結婚する相手の家族や結婚式のお金が不安?結婚生活のお金がない、結婚できるか…不安な要素があるなら占いを。不安しかない、相手に不安になってきた、不安な気持ちや不安定さを解消!年下の彼氏との結婚に不安しかないのはお金…経済的に頼りないから?将来が不安で結婚を躊躇…不安の要素を彼氏が解消するには…論文も紹介

スポンサードリンク



結婚を前に不安になったり、または逆に

結婚できない不安を感じたりする・・・

このどちらにも、実は

人間が本来持つ性質が関係している

この記事で紹介していこう。

直前で結婚が不安になるメカニズム

スポンサードリンク

結婚直前に不安になることはよく知られているが、

そもそもこれはなぜなのか?

あなたも、保健体育や理科の授業で習ったのを

覚えているかもしれない。

例えば、人は体を激しく動かしたら

体温を下げるために汗をかいて熱を放散する。

逆に寒い場所に行くと、体を震わせて体温を上げようとする。

この一定の体温を保とうとする人間の体のメカニズムを

ホメオスタシスといい、これはメンタル面でも働いている。

つまり、大昔は変わった行動をすると

命の危険があったことから自然と変化に対して怯えたり、

不安を持つように精神的なホメオスタシスが働く。

今日と同じ一日を明日も過ごせるように生物を守るための

機能だが、これが現代では厄介に働くことが多い。

結婚に対する不安も、まさにその一つだ。

「本当にこの人と結婚して良いのか・・・」

マリッジブルーという不安は、

こうしたところ端を発している。

このことを分かっていれば、目の前の結婚相手に対して

不安に駆られることも、気楽に捉えることができるようになる

結婚できない不安の正体…結婚できるか不安になる男や女とは?占いはきく?

一方で 「一生結婚できないかもしれない」という不安。

これは、そもそも人が独りでは生きていけないこと、

どこかに所属していたい、愛をもらいたいという

人の欲求に根っこがある。

冷静に左脳で考えてみても、結婚しないで老後はどうするのか、

親に子供を見せてあげられないといった

不安・不満をいくつも並べてしまう。

こうした不安を持った時は、その正体を明らかにすると

実は大したことがないと気づく。

今だったら、一生結婚しない人も日本では増えているし

そもそも欧米でもそういったカップルはいくらでもいる。

また、独りで生きて楽しい毎日を過ごしている人は

俺の周りだけでも数え切れないほど。

結婚できないと不安に感じる場合も、

いざ結婚する際の不安も・・・

開き直るようだが、

結婚だけが人生の全てではない。

結婚しないという選択肢もあるのは事実だし、

実際にそうした人はたくさんいる。

結婚そのものが人生に必要なのではなく、

「本当にこの人と一緒になりたい」

そう思える人と出会えた場合に、

自然な流れで一緒になるのが結婚だからだ。

結婚に不安しかない男性…不安な気持ちの理由は結婚式などお金がないから?結婚できないという不安を抱える男

未婚率があがっていく中で、「結婚ができない」

そう結婚に対する不安をもつ男性も多いのではないだろうか。

そういった男性の理由として

お金が膨大にかかりそう、といったイメージからが多い。

結婚式、夢のマイホーム、子供ができて・・・

といったものを想像するからであろう。

確かに一人で生きていくのに比べるとお金はかかる。

結婚に対する不安な気持ちをもつのは、

お金がかかるといったイメージをもつ男性だけではないが、

養っていかなければいけないという思いから、

結婚への不安は男女別でみても男性の方が多い

男性の理由の多くは先ほど言った 「金銭面」と、

もうひとつが 「自由」だ。

自由というのは、

・仕事面では、もし辞めて新しいことをするとなった場合や、

キャリアアップを目指すと決めた場合に、

応援をしてくれるのだろうか。といった不安。

・趣味など、否定されることなく大事にしてくれるかどうか。

・自分の性欲などの欲に対する部分も受け止めてくれるのだろうか。

という物理的ではない、精神的な自由への不安だ。

女性は、結婚したい相手がいるなら

彼のお金面と精神面の自由に気を遣ってあげるといいだろう。

女性でマリッジブルーはよく聞くが、結婚前に不安になるのは男性にもあることだ。

プレッシャーに耐えられず、逃げたくなるような感覚になる人も。

責任感、経済的不安、ここから生活が変わる、本当にこの人で良いのか?

といったことを、結婚というロマンティックな感覚から、

目前にして急に現実を考え出してしまう。

そうすると、一人の時間が必要になる、精神的に不安定になってつい怒ってしまう、

ついには考えすぎて体調を崩してしまう、といったことが起きる。

これらが起こるのは、

女性に合わせすぎてしまう人・見栄を張りすぎてしまう人などと聞くので、

結婚したいと思う相手には、素直にありのままの自分でいることを

心掛けたほうが良いのだろう。

マリッジブルーを乗り越えると、さらにお互いの仲が深まると聞くが、

お金・自由に関しての不安に心配な方は、

あらかじめ考えをまとめておくことが対策になる。

将来が不安…年下の彼氏との結婚が不安な理由(要素)は、彼氏が経済的に不安定で頼りないから?

年下彼氏を持つ女性は、結婚へ不安をもつ人が多い。

年下彼氏と結婚するのは不安しかないのか?

