通勤で着替え、スーツはどうしてる?自転車通勤始めました!

通勤で着替える日本人サラリーマンにとって困るのが

シャツのシワ、また着替える場所。

前者については、自分がサラリーマン時代にお世話になった

このグッズが大活躍。

↓↓↓携帯ハンガー セット

通勤はもちろん、出張や旅行にももちろん使える。

何しろ軽くてコンパクトなのに丈夫。

費用をかけずに快適な通勤とおしゃれが可能になる。

近年、体力作りやダイエットのために、通勤時間を有効活用し、

自転車通勤にあえてトライする女性が増えているが・・・

自転車通勤をしている女性は、どのように服装を分け、

どこでスーツに着替えているのだろうか?

運動のために自転車をこぐ」と考えると、

仕事をする時と運動をする時の服装は、

特にオフィスワークなら全然違うのに・・・不思議。

そこで、この記事ではスーツに着替えるのに便利な、

街のスポットを紹介してみる。

通勤、どこでスーツに着替えてる?みんなの自転車通勤のスタイルとは?

スーツの着用が基本とされている職場が多い中、

自転車通勤をする時の服装は、

みんなどうしているのか?

荷物を持つことや着替えることが面倒で、

スーツのまま自転車をこぐ人も中にはいる。

 

しかし、スーツのまま、自転車にまたがる女性は、

そう多くないようで、スカートはもちろん、

パンツスタイルでも細身のデザインのため、

ペダルはかなりこぎにくい。

そもそも「運動」として、

自転車通勤を試みるのであれば、

動きやすい格好が好まれる。

出社前に汗をかくことになるので、

服や体に汗がべったり残らないようにするためにも、

発汗しやすい薄手生地のスポーツウェアを揃えたい。

そうなると、勤務で着用するスーツは、

持ち運ぶことになる。

スーツのまま自転車をこいで、

万が一破れたり汚れたりしてしまうことを考えると、

荷物が増えてしまうのはどうしようもない。

スーツは厚手の服ではないので、

畳んでみると案外コンパクトになる。

大きめのバッグを持っていけば十分入るし、

他の荷物の邪魔にもならない。

小さめのトートバッグを追加するだけでも、

十分間に合うだろう。

また、ハンガーをかけられるようなロッカーがある場合は、

ロッカーにスーツを常備しておくと便利だ。

スーツの着替えは結局トイレしかない?

外で着替えるわけにはいかないし、

街中の施設として、

更衣室が設置されているケースはほとんど無い。

服屋さんなら試着室があるが、

商品を試着するわけではないので、

さすがに貸してもらうのは難しいだろう。

マラソンランナー向けのスポーツウェア店なら、

ランニング前後に更衣室を利用できる店舗もある。

しかし、場所がかなり限られてくることを考えると、

ほぼ唯一の完全個室があるトイレしかない。

会社に更衣室付きのロッカーがあれば、

そこで着替えればいいが、

多くの場合はトイレで着替えることになる。

職場の近くにホテルがあるなら、

ホテルのトイレは比較的綺麗だろう。

比較的新しめのテナントが多いビルに入っている会社なら、

毎朝きちんと掃除された清潔な環境で着替えることができる。

他にスーツに着替える場所で使えるのは?徹底リサーチ

会社のトイレ以外に、

街中で快適に着替えられる場所はどこだろうか?

大きな駅なら、足を地面につけることなく着替えられる、

チェンジングボードが備わっているトイレも多い。

表面に滑り止め加工が施されている台もあるようなので、

女性のスーツスタイルには欠かせない、

ストッキングを履く時にも便利だ。

オムツ交換台があれば荷物や服をそこに置いて、

落ち着いて着替えることができる。

ただし、赤ちゃんを連れている方の、

迷惑にならないように配慮が必要だ。

メイク直しや着替えができる、

便利なパウダールームも増えており、

主に百貨店などの大きな商業施設に備わっている。

女性なら運動後のメイク崩れは気になるところなので、

着替え以外にも整った環境で、

ゆっくりメイクを直せるのは嬉しい。

そのような施設が出勤前に、

営業時間内で利用できたら、

かなり便利だ。

また、有料にはなるが、ネットカフェの個室なら、

ささっと着替える分には

十分プライバシーが守られる。

ドリンクバーも付いているので、

ネットカフェでホッと一息ついてから出勤できたら、

良い習慣となるだろう。

スーツで自転車に乗る時の靴ってどうしてる?

スーツを着ている女性なら、

ヒールの高い靴を履くことになるが、

さすがにこれで自転車はこげない(笑)。

かといって、自転車に最適なスニーカーを履いたまま、

スーツで仕事をするのは、

学ランの中学生のようで不自然(笑)。

スーツに合って、

自転車をこぐのも苦労しない靴を選ぶとすれば、

ローヒールかフラットヒールのパンプスがいいだろう。

ヒールが低めのパンプスなら、

仕事と自転車通勤の両方に併用することも可能だが、

ヒールの高い靴を履くことが仕事のモチベーションになる人は、

着替えと一緒に靴も持ち歩くといいだろう。

もしくは、私物を収納できるロッカーがあれば、

仕事用の靴として常に置いておくのもいい。

まとめ

いかがだっただろうか?

運動不足を指摘されているのを頭ではわかっているものの、

ジムに通い始めるのはハードルが高いし、

急に筋トレやランニングを始めて体調を崩すのも怖い・・・

それなら、誰もが乗れる自転車で通勤してみると、

ちょっとした運動になる。

着替えや荷物に関して多少の心配があっても、

一度良い場所やコツを押さえればなんてことはない。

 

いつもより少し早起きして、

運動から始まる朝は、

頭がシャキッとして気持ちがよいもの。

コツコツと小さな努力を積み重ねていこう。

PS.

冒頭で紹介した便利グッズは、身だしなみを気にする

ビジネスマンには必須。

シャツにシワがなければ気分もよいし、

仕事ができる人に見えるから不思議だ。

↓↓↓携帯ハンガー セット