マニラ・マカティの治安って?ゴーゴーやマッサージ、グルメなど観光の地図…レストランやKTV、マカティ地区のホテルも紹介

スポンサードリンク


フィリピンの大都市マニラ・・・その中でもマカティは世界中の

コールセンターや子会社・支店がひしめくグローバルシティ。

日本人が駐在先として指定されることもあり治安が気になる。

悪名高いマニラだが、その中でもマカティはどうなのか?

リアルな状況について現地在住者が語る。

スポンサードリンク

マニラでも別格。マカティ地区の治安の良さ。シャングリラマニラやパレスホテルマニラは会議などにも…ホテルのおすすめはシティガーデンホテルマカティかニューワールドマカティホテルマニラ?空港からどれくらい?日本語スタッフがいて高級。IMHOTELの人気は?格安の日本食やプールが楽しめるのは?

マカティは、フィリピン人の仲間が

お墨付きをつけるほど治安がいい。

日本でも通り魔や変質者が増えていて一人歩きが怖いが、

マカティでは現地人の女性も夜一人で歩いているほど。

これは街の衛生とともに、フィリピン政府が

治安維持に力を入れる5%の地域だからこそ。

そもそもフィリピン自体が危険な国というのは

大方誤った意見。

マカティやフォートボニファシオ、

セブシティやボラカイのようなビーチリゾートについては

あなたが思うほど危なくはない。

マカティでも当然、スリや置き引きに気をつけ

気を緩めないのは当然のこと。

マカティのグリーンベルトのような高級モールには

外国人も多いし、現地人でも変な人はそうそうやってこないので

マニラの他の場所より安全なのは確かだが。

また日本語が流暢なフィリピン人や、現地に溶け込んだ日本人。

彼らには裏があることが多いので(笑)気をつけてほしい。

店や銀行の入り口には銃を持ったガードマンがいるが、

彼らがあれを発砲する機会は実際はないだろう。

ただし銃社会のフィリピン。

悪党にとっては抑止効果になる。

移住前にトライアルで数カ月住んだのが、

日本人の中に異常なファンもいるマラテ(笑)。

この地域がマニラの中でも

ネガティブな面でそれなりに有名なことから、

マカティの良さが浮き彫りになった。

マニラの中でマカティが特別なのは、治安以外にも…マッサージやスパ、ゴーゴー、KTV、レストランでの夜の食事、ブルゴスなど周辺の観光は地図で一人歩き大丈夫。マニラの空港からマカティへの移動、マニラマカティ賃貸物件費用は事前にチェック

9992268724_231f0cc176_b

坂がない

これはマニラ全体にも言えるものの、特にマカティは

銀行やショッピングモール、駅やレストランなど

どこへ行くにも徒歩圏内。

坂がないことは、かなり好ましい条件。

俺は地元では、和光市駅に行くまでに必ず

心臓破りの坂を上らなければならなかったので(笑)、

このありがたさが身に染みる。

あなたがそれなりに歳を重ねているなら、

この環境はことさらにありがたい。

街が綺麗

綺麗と言っても銀座のような街並みにはまだまだだが、

それでも小便くさいマニラの多くの場所と比べても(笑)

マカティは十分に綺麗。

物価も人件費も東京の比ではないのだから、

多少トイレが不便でも個人的には許せるレベル。

医療のレベルが高い

特に東南アジアなどへの移住では

医療に不安を持つ人もいるが・・・

フィリピンに関していえば、アメリカで先端医療を学んで

持ち帰った優秀なフィリピン人医師も多く、例えば

マカティメディカルセンター(MMC)にもこうした専門家がいる。

あの日本の有名なビーチバーレー選手に似た

美人フィリピーナの医師は、日本語まで話せて驚いたが(笑)。

食事のレベルが高い

フィリピン料理はもちろん、フィリピン人の好きな

パスタやピザを提供するイタリア料理、韓国料理、

中華などあらゆる国の食事を楽しめる。

俺がchryss達と行ったシンガポール料理も

なかなか美味しかった。

27218304923_c6cca658ea_b

日本人にとってマカティがいいのは、リトルトーキョーで

現地の日本人が提供する本格的な和食も楽しめること。

秋田の血を持つ俺が、日本でも食べたことがない

きりたんぽをここで初めて食べたという衝撃(笑)。

ただマカティの難点は、夕方などコアタイムは

タクシーが異常につかまらないこと。特に雨の時などは

ほぼ不可能と考えていい。

Grab Taxiをつかいたいのだが、マニラには

規模に比べてそもそもGrabドライバーが少なすぎる。

マニラに移住するなら取っておきたいのは・・・

語ってきたように、マニラの中でもマカティは特別。

俺自身、海外移住で初めて住んだのは

マニラのマカティだった。

 

お伝えしたような理由から、マニラに治安の悪い

イメージを持っていた日本人にも、不動産や事業投資を

入り口としてマカティという都市が知られることとなった。

実際に渡航を繰り返し足を運ぶ中で「ここなら住める」と

思い始め、コンドミニアムなどを検討する人も増えている。

まさに旦那さんと幼い娘さんとマニラに移住してきた

ヒロコさんもその一人だった。

彼女は違う形で長期滞在をしていたが、あなたが

これからマニラ、特にマカティを検討するなら

フィリピンの永住権を取ることをお勧めしたい。

俺がマカティに住んでみた感想として、住み心地が良く

便利なだけに、あなたの滞在が長期もしくは永住になる

可能性が大きいので(笑)。

特に年齢制限のないクォータビザは資産の縛りもなく、

また更新料も小さいので便利。

ただし日本人には年間50人への割当という狭き門なので、

多くの日本人が殺到する前に動いておきたいところだ。

スポンサードリンク



コメント

  1. まあや より:

    食と医療面がいいのは魅力的ですね!!
    一度はいってみたい!

  2. みかわやこうみどう より:

    フィリピン料理は興味があります。ベトナム料理は日本人の舌にあうとか。
    医療面が優れているのは押すべきところですね。
    移住を考える方は、勇退された方が多いでしょうから、そういった方には「坂が少ない」「日本語通じる?」は重要なポイントかも知れませんね。