女性の意見として

年下の彼氏は、考えや感覚での年齢差を感じるという意見や、

経済的に不安、頼りないと思ってしまうことがあるという

彼氏のことは好きだけど、いざ結婚となると不安。

しかし結婚をすでに考えている女性としては、

別れて他の相手を探そうにも、

結局は彼氏がいないと結婚できるか不安に思う。

やはり感情だけでは乗り越えられないものが、結婚というものか。

付き合うと結婚は違うと聞くが、

決意できる相手かどうか、という違いではないだろうか。

彼氏のことが大好きすぎて、結婚が不安という女性もいる。

検索で「年下彼氏 かわいい」なんていうワードが上位にあがっていたほど、

年下彼氏は、母性本能がくすぐられ、

ついつい甘やかしてしまう傾向にある人が多いという。

重たい結婚という話がしづらい、あまり考えてないようだけど強く言えない、

スポンサードリンク

しかも経済的にも年下なので不安・・・という状態になる。

年下彼氏と結婚するうえでお金への不安はやはり大きいのか。

とくに5歳以上離れていたりする場合は

結婚を考えるタイミングにズレが生じることが多いという。

結婚という目標に向けてお金を貯めようとする時期もズレるということになる。

今の彼氏との結婚が不安なら別れることも一つの手だと思うが、

あなたが一生一緒にいたいと思うのであれば、

自分の思いを伝えてみることが大切だろう。

またバツイチの彼氏への結婚の不安も

最近は多いのではないだろうか。

いまだにバツイチというのは世間では良い風に思わない人も多いが、

3人に1人ほどの割合まで離婚率は増えている

同居の子供がいるなら、自分たちの子供が生まれたときに扱いが難しくなる、

子供がいなくても離婚癖がないか言わずと心配してしまう

などの不安を抱えている。

今は信じてると自信を持って言えたとしても、

いざその場面になったら不安になってしまうものなのかもしれない。

結婚を決めるうえで彼氏の仕事に対する不安をもつ女性もいる。

とても大切にしてくれるが、年収や貯金が少ない趣味にお金を使いすぎるなど

気持ちが十分にあっても、いざ結婚となると

お金に対する不安はなかなか拭えないようだ。

結婚するのが不安な彼女…その要素と解消する方法とは?

結婚するのが不安で別れるという選択も、もちろんあるのだが、

結婚したいと思う相手ならできれば不安を取り除きたいはず。

年上の彼女は結婚が不安になってしまう、

不安の要素は、経済的なものと精神的なズレだったが、

その解消法とは何なのか。

やはり、最も大切なのは話し合うということ

分かってくれていないと思う部分があるからこそ不安という気持ちになる。

例えばそれがお金なら、毎月お互い何万円ずつためて、

結婚式はこれぐらいにしよう!

といったように具体的に決めて、

お互いが納得したうえでの結婚なら不安は少なからず

解消するのではないだろうか。

夫婦間で起こりうるトラブルなどもネットや主婦雑誌を参考にして

こんなときはどうするか、なども話し合っておくと良いだろう。

結婚の不安、番外編…家事や仕事に対する不安も?相手の家族が不安?

結婚への不安は仕事面が大きく関わる。

自分の仕事が続けられるか、支えられるか、かっこいい親になれるのか。

そんな結婚の不安などが書かれた論文まであったので、参考程度に。

内閣府でここまで細かく調査をしているとは驚く。

【PDF http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis332/e_dis332a.pdf 】

仕事を辞めるという点でも結婚への不安は大きいだろう。

特に女性は、子供ができたら働くことができない期間ができる。

育休の間はどうやって過ごすのか、

長く働かず、また復帰して同じように働けるのかなど。

また女性なら、結婚への不安は家事に対するものもあるだろう。

例えば、一人なら自分が満足すればそれでいい。

面倒だから今日はカップラーメンでいいや~ということが

一緒に住むとなると、気が引ける。

他にも洗濯や掃除、身の回りのこともしっかりしなくてはと

プレッシャーを感じることも多い

普段、料理が苦手、掃除が苦手という人は

結婚しても家事ができない、と不安に思うものだろう。

それに、結婚すると仕事との両立ができるか不安に思うところだ。

しかし、女は家で家事!なんて時代は終わりつつあるし、

共働きの家族が増え、男性の考えもそれに沿って変わってきている。

洗濯は私、ゴミ出しはあなた、といったように役割を決めておくと

やらなきゃいけないと思う気持ちが、少しは楽になるのではないだろうか。

これはものすごく番外編なのだが、

結婚を考えだす時期には周りの結婚式に呼ばれることも多くなる。

彼氏目線では、彼女がほかの結婚式の二次会に行くのが不安。

という意見もあった。

結婚式の二次会といえば、

新郎新婦の祝いの席でありながらも、確かに出会いがあるとも言われる。

同年代の友達が集まり、キレイに着飾っている人ばかり。

それにお酒を飲みながら・・・というのが心配なのだという。

帰ってきた彼女がシャンプーのにおいがするなら要注意だ。

結婚式に参加するのは自分たちが挙げるときの参考にもなる。

仕事に家事育児と不安な部分も、結婚の先輩となるので相談ができる。

まとめ

結婚とお金、それに対する不安は誰もが思うことだと言っていい。

確かに良い生活をしようと思うなら、お金が必要になる。

ただ、そういったお金はいきなりかかるわけではない。

いざそうなる時のために貯めておく期間は、自分たちで決めることができる。

結婚と決めたらすぐに式をあげなくてはいけない、なんてことはないし、

家もまずはアパートで良ければ、なんなら家賃が半分になるし気が楽だ。

今や専業主婦の割合はぐんとさがって共働きの形が増えている。

一緒にいたいと思う相手がいるのなら、

そのお金がかかる 「理想」の結婚の形をどうやって現実にするか、

じっくり二人で話し合って決めればいい。

ちなみに、今回語ったことを考えさせるきっかけをくれたのは、

分かりやすいマリッジブルーに陥った(笑)

明石に住む籠原君。

スポンサードリンク