不眠症の改善方法

スポンサードリンク


「不眠症を改善したい」

こう悩む母ちゃんのために、不眠症を一度も経験したことの

ない俺は、その道のプロや健康の専門家から改善法を

徹底的に学んだ。

不眠症改善前の原因分析

改善したい不眠症には、やはり原因がある。

それを把握した上で適切に対処すること。

脳の興奮状態が収まっていない

ストレスや悩み事があり、脳の覚醒状態が

続いている場合。

俺の場合は不眠症ではないが、年に数回だけ、

何時間も寝返りばかりで寝付けず、いつまでもその

改善方法が分からなかったことがある(笑)。

和光に住んでいた小学生の頃、夏休みの家族旅行の

前日は楽しみすぎてなかなか眠れなかったのを覚えて

いる。あれも脳の覚醒状態だが、改善したい不眠症とは

違う(笑)。

カフェインの多いお茶やコーヒーを寝る前に

飲むことでも、脳が同じ状態になる。

寝室に光が入っている

意外と慣れてしまっている人もいるが、豆電球や間接照明

のような薄明りや、窓の外の街灯の光が入った状態で

眠っているケースも。

不眠症に悩む場合は、まずあなたの寝室の環境を

改善にあたりチェックしよう。

部屋の空気が汚れている

空気は目に見えないので気づかないが、特に何もしなければ

基本的にあなたの寝室の空気は汚れている。

ガジェットの使用

最近の不眠症の原因でかなりの割合を占めているのが、

ガジェットつまりケータイやスマホ、タブレットPC、PCの

就寝直前の使用。改善のためには、あなたの寝る前の

行動も再確認したい。

27930419070_895a13d4c1_b

不眠症改善法

不眠症にはこのように、様々な原因がある。睡眠欲は

もともと、人間の生理的欲求の中でも他と比較にならない

ほど強力なので、 ちょっとした習慣を変えることで改善

できることも多い。

寝る直前に以下の行動を控える。

カフェインの強い飲み物を飲むこと

PCやスマホなどを触ること

その上で、

集塵性能の高い空気清浄機をしっかり作動させ、

真っ暗にした部屋で眠る(難しければアイマスクを)。

スマホなどを目覚ましに使っていたのは俺も

同じだったが(笑)、少なくとも枕元から1m以上

離して置いておくこと。

睡眠を誘うホルモン「メラトニン」を味方にするためには、

就寝の3時間ほど前から段階的に部屋を薄暗くしていく

と効果的。

必要ならメラトニン、またレム睡眠とノンレム睡眠の

バランスを整えてくれるバレリアン、脳の興奮を抑える

テアニンなどを摂れるサプリメントを食べてからベッドに

入る。

悩み事やストレスは不眠症の最も根深い原因になるので、

これは日々解決のために努力するほかない。

俺が壁に当たったときの指針にしているのは、

「人事を尽くして天命を待つ」・・・自分ができる最大限の

ことをやりきったら、後は天に委ねる。

自分が努力してどうにかなるものと、どうにもならない

ものがあるのが世の中。そこの線引きを明確にすること。

ちなみに、お酒と睡眠薬は常用をお勧めできない。

アルコールは寝つきを良くしても質の良い睡眠は

もたらさないし、睡眠薬は依存性が強い。

まずは小さな習慣を変えるところから始めよう。

スポンサードリンク



コメント

  1. ひろ より:

    私は慢性的な不眠症です。
    なかなか寝付けないし、何度も起きてしまいます。
    寝る前のスマホがいけないのかもしれませんね。
    あとはリラックスタイムが欲しいです。

  2. まあや より:

    眠れないときお酒を飲んでいましたが
    あまりよくなかったのですね。
    小さなところから克服できるようにやってみます。

  3. あむ より:

    不眠症ではありませんが月に何度かねれなくて何度も寝返りをしたりバタバタしてます(笑)眠いのに寝れないってとっても辛いですよね。ブログに書かれていることならすぐに取り組めそうなので日頃から注意していきたいと思います