マニラの治安は本当に最悪?現在在住者が実情を語る!

スポンサードリンク


フィリピンの首都マニラ。ここは治安が最悪な都市

として悪名高いが・・・

果たしてどれだけの日本人が実情を知っているのか。

数回の渡航でたまたま置き引きにあったとか、

女性を買って嫌な思いをしたとか

その程度の印象でネットに書き込みをしている人が多い実情。

俺が最初に海外移住したのが、このマニラ。

しかもエルミタはタクシーですぐの距離。

現地に住む日本人を取り巻く治安の実態を

現地在住者の視点で語る。

スポンサードリンク

マニラの治安は最悪なのか?

結論から言えば、すぐに日本人と分かる目立つ格好で

フラフラしないこと、暗くなってから脇道に入らないこと、

現地人を怒らせてトラブルにならない限りはマニラも怖くはない。

日本にいる時よりも緊張感を上げ、海外渡航の際の

当たり前の注意点を守っていれば危ない思いはしない。

俺も数年住んで一度も襲われたことはないし、

10年以上住んでいるマビニのカツさんも同じことを言っている。

当然、気をつけるべきことはある。

セブに英語留学していたタカシが

マニラに来た時。

どう見ても日本人と分かる服装の彼が始めたのが、

ワニ皮の財布から20万円以上のお札を出して数え始めたこと。

ペソに外貨両替するためだったが、そこがおりしも

特に治安の点で不安なマラテのマビニ通りだったので、

奪い取るように彼のバッグにお金をねじ込んだ(笑)。

日本円はフィリピン人にとっては

とてつもなく大きなお金。

例え数十万円でも、自分が持っていることを

ゆめゆめ口外してはいけない。

タクシードライバーとグルになった悪党が日本人を

両脇から囲む形で下りれなくし、大金を奪われたというケースも聞く。

ただ、よく聞くホールドアッパー(強盗)は

確かにいるものの確率的に遭遇することは低く、

ジープニーなどで乗り合わせたら相当運が悪い(笑)。

万が一遭ってしまったら決して抵抗せず、

財布やスマホなどはあきらめて渡すこと。

「マニラって、日本人が海外で一番

殺人の被害に遭っているって本当ですか?」

こう聞かれたことがある。

確かに「マニラ保険金殺人」といった形で

センセーショナルに報道されたり・・・

また日本から近い上、入国審査のゆるさなど

日本人犯罪者が潜伏するのに好都合な条件が

揃っていることもイメージの悪化を助長している。

世界的に殺人事件が多いのはベネズエラのカラカスが有名だが、

ここに日本人移住者はほとんどいない。

これに対してマニラには、たくさんの人が日本から

移住してきていて、その絶対的な日本人の数が比較にならない。

ただ俺の知る限り、マニラで度々起きる邦人殺人事件は

日本人側に非があったり、脇が甘すぎたりすることが

残念ながら大半。

「殺されて当然」なんて人間はこの世に

めったに存在しないが、それにしても無知すぎたり、

フィリピン人を甘く見すぎている。

具体的には、フィリピン人の奥さんをぞんざいに扱い、

言葉や体で暴力を振るっていたり。

フィリピン人は家族愛が強く、後先を省みない

報復のために彼女の兄弟が体を張ることがよくある。

または現地での事業や土地をフィリピン人の奥さんや

知人名義で所有し、その日本人本人がいなくなったら

彼らが得をするような状況を作り出してしまったり。

その他、フィリピン人は体裁を大切にし、人前で

恥をかかされるのを極端に嫌う。彼らに恨みを

持たれるようなことは絶対に避けたい。

マニラでもエルミタの治安は良くはない

19116075245_c80b617ac4_b

マニラで多いのは他の外国と同様、基本的には

盗難やスリなどの軽犯罪。

逆に日本のような無差別殺人や

親族間の殺人などは聞かない。

普通に生活している限り、あなたが思っているより

ずっと安全であることは間違いない。

ただ、やはりロビンソンエルミタ周辺、

特にマビニ通り辺りにはドラッグ中毒者が

刃物を持ってうろついていた例もあり油断はできない。

友人の守屋はしつこいポン引きについてこられ、

人通りが少ない場所で恐喝されたことが。

断るならあいまいにせず、はっきりNoと言おう。

またLAカフェ(マニラベイカフェ)では

昏睡強盗も発生している。

未成年者と警察によるセットアップも実例があるので、

ナイトライフを楽しむなら気をつけてほしい。

マニラにも危険地域はいくつか・・・

ワンピースのモチーフになったスモーキーマウンテンで

有名なトンド。こうしたスコーターエリアはやはり治安が悪く、

何より衛生面でかなり不安なので近づかないように。

チャイナタウンや城塞都市イントラムロス、リサール公園辺りは

暗くなってから治安が悪くなるので注意。

またデビソリアやバクラランのようなマーケットでは

スリや置き引きに十分気をつけよう。

マニラから少し離れるが、仕事でケソンプロビンスに行った際

NPA(フィリピンの過激派)に遭遇し、拉致されて殺されかけた。

特に日本人だけで見知らぬ田舎に行くことは

絶対に避けてほしい。

先日、マレーシアに移住した勝本くんが

skypeでこわばった顔で話していた(笑)。

「ジョホールバルで日本人がのこぎりで切りつけられたようで・・・

どうも通り魔っぽくて怖いです」

マレーシアといえば日本人にとっても、

将来の移住先候補No.1の国。

どこに住むとしても、現地在住者の

実際の声を聞いて実情をしっかり把握したいものだ。

スポンサードリンク



コメント

  1. まあや より:

    マニラという所さえ今まで知らなかったのすごくショッキングでした….
    海外旅行とかには気を付けたほうがいいですね。

  2. みかわやこうみどう より:

    バブル経験者のオジサマ達は、フィリピン人女性を軽んじているように感じます。
    バブル非経験者の若造の意見ですが。通常の人と接するように接していれば、問題ないということですよね。つか、20万なんて大金!見せられたら日本でもおやじ狩りに合うわ!!

  3. しつり より:

    マニラ大変そうじゃないすか!日本人のみなさん無事ですか?
    >これが、海外から見た
    「日本」という国のイメージ。
    実際は、個人の意思で自由に経済活動も
    社会生活も送れる国家でありながら・・・
    外から見ると、日本人はそれほど不自由に見えるのか。
    それを裏づけた個人的な体験は、
    ニースから遊びに来ていたジュリーが
    「シンジュクで、大勢の日本人がみんな
    似たようなグレーのスーツで歩いているのにビックリ」
    そう語っていたことだった。
    【拡がる格差】
    有名な数字だが、日本の借金は
    人類史上最大の1,100兆円に迫る金額。
    それにも関わらず、
    5億円以上の資産を持っているのは5.4万世帯。
    この国に、億万長者は今でも100万人以上いる。

  4. makostyle より:

    マニラが治安の悪いというイメージが最近薄れていました。ただマニラに限った事ではなく海外で大金をちらつかせるのは控えた方がよさそうですね。恥ずかしながら私にはそのちらつかせるお金がありませんが。

  5. かおるママ より:

    マニラに限らず、大金を持ち歩くのは危険すぎますね!狙われても仕方ないです。治安が悪いイメージがついている原因が日本人にもあるのですね。確かに偏見かもしれませんが、日本人には無駄にプライドが高くて相手を見下す人が多い気がします。難しいことかもしれませんが、現地に柔軟な気持ちを持って馴染むことが最低限大切なことですね。