海外移住で失敗しないために!知っておくべき仕事のこと

スポンサードリンク


海外移住して失敗し、帰国する人が後を絶たない。

単に「日本の仕事や人間関係が嫌になったから・・・」

そんな動機だけで下見や準備をせず

日本を飛び出すと、貴重なお金と時間を失うことに。

この記事では、海外在住者が

移住に失敗しないために必須の「仕事」を中心に語る。

スポンサードリンク

海外移住に失敗する人の多くは「仕事」が原因

当たり前だが、海外移住ができても

継続できなければ意味がない。

さもなければ、日本からフィリピーナと移住してきたものの

仕事もなく無一文になって放り出され、マニラの

日本大使館に駆け込んでくる困窮邦人になりかねない(笑)。

あなたに収入をもたらす資産や預金、年金などがない限り

海外移住後の仕事の選択肢としては、

日本企業の駐在員として仕事をする

現地で就労する

現地で起業する

といったものが一般的と言える。

結論から言うと、あなたが今から海外移住を考えるなら

仕事の選択肢としてはこのどれもお勧めできない(笑)。

まず日本企業の社員として現地に駐在するのは、

手当がついたりして国内にいるときより

待遇が良くなることもあるが・・・

まず希望通りの場所に住めるか分からないことと、

組織の一員である以上、急に帰国を命じられたり

そのオフィスが閉鎖されることも。

望む場所に住めるか、またいつまで住めるかなど

自分で決められる自由がほとんどない。

移住とは言えないほど不安定だ。

海外移住をして現地で仕事を探す場合、言葉はもちろん

相当高いレベルのスキルが求められることが多い。

かつ、それで仕事が見つかっても、言葉や文化の違いの中で

ストレスを受けながらも、給与水準は現地に合わせる形になり

場所にもよるが日本よりも稼げることは少ない。

このフィリピンのコールセンターで日本人対応をする場合など

一部日本人向けの給与を提供する場合もあるが、ほとんどの場合は

国内より給与は下がる。

現地での起業は例えば、このフィリピンでは飲食業が熱く

日本食も人気があってポテンシャルは高いものの・・・

外国人には様々な規制があったり、それを背景として

ビジネス絡みの邦人殺人が起きたりもしている。

マニラ在住の日本人カツさんの知り合いが

この憂き目に遭っていたことを知り、やはり現地人と

利害関係を持つことのリスクを思い知った。

起業は例が少ないとしても、

日本企業の駐在員は住みたい国を選べないか、

その国が気に入っても自分の意思で永住を続けられないこと。

現地採用は待遇が良くないこと。

海外移住の失敗要因が仕事の場合、

大体これが理由になる。

そもそも海外移住後にあなたが雇われて仕事するなら、

まず必要なものは就労ビザか、ワーキングホリデーの権利。

これには様々な制約があり、当然

その定められた範囲内での仕事しかできない。

場所や仕事内容、人間関係などは当然あなたが

自由に選ぶことはできず、これは国内での就労と何ら変わらない。

それどころか、海外移住となると言葉の問題もあり、

その土地の文化にどれだけ適応しながら仕事ができるか

という不安もある。

仕事に求められることも、海外では

日本とは比にならないほど高いのが通常。

一定の年齢以上の人ならリタイアメントビザをとって

海外移住するのが一般的だが、リタイアメントビザだけでは

基本的に仕事をすることは認められない国がほとんど。

さらに、仕事を探す場合はジョブストリートなど

日本と同じように就職サイトを観たり、

求人誌で仕事を探すのが一般的。

ただ海外についての問題は、国内よりも

知識や情報がないのをいいことに、

詐欺まがい商法が横行していること。

これは俺がフィリピンで不動産投資を始めたり、

永住権を取ろうとしていた時によく耳にした話。

「気をつけて欲しい」と言いたいが、

情報が少なすぎると搾取にも気づかず

いいカモにもされかねない。

家族で海外移住後も現地生活を楽しめる仕事とは?

9469806550_64a57bd806_b

子供や奥さんと一緒に海外移住したい・・・

そんな声もよく耳にする。

何しろ「教育移住」という言葉が

スタンダードになっているほどだ。

ただ、せっかく家族で海外に住んでも

本国の会社の都合で振り回されたり、

現地の安い給与でこきつかわれたりすれば

家族移住は全く楽しめない。

セブの鈴木さんを始め、

そんな例を腐るほど見てきた(笑)。

日本か現地かを問わず、企業には依存したくない。

かといって、リスクを負う起業も勧められない。

それなら、リスクの少ない個人事業を提案しよう。

まさに俺がフィリピン移住後も仕事を安定して

続けられているのは、オンラインビジネス

日本にいるときから構築していたから。

俺がお勧めしたいのは、日本人向けのブログやメルマガを

移住前から構築し、日本円での収入を安定させておくこと。

これならどの国でもやっていくことは同じだし、

仕事で海外の人と関わる必要もない。

この新しいライフスタイルを求める日本人が

これからもっと増えていくと確信する。

「移住前から準備できる仕事」を海外在住者が推奨

28679496175_73f3fbe237_b

実際に移住した者としては、

日本円を稼げるスモールビジネスを持つこと

現地人を雇わなくていいこと

この2点を必須の条件として挙げたい。

いわば、さっき語ったどれにも該当しない

第4の選択肢。

成熟期に入っているとはいえ、まだまだ大きい

日本の市場規模。ここからWebを介して利益を上げることが

可能になれば、場所の自由と経済的安定を両立できる。

こうしたオンラインビジネスでも、配送にフィリピン人を

手伝わせていたカツさんのように、転売などをメインにすると

うまくいくほど作業量が増え、現地での人手が必要となる。

おすすめは「自己メディア」を持つこと。

広告型のブログを運営したり、メルマガで情報商材を

販売するなど、自分一人で回るビジネスを持つことだ。

例えばブログを作成して集客し、リスト(メールアドレス)

を蓄積しつつメルマガで情報発信をする。

この準備は、あなたが国内にいる

今からでもスタートできる。

マーケティング業界で15年以上やってきて

最終的にWebマーケティングに落ち着いたのは・・・

これが最も個人が特別な才能なくして

最短で安定した収入を得られる手段だと気づいたから。

最短といっても最低半年はかかるし、ほとんどの人が

3ヶ月以内に辞めてしまうことを考えると「コツコツ継続」も

十分特別な才能と言えるが。

グローバル化の中でもまだまだ市場が守られている

「日本語を書く」という情報発信。

今はまだ価値の高い日本円を大きな市場から得て、

物価の安いフィリピンなど東南アジアの国で暮らし

その差額を投資に回す。

これは俺自身がやっていることであり、自由を得て

気楽に暮らすためのベストウェイだと確信しているもの。

嫌な人間関係とも無縁となり、現地の人と絡む必要もない。

インターネットさえあればどこでも続けられる。

まとめ。海外移住で失敗しないために安定収入の確保を

日本の経済環境の悪化、雇用不安、将来性の不透明さや

年金問題、自然災害や地震、原発など様々な不安を背景に、

海外移住して仕事を求める人が増えている。

しかし、この仕事を理由に海外移住を諦める人が多い。

移住して最初に過ごしたフィリピンのマニラがそうだったが、

海外移住してお金が心細いと本当に悲惨。

望まずして「外こもり」状態になる(笑)。

ちなみに、これは海外に限らず

日本の田舎に移住する場合も同じ。

移住への関心は相変わらず高まっている。まさに

日本の都会暮らしや仕事へのストレスが、思いのほか

現代人を疲弊させている証拠。

田舎へ住めば混雑もなく、人との交流をもっと

楽しみながらのんびり暮らせるし、海外に住めば

非日常を楽しめる。

移住に際して、あなたに残りの人生をカバーできるだけの

潤沢な余剰金があったり、あるいはすでに年金をもらっているなら

仕事の心配は不要。

ただし移住は若い人にも希望者が多く、その場合は

こうした恵まれた状況にないため、現地での仕事が問題となる。

その場合あなたに必要なのは、コネスキル

このどちらもないまま移住するなら早晩、まさにリエのように

仕事を理由として、都会暮らしにUターンせざるを得なくなる。

現地の友達などから条件の良い仕事を紹介して

もらえるなら、それを活かすのが一つ。

川越に住んでいたカオリは宮古島の観光ホテルの

仕事を現地の飲み仲間から紹介してもらい、条件が

良かったのですぐに現地に移った(笑)。

特にコネがない場合は、やはり移住後の仕事というと、

都会にいたときの延長で地元企業に就職先を求める人が多い。

田舎でも観光業(観光地の場合)・農業・飲食業・

建設業などに需要があるのは確かだが、当然

会社やお店自体の数が少なく、選択肢は極端に狭くなる。

最近では田舎への移住希望者が増えている関係で、

現地企業と移住希望者をつなぎ仕事を紹介する

サービスがあるが・・・

あなたの希望の移住地でそうしたサービスが

受けられる保証はない。

その場合は移住後の仕事をフリーランスで

行うことになり、そのためのスキルが必須になる。

国内に移住するなら、物価水準は極端に下がらないので

それなりの報酬が得られる仕事をする必要があり、

そのためにはある程度の技術が求められる。

何はともあれ、国内暮らしでも海外移住でも

場所を問わない仕事はストレスのない現地生活に必須だ。

スポンサードリンク



コメント

  1. まあや より:

    ネットでのビジネスはこれからも拡大していくと思います。仕事面でのストレスは職場の人間関係がないぶん軽減されそうですねー!

  2. ゆえつそ より:

    移住後に仕事がないと最悪なことになりますね。まざまざと感じます。
    >彼らの信頼関係も並ではなく、
    歌詞にもあるように
    とっくに血を越えている。
    相変わらず暑いフィリピンから
    お届けしています。
    留学お疲れさまでした。
    そして、
    数ある語学学校の中から
    CAEAを選んで頂き、
    本当にありがとうございました。
    南国のゆるい空気から(笑)一転、
    お忙しい日常に戻られていることと思います。
    ご存じの通り、我が国では英語は
    フィリピンやインドのように
    公用語になっておらず、
    お仕事で日々使用したり
    身近に外国人がいない限りは、
    日常英語を使わずに過ごすことができ、
    全く困ることがありません。
    そんな中、
    帰国後の多忙な日常で
    多くの留学経験者が海外での学びを
    忘却の彼方に流してしまいます(苦笑)。

  3. ぽぽ より:

    ほんとにその通りだと思います。
    コネかスキル。日本国内ですら都会以外では
    就職難で仕事が見つからない現在ですが
    やはりコネがあるのと、スキルがあるのでは
    違いますね。
    ただ、日本でコネを使ってしまうと、
    七光りだとか、紹介してくださった方の顔に
    泥を塗らぬよう大きなプレッシャーもかかりますが
    海外だと別のストレスが多そうです。
    ブログを使ってのビジネスも最近急上昇しているので
    どんどん活用するべきだと思いました。

  4. makostyle より:

    海外に移住は今のところ予定はないですが、是非してみたいものですね。現在日本の田舎に住んでいる者としては仕事の少なさは痛感しています。これが海外となると、コネもスキルもない私にとっては非常に難しいものだと思います。

  5. あい より:

    老後に移住して
    年金や退職金で暮らす人は増えていますよね。
    移住先でまだまだバリバリと仕事をしようと思うと
    なかなか難しいかもしれませんね。
    移住はしてみたいです!