台湾で起業するメリットとデメリットとは?注意点を知らないと破滅?資金や起業ビザ、日本人の起業家におすすめのアイデアは輸入?

スポンサードリンク



台湾で起業するための資金はいくらなのか。

また、起業ビザはどのようなもので、

どのようにして手に入れることが出来るのか。

さらに、日本人が台湾で起業するにあたって、

おすすめのアイデアは一体何なのか。

ご紹介していこう。

台湾で起業するための資金はどれくらい?起業ビザってどんなもの?

スポンサードリンク

台湾で起業するためには、まずは屋号・法人を立てなければならない。

法人を設立するとなると、有限公司か股份有限公司のどちらかになる。

有限公司を設立する際の起業資金は、NT$50万(175万円※2017年2月現在)。

この資本金があれば会社代表社に起業ビザが発給されるのである。

ただし台湾で起業し、続けていくのであれば条件が1つある。

それは年商NT$300万の売上額が必要ということ。

売上がいくらかどうかは税務局が把握しており、

税務局はビザを発給する労働部と連動している。

そのため、売上が満たない法人に関しては

起業ビザの更新をすることができないのだ

起業ビザ枠には、配偶者にも居住ビザがついているので、

妻や子どもを連れてくることは可能になっている。

実際に夫婦で起業をしている人も台湾で見かけることがある。

だが、注意点として、法人として起業しなければ、

起業ビザをもらうことは出来ない。

自営業として、小吃店での起業は就労ビザを発行できないので注意が必要だ。

台湾で起業する日本人におすすめのアイデア。起業家なら輸入をすべき?    

台湾で起業した日本人は数多くいる。

台湾は外食が盛んな場所。飲食店の利用者が多く、

繁盛しているように見えるかもしれない。

だが実際は、飲食店が多い分、競合が多くなり、

いつの間にかなくなっているお店もある。

そんな中、台湾でどのような起業をすれば成功できるのか。

また、日本人におすすめのアイデアはなにか。

それは台湾の商品を輸入すること

スポンサードリンク

台湾の商品は中国の製品に比べ、

しっかりとした作りで、丈夫に出来ている。

さらに原価は安い

なので、台湾の安い商品を輸入し、

日本に輸出して高く売るのが、台湾で起業するにあたっての

おすすめのアイデアである。

台湾で起業するにあたって、

重要になってくるのは、ビジネスパートナー選び

親身になって相談に乗ってくれたり、

起業設立に必要な会計士選びが大切なのだ。

台湾では、税務申告などを行う人を「會計士」、

伝票などの記録を行う人を「記帳士」と呼び、

小規模の会計士であれば、

月間4,000元〜6,000元の顧問料で契約することが可能。

台湾起業を相談できるサイトは以下の2つ。

  1. https://www.jetro.go.jp/services/advice/
  2. https://www.dreamgate.gr.jp/contents/faq/f-international

まとめ 

台湾で起業するメリットとデメリットとは?

注意点を知らないと破滅?

資金や起業ビザ、日本人の起業家におすすめのアイデアは輸入?.

台湾で起業する日本人は多い

それは、単純に台湾が好きであったり、

台湾に住みたいからというのもあるだろう。

だが、一番の理由は、自分が日本人であり、

勝負する場所が台湾だからこそ成功すると思い、

起業する人が多いのではないだろうか。

起業ビザを取得するためには、

台湾で起業するにあたって必要な資金はNT$50万、

会社を継続させるためには年商NT$300万の売上額がなければならない

また、企業は自営業ではなく、

有限公司か股份有限公司として設立しなければ、

起業ビザを取得することが出来ない。

日本人の起業家におすすめのアイデアは、台湾の商品を輸入すること

中国製よりもクオリティの高い台湾の商品を、

現地で実際に手に取ってみて、選んだものを安く仕入れる。

そして日本に高く輸出することで、利益を得ることが出来るのだ。

スポンサードリンク