田舎移住に失敗する人が続出!その知られざる問題点とは?

スポンサードリンク


都会は人が多すぎでうざい。マジで田舎に移住したい

そんな声は日本にいた頃からよく耳にしていたが・・・

実際は、行動に移して失敗する人が多い現実。

考えてみれば当然だが、田舎移住が魅力しかないのなら

東京や大阪、名古屋のような大都市にばかり

これだけ人が集中していることはないだろう。

今回は、田舎移住に失敗する人の例と

その対策について語る。

スポンサードリンク

田舎に移住して失敗する人が後を絶たず。その後悔の理由とは?

30928527706_01cf372f82_b

田舎移住の高いハードルになっているのが、

生活を始めてもそれを継続できないこと。

その最もネックになるのが生活の糧、つまり仕事だ。

後輩のテツが不安なのも、まさにこれ。

あなたがすでにリタイヤして年金があったり、十分な

家賃収入といったベースがない限り、移住した田舎でも

何らかの仕事を継続する必要がある。

普通に就職したくても、田舎には会社自体が少ない。

そもそもこれが理由で、みんな仕方なく

大都市とその近郊に住んでいる。

田舎には老人が多いので介護の仕事の需要はあるが、

情熱がない限りこれもなかなか厳しい。

移住先が観光地であれば、ガイド。

さらには宿泊施設・飲食店での勤務、または

それらの経営が選択肢に。

そうでなければ、田舎ということで

農業を想定しがちになる。

しかし農業というのは、天候を始め様々な条件に

左右されたりと、素人の移住者が一朝一夕に

安定した収入を得られるものではない。

何しろ、最初の収入を得るためにどれだけ

時間がかかるのか、うまくいくのか

予測しづらいというのが問題。

これを解決するためには、まずは農村のような

完全な田舎にいきなりひきこもるのではなく、

その近くの比較的人口の多い都市に移住し仕事を探すこと。

最近は地方都市なら就職口が増えてきており、

選ばなければ働くのはそれほど難しくない。

これが田舎移住の現実・・・

そもそも田舎には閉鎖的な環境が多く、都会から来た

新しい者をすぐに受け入れてくれない雰囲気が。

だからこそ、まずは移住体制ができている

地方都市に移る。

そこから最終的に住みたい田舎の土地に足しげく通い、

現地の人と信頼関係をつくることが必須。

一方、海外移住に比べ、日本の田舎に移住する場合

避けられないのは高い税金や光熱費。

何より、日本にはどこに住んでも

自然災害のリスクがあるのはご存じの通り。

北朝鮮問題がそうだったように、再び

この国が戦時下になることも否定はできない。

さらにいえば、経済破綻が首都直下型地震や

東海大震災をきっかけに起きた時、やはり

田舎でも経済的な打撃の影響を受けてしまうこと。

個人的な理由になるが、田舎にいても

花粉症に苦しむのは耐えられない(笑)。

あとは寒い冬も・・・四季や気候については

人それぞれの好みだが。

田舎移住に必須なのは貯金?

農業やITであなたに経験や知識があり、

勝算を見込んでチャレンジできるのなら・・・

当面の生活費の分を貯金でまかないながら

田舎に住むのもいいだろう。

そうでない限りは、都会が嫌だから

とりあえず仕事を辞め、貯金だけでしばらく

田舎暮らしするというのはおすすめできない。

何しろ俺がマニラに移った当初がそうだったように、

慣れない土地で収入の不安を抱えながら生活するのは

本当に楽しくない(笑)。

ここで田舎移住を目指すあなたにアイデアを。

少なくとも、昔よりは田舎移住がしやすくなっている。

それはインターネットがすでに普及しているから。

発想を変えれば、

農村で農業に従事する必要もない。

楽しい移住を継続するなら、オンラインでの

ビジネスを今から準備し、安定させてから

現地に赴けばいい。

配送の不便さなどを考えると、物販

つまり物を流通させるよりも、情報伝達が中心の

情報発信ビジネスをおすすめしたい。

まさにこのブログのようなスタイル、そして

メールマガジンで情報発信するのも一つ。

幸い日本では、田舎でもほとんどの場所で

インターネットが利用できる。

ネット状況は要になるので

下見の時点で確認しておきたいが・・・

それさえクリアしていれば

田舎で生活費を抑えながら、大都市で働くのと同じか

それ以上の収入を得ることが十分に可能。

田舎の人達とコミュニケーションを特にとらず

豊かな自然とのんびりした雰囲気、コスト低減という

メリットだけを享受したいなら一考の価値がある。

それでも田舎が人気の理由

田舎暮らしや地方移住、島暮らし・・・

要は都会の人混みや人間関係に疲れた

俺のような人間が(笑)、人の少ない地域で

のんびり生活したり子育てしたいということだ。

「やっぱ移住するなら田舎やな」

下見なしでフィリピン移住した俺に対して、

神戸に住む成田がそんな話をする。

彼の場合は海外よりも、国内の

田舎への移住に魅力を感じている様子。

日本人の中にも数が増えてきた海外移住に対して、

あえて日本国内の田舎に移住するほうを選ぶという

彼のような人も多い。

まずは、わざわざ海外に行かなくても田舎に行けば

人の混雑や満員電車、通勤地獄とも無縁になり

十分のんびり暮らせるということ。

移住後の生活費についても、日本の田舎なら

家賃を始め安く済む場所はいくらでもある。

母ちゃんと観ていたTV番組で紹介されていた、

長野のあの広い一戸建てが月50,000円なのには驚いた。

工夫すれば自給自足できるし、おすそ分けの文化があり

食べるのに困らないのもいい。

物価や人件費、家賃・・・

基本的にそのどれか、または全てが下がる。

例えば妹のリエがアッキと地方移住した沖縄。

東京よりも広いのに、家賃が格段に安いと喜んでいた。

そして彼らの大好きなお酒や焼き鳥も安く、それだけでも

地方移住してよかったと(笑)。

次に、日本の田舎は自然が素晴らしいという点。

日本は都市部以外は自然が広がっているので

綺麗な海や川、山でキャンプなどアウトドア

アクティビティを楽しめる。

最後に、移住しても日本の利便性を

そのまま田舎で享受できること。

当たり前だが同じ言葉でそのまま暮らすことができ、

世界でも有数の安全さや食べ物の美味しさ。

またインターネット通販が田舎でも普及したことで、

必要なものはすぐに買うことができ生活にそれほど

不便を感じない。

それ以外では、移住する場所を選べば

親切で情のある人達が田舎には少なくないという意見も。

家族のような人とのつながりが復活する。

移住先のお隣さんとおすそ分けをし合ったりして、

田舎で食べる物に困っていないと語る

安西のような男も確かにいた(笑)。

東京は特により良い条件の仕事を求めて

上京してくる人が多く、近所同士の付き合いなど

ないのが普通。人間関係が希薄になる。

一方、田舎では小さなコミュニティで数少ない人達が

支え合いながら楽しく暮らしている場所も多い。

顔が見れるお付き合い。人と人とのつながりという、

本来の温かさを移住後の生活で取り戻せる。

気楽に暮らしたい人には都会もいいが、より温かみのある

個性が尊重される近所付き合いやコミュニティが欲