コミュニケーションの訓練を大人がするなら?発達障害や自閉症(スペクトラム)、アスペルガーのコミュニケーションの訓練や訓練施設(九州や名古屋などの大人や子供向け)、ゲームやアプリ、PDFや講座、会話などの方法について

スポンサードリンク


当然ながら、日本では学校はおろか会社に入っても

コミュニケーションの訓練などされず、個々人の自己研鑽に

委ねられている。

だからこそ、コミュニケーション力を高める意識がある人と

ない人でどんどん差がついていくことに。

この記事で訓練のコツを紹介しよう。

スポンサードリンク

有効なコミュニケーションの訓練法

スポンサードリンク

まずは、コミュニケーションに限らず

何かを学ぶ時の基本だが・・・

すでにうまくいっている人を身近に置き、

自分のできるところからコピーしていくこと。

より良い会話法を習得する場合なら、

コミュニケーション上手な人を見つけ、

一緒にいる時間をまず増やす

そして表情や態度、醸し出す雰囲気や使う言葉、

相づちのタイミング、どんな質問をしているか・・・

そういったところをじっくり観察して学び、

メモをする。そして、一人の時にそれを実践してトレーニングする

彼と芸風が似てきたり、気づかないうちに

口癖がうつっていたらしめたもの。

そして訓練ということであれば、

新しい人と話さなければトレーニングにならない。

話しやすい身近な人を対象にしてしまいがちだが、

やはり慣れた相手だとコミュニケーション能力や心の筋肉に

負荷がかからないため、新しい人を相手にすることが大切

今は幸いなことに、SNSで外国人も含め

様々な人と出会うことができる。

コミュニケーションを訓練するのにうってつけの環境だ。

直接会う時間がないなら、SkypeやZoomを使い

オンラインで会話することも十分な練習になる。

コミュニケーションの訓練に関する勘違い

コミュニケーション力を鍛えようとする時にやりがちな失敗は、

「質問上手」を目指そうとしながら、

ただ尋問のように質問を並べていくこと

特に初対面の場合は、あなた自身のことを

話さないと相手も心を開かない

キャッチボールを意識しながら会話を進めると同時に、

相手が答えたくないような質問は避けるようにしたい。

また、コミュニケーションの訓練というと

面白い話をできるようになろうと新しい時事ネタを

どんどん入れていこうとする人がいるが・・・

表面的な会話にしかならない話題では、本当に

相手の感情を動かすことはできず盛り上がりに欠ける。

おすすめはあなたや相手の家族の話題、恋愛、

仕事の愚痴(ただしやりすぎに注意)、小学生の頃の話題だ。

コミュニケーションの訓練施設を紹介。九州ならどこ?

九州にはオススメしたい施設が2つあった。

紹介したいひとつが、セミナーに参加するという形のものだ

これはコミュニケーション能力をさらに高めたい!という方に向いている。

「コミュニケーショントレーニング九州」というグループが、

福岡・鹿児島・沖縄にて

まさにコミュニケーションを中心とするセミナーやイベントを開催している。

セミナーというと、もちろん勉強になることは多いのだが、

大人の勉強会、という感じが楽しい。

(あたりハズレはあるが・・・笑)

コミュニケーション訓練をグループで訓練できるのも魅力だ。

必然と他人と話す機会ができることになるメリットもある。

そしてもうひとつご紹介したいのは、

スポンサードリンク

「障害」に悩んでいる方へ向けて。

コミュニケーション訓練を専門とするST(言語聴覚士)

いう方の存在を知っているだろうか。

介護のジャンルにおいて(2019年6月現在では)唯一の国家資格。

九州にはSTがいる病院がいくつもあった。

その中で、「福岡みらい病院」という施設を紹介する。

さすが大きい病院でSTが12名在籍している。

コミュニケーション訓練に介護が必要な患者に向けて

1対1での言語理解訓練、発語訓練などを使い

聴く・話す・読む、などの総合的な機能訓練を行ってトレーニングできる

障害なんてないって思っている方も、実は・・・って人も多い。

気になったら受診してみるのも良い。

障害には、難聴、言葉の発達、失語症あたりが良く耳にするところだろう。

この福岡みらい病院では、

自閉症を含むさまざまな障害・病気の幅も広く受け付けている。

自閉症(スペクトラム)や発達障害、アスペルガーの人のコミュニケーションの訓練の方法としてゲームは有効?大人で大丈夫?

コミュニケーションの訓練法として 「デジタル薬」と呼ばれるものが話題になった。

驚くことにテレビゲームをして

自閉症スペクトラム障害(ASD)や

注意欠如・多動性障害(ADHD)の症状を緩和するといったもの

アクション系のゲームなどで感覚刺激などを与えるという目的。

非常にユニークでおもしろいのだが

この楽しいコミュニケーション訓練は、

自閉症(アスペルガー症候群)の方や発達障害における

想像力と創造性の障害の部分には、刺激を与える。

一人でいながらできるゲームだからこそ、

大人でも手を出しやすいのではないだろうか。

ゲームの種類は今やたくさん発表されている。

小さな子供むけのものまであり、

コミュニケーションの訓練を必要とする子供は、

楽しみながらできることで進んで「やりたい」と

いう思いを持たせることもできる。

アナログゲームも効果がある。

デジタルとの大きな違いはやはり生身の人間とトライするということ。

昔、流行ったカードゲームと似たルールのものや、ボードゲームなど。

デジタル、アナログのどちらのゲームにしても、

・ゲームをするということで競い合う 

・ルールを守る仲間という2つの認識が自然とできることが最大のメリットといえる。

また、重度の自閉症患者のためのアプリ「Voice4u」

(ボイスフォーユー)というものが開発された。

これは感情表現が苦手な障がい者の気持ちを

文字ではなく「絵」で感情や状態を表すためのもの。

より簡単・スピーディーに感情表現をすることができるという画期的なアイディアだ。

症状により、ものは選ぶ必要があるが

どれも子供から大人までがトライすることが可能だ。

まとめ

「コミュニケーション」に対して症状や悩みをもつ方の内容は、さまざま。

また、その対処法もさまざま。自分にあった対処を探す必要がある。

デジタル薬などの「遊び型」のコミュニケーション訓練は

楽しみながらチャレンジできる代物だ。

コミュニケーションを訓練しようと思うなら、行動をするということが大切

挑戦してこそ、きっと自信にも繋がるだろう。

コミュニケーションを訓練したいと真剣に考えたことは?

俺の場合は、ニュースレターの中で何度も語っているが

霞ヶ関の監査法人で上司にいじめられていた時(笑)。

そして、和光でダイレクトマーケティングビジネスを始めてから

新しい人にガンガンプレゼントをする必要に迫られてからだ。

スポンサードリンク