと思いますが、最近は漫画家さんとかも都会などで働かず、こういう静かなところに住んでメールでのやり取りでマンガや小説を執筆している方もいます。

    欲しい物は宅配での買い物をし、今後はドローン宅配などもでてくるのでもっと便利になっていくでしょうね。