軽井沢に移住して後悔?生活のデメリットや補助金、老後の失敗と別荘の後悔を軽井沢移住ブログで。50歳の仕事や移住体験も紹介

新幹線で東京まで75分・・・喧騒とは無縁のリゾート地

軽井沢での生活に憧れ、現地に移住して生活をスタートさせた人も多い。

実際、軽井沢の人口は年々増加している。

その一方で、軽井沢に移住して

後悔をしている人が後を絶たない。

その理由はいったい何なのか、

軽井沢移住者のブログを見てわかったことがある。

後悔の理由を以下2つに分け、紹介していこう。

軽井沢に移住するなら費用の確保を。補助金は必要?支援の仕組み

軽井沢は『軽井沢価格』と呼ばれるレストランの費用、

カフェ代が他の地方に比べて高いのが特徴。

そのため、軽井沢への移住は予算や

費用をあらかじめ貯金しておく必要がある。

また、軽井沢での補助金は種類も豊富。

・私立幼稚園の補助制度
・多子世帯保育料補助金

町では子育て支援を推進し、

多子世帯の経済的負担を軽減するため、

第3子以降の保育料に対し

1ヶ月6,000円を限度に補助。

・不妊治療補助金

夫婦1組につき費用の2分の1以内、年度内上限30万円。

・ごみの補助金

軽井沢町では、一般家庭及び事業所から

排出される生ごみの自家処理を促進し、

ごみの減量化を図るため、

生ごみ処理機等を購入して設置する

家庭及び事業所に対し、補助金を交付している。

・電気自動車用急速充電器の補助金

電気自動車用急速充電器本体価格の4分の1以内。

ただし、75万円を限度。

・電気自動車等の車両本体の補助金

電気自動車等の車両本体価格の10%以内。

ただし、30万円を限度。

など。

支援の制度は充実しているが、

条件や注意点もあるので以下を参考にしていただきたい。

軽井沢の別荘に移住して後悔。失敗の理由は物件と仕事?軽井沢のような別荘地(リゾート)に定住して生活するデメリット

軽井沢に移住して後悔した理由は

物件と仕事が多くあげられるが、それだけではない。

他にも軽井沢に移住しても、

周りと馴染めず孤立してしまったり

都会と違ってゴミ出しに規制がある。

さらには観光地ならではの渋滞

軽井沢に移住の後悔の理由でもある。

以下3つに分けて詳しく紹介しよう。

・仕事
・物件
・ゴミ出し

仕事

初年度、軽井沢町内での年間雇用を

目指すには、主に2つ。

現地企業での正社員採用か、

サービス・観光業のアルバイトとして

春〜秋で働ける場所を確保し、

冬はプリンススキー場などで働くか。

正社員採用については、

自分の中の条件をある程度折り合いをつければ難しくはないが

都会に比べ、安月給になること、

ブラック企業の可能性があることをが挙げられる。

アルバイトでは軽井沢の観光地を活かし、

観光シーズンだけの季節雇用も多いが、

軽井沢で定住を目指すのであれば、通年雇用の仕事が必須。

対策として、以上のことを踏まえると、

現状は、軽井沢に引っ越してきてからの職探しはまだ難しい

グラフィックや映像の技術者、

ウェブクリエイター、ライターといった

「東京に常にいる必要性のない職種」

である人の移住が好ましいように感じる。

物件

軽井沢への移住は物件と不動産選びがカギ

なぜなら移住者の希望を十分に理解し、

軽井沢に移住するメリット、

デメリットを熟知している不動産屋でなければ、

軽井沢に移住して後悔する可能性が高まるからである。

さらに、実際に移住のパートナーと

なってもらう不動産会社を決める時には、

実際に会って話をし、

「自分も移住者だ」という担当者を見つけることが重要。

そうすることで、自身の希望に

あった物件を見つけることが可能になる。

「軽井沢」と言っても、気候条件や地勢はエリアによって違いがある。

・アウトレットやゴルフ場もあるリゾート地の中軽井沢南。

・温泉やハルニレテラスの商業施設があり、自然も満喫できる上ノ原。

・コンビニ、保育園、小学校があり、

大型スーパーも近くにある生活を重視した大日向。

・江戸時代からの宿場町の風情を楽しむことが出来、利便性の高い追分。

自身の理想のライフスタイルに合わせ、

物件を探すことが、後悔しない物件探しにつながるであろう。

ゴミ出し

軽井沢に移住した人が最初にぶつかる壁

として挙げられるのが、ごみ出しの問題

都会の生活とは違い、

ゴミ置き場まで1キロメートル以上かかる地域

ほとんどで、気軽に日常的に歩いていける距離ではない。

マンションに住んでいれば、

ゴミ出しは毎日可能であるが、

軽井沢では週に2回という地域も存在する。

なぜ、このように軽井沢では

ゴミ出しに規制があるのか。

それは野生動物が漁りにくるおそれがあるからである。

カラス、タヌキ、その他野生動物が寄ってくる。

過去にはクマが餌付けされてしまったこともあったらしく、

最悪ツキノワグマが町に降りてきてしまう。

夏はさらに時間制限が厳しくなる

軽井沢のゴミ袋は3種類。

燃えるごみ、プラスチックごみ、そ

の他の燃えないごみの3種類。

どうしてもゴミの日に出せないのであれば

塵芥処理場(じんかいしょりじょう)へ行くことで、

ゴミ出しが可能になる。

じん芥処理場はいわゆるゴミ処理場のことで、

日曜日や祝日以外ならだいたい稼働している。

だが、やはり都会の感覚でごみを出せる地域ではない。

軽井沢への移住…老後の利便性は?子育てにはどう?

軽井沢に移住を考えた時に、

どこの地域に住むのが最適なのか。

軽井沢への移住者の以下2点について詳しく紹介しよう。

・老後
・子育て

老後

老後を優雅に軽井沢で過ごしたいと

考えている人もいるだろう。

しかし軽井沢への移住には注意点もある。

森の中の別荘地は閑静だが、

買い物や除雪など生活には手間がかかる

商業施設や病院、学校が集中する

鉄道沿線は便利でも、別荘地ほどの環境は望めない。

さらに、標高は900~1,000メートル以上、

冬の寒さも桁違いなのだ。

断熱・暖房設備にお金をかけて冬仕様にしないと

1年中住むことは難しい。

物件にもよるが、リフォームには

数百万円以上はかかるのが現実。

雪はそれほど多くないものの、道路が凍結する。

軽井沢町は

「しなの鉄道沿線に人口を集めるコンパクトシティーを進める方針」

(藤巻進町長)があり、

離れた別荘地に住む場合、

除雪などは自力でしなければならない。

老後の雪かきは厳しく、

業者に依頼すれば、費用もかかってくる。

医療環境、冬場の光熱費、

「軽井沢値段」といわれる物価の高さも、

セレブな老夫婦であれば問題ないかもしれないが、

事前に情報を集めるべきである。

さらには、レストランなどは東京よりも高くなっている。

子育て

デメリットばかりを紹介してきたが、

子育てには最適との声が多くみられる。

子育て中の人で、特に子どもが

未就学児なら軽井沢移住はオススメ。

なぜなら子どもを通じて

現地コミュニティに入っていきやすいからだ。

喫茶店やバーでのイベント、

現地コミュニティの構築、

FacebookなどのSNSを通じた活動を、

移住者や現地民が主体となり行っている。

そこには学校のPTA活動など含まれるため、

子どもを通じると現地の

コミュニティに入っていきやすい。

また、空気のキレイさ、自然の多い環境の良さ、

さらには親子の接触時間が長く持てるメリットがある。

軽井沢町の多くの税収は、

図書館やスポーツ施設などの環境面に投資されている

小学校、幼稚園や保育園でも校庭に全面芝を採用し、

国内随一ともいわれる通年で

楽しめるカーリング専用施設を設けている。

軽井沢ならではのスキーやアイスホッケーと

いったウインタースポーツも盛んとなっている。

そして、中学や高校生になっても

通学や習い事の送り迎えに、

親は付き添わなければならない。

これは一見デメリットのように感じるが、

子どもと過ごせる時間には限りがあり、

いざ子どもと過ごそうと思った時には、

子どもは高校生になっていて、

家にいないことがあり得る。

軽井沢へ移住することにより、

子どもとの濃い時間を持つことが可能になるのである。

軽井沢に住んでもストレスのない

「お金」と「時間」の自由を手に入れるには?

北は寒い?軽井沢の移住life(移住生活)はどんな感じか軽井沢移住ブログでチェック

軽井沢への移住者の特徴として、

定年を迎え、セカンドライフとして住む人、

またグラフィックや映像の技術者、

ウェブクリエイター、ライターといった

常に東京にいる必要がない

職種フリーのクリエイターが多い。

さらには未就学前の子供がいる世代にとっては、

子どもを通して地域にもなじみやすく、人気があるようだ。

上記でも紹介した通り、軽井沢の中でも

リゾート地が良いのか、

利便性など生活のしやすさを考えるのか、

また気候により湿地が多い地域、

雪が多い地域など様々である。

中でも、北軽井沢は知られてない

温泉の数々と隠れた貴重なキノコの産地があり、

近くには有名な草津や万座などの

観光地がある一方で、

軽井沢の中でも北軽井沢はさらに寒いのが現状である。

さらに、移住生活の中で改めて考えたいこともある。

軽井沢は観光地。

ゴールデンウィークや

お盆の時期には大変混雑が予想される。

長野新幹線の開通や高速道路の整備から、

観光シーズンには10倍にも膨れ上がる

そのことで、軽井沢の幹線道路でもある

国道18号線は渋滞がひどくなるのである。

また、孤立に関しての問題が出てくるのも否めない。

憧れの軽井沢に移り住んではみたが、

地域の人との目には見えない壁を感じてしまい、

中々「よそ者感」を拭うことができないのもまた事実である。

特に新幹線通勤をし、東京で働き、

軽井沢に住むという人もいるが、

このように二地域居住をする人は、

いつまでもよそ者感が付いて回る。

生きていくうえで欠かせないのが人間関係であるが、

その人間関係がうまくいかないことで移住を後悔する人が多い。

軽井沢移住者として、老後を軽井沢で

過ごしたいと考えているのであれば、

人間関係の孤立は気を付けたいことのひとつである。

そして、都会の生活とは違い、

行きたいときにすぐ行けるコンビニは車で20分。

具合が悪くなった時にすぐに

診てもらいたい病院には車で45分。

日常のスーパーの買い物までは車で15分。

以上のことを踏まえたうえで、

軽井沢への移住を考える必要がある。

実際の軽井沢移住者の声として、移住者のブログがこちら。http://musasabipoo.blog.fc2.com/blog-entry-327.html
http://www.sakuraitaito.com/entry/2016/01/02/181405

軽井沢の問題はゴミ処理場?軽井沢町の塵芥処理場について…軽井沢に住む人は知っておきたい

景観の良さや、町の雰囲気は旅行などでわかっても、

生活してみて初めて分かることもある。

それは、ゴミの処理

都心のマンションだと、

ゴミ置き場がちゃんと設置されていたら、

24時間いつでもゴミを出すことができる。

また、マンションでなくとも、

大体の地域には数十メートルおきに

ゴミステーションが設置されているだろう。

しかし、軽井沢においては、そうではない

捨てられる箇所が限られており、

ゴミステーションが家から1km以上なんて地域も。

更に捨てる時間も、朝6時~8時半など、

短い時間に定められている。

出し忘れや、寝坊したらもうアウト。

次の回収日まで、ゴミと共に生活しなければならない。

そんな生活はごめんだ!

という人は「塵芥処理場」を活用しよう。

いわゆるゴミ処理場の事で、

ここに直接、ゴミを持ち込むことができるのだ。

平日なら夕方ごろまで、土曜も午前中は稼働している。

粗大ごみなども持ち込めるため、

朝のゴミ出しに悩みを抱えていた多くの人が利用しているようだ。

とはいえ、朝の短い時間の

ゴミ出しルールにはちゃんと理由がある。

自然豊かな軽井沢には野生の動物も多い。

ゴミを屋外に放置すると、

野生のタヌキやカラスなどが寄ってきて

大変なことになる。

以前は熊などが町に降りてきてしまったこともある。

「移住者だから知らなかった」

ではすまされないこともあるのだ。

移住の前に、しっかりとその土地のルールを知ろう。

軽井沢に移住といえば、櫻井さん?体験談から学ぶ。

「軽井沢」「移住」というキーワードを入れると

ほぼヒットするブログがある。

それが

「#軽井沢から通勤するIT系会社員のブログ」

という櫻井さんのブログだ。

軽井沢への移住を考えているのなら

是非一度、目を通してほしい。

移住希望者の多い軽井沢のメリットだけでなく、

デメリットも発信していて、とてもわかりやすい。

軽井沢へ移住を考えている人の中には、

保育園の問題や、教育環境を考えた

子連れの移住も少なくないようだ。

豊かな森と、町の雰囲気。

のびのびと子育てするには

よい環境なのかもしれない。

軽井沢に移住となると、

まずやらなければならないのは物件探し

家族構成や、何を求めて軽井沢に行くのかにもよるが、

衣食住、そして心が満たされる暮らしを確保するにも、

物件選びは大切だ。

軽井沢町は

「軽井沢」「中軽井沢」「信濃追分」

と3つの駅がある。

中軽井沢は、

スーパーや銀行、病院など生活に必要な施設が揃っているが、

観光地であるため、GWや夏休み期間は渋滞などがひどくなる

軽井沢の西側、佐久に隣接する信濃追分は気候もよく、

佐久方面に出やすいことで利便性は良いらしい。

移住希望者が多いので

移住者向けの物件を取り扱っている不動産も多い。

しかし、まず現地に住んでいる方々の情報を集め、

体験談を聞くことが、失敗を避ける手段だ。

軽井沢へ移住のまとめ

日本の避暑地、軽井沢。

満員電車のストレス、人間関係、都会の喧騒から抜けだしたい人が

「よし、軽井沢に行こう」

と言ったかどうかは分からないが(笑)。

静かな街並みと大自然に囲まれた場所で余生を送りたいと、

移住地として軽井沢を思い描く人が多いようだ。

自分自身

「夏は軽井沢の別荘ですごすから」なんていう

クラスの金持ち坊ちゃんをうらやましく思ったりしたことも。

が、しかし。

軽井沢は本当に静かで住みやすい場所なのだろうか

実際に軽井沢に住む人の証言をもとに、検証してみた。

軽井沢で過ごしたいと考えている人にとって

有意義な情報になっただろうか。

「住めば都」とはいうが、

本当にそう思えるかどうかは自分次第である。

確かに新幹線通勤で軽井沢から東京までは75分。

これは千葉県千葉市の奥や

埼玉の熊谷あたりから通勤するのと

時間はそれほど変わらない。

ただ、新幹線通勤代として約11万ほどかかってくる。

さらには、仕事を丸々変えるのであれば、

はたしてそこにいい仕事があるのか、

アルバイトであれば観光シーズン以外はどのように稼ぐのか。

また、ごみ出しは些細な問題かもしれないが、

生活習慣となっている都会とのギャップに順応し、

対応ができるのか。

そして、老後に軽井沢で過ごしたいと

考えている人には、病院や利便性についての

情報を集めたり、十分な貯金が必要になる。

ただ、子育てを楽しみたい人には

メリットがあるに軽井沢への移住。

以上のメリット、デメリットを踏まえ、

軽井沢への移住をよく検討するべきである。

先述の櫻井さんもブログで語っているが、

軽井沢移住はそんな簡単ではないし、

失敗する人も悩んでる人も少なくない。

それは軽井沢に限らない。

自分のいるフィリピンや

海外移住者が誰しも経験することだ。

しかし今の時代、ネットを開けば、

実際にその土地に住んでいる人や

移住体験者の声を聞くことができる。

あなたにとって、

家族にとっての「都」をぜひ見つけ出してほしい。

コメント

  1. ドクターC より:

    軽井沢は比較的近いので良く行きますが、決して静かな別荘地って感じじゃないですね。場所にもよるとは思いますが、GWや夏の道路の渋滞は尋常じゃないです。街外れは静かでも生活に困ります。それに冬は雪が降るし・・・やはり軽井沢はたまに行く場所だと思いますよ。

  2. なつ より:

    軽井沢はゴミ出しの規制が厳しいんですね。でも町並みを綺麗に保つにはとても大切なことかもしれませんね。

  3. とむ より:

    軽井沢はあまり都会ではないイメージなのですが、住むのも大変そうですね。遊びに行く場所としてはよさそうです。

  4. あい より:

    軽井沢は老後は厳しそうですよね。
    避暑地といえども、言い換えれば冬は極寒ですもんね。住めそうもないです。

  5. パッタイ より:

    学生時代に軽井沢の雑貨店で夏休みだけバイトをしたことがあります。
    忙しいのと、寮が軽井沢銀座から離れた場所だったので不便だったのを覚えています。
    住んでみたいとはあまり思えませんでした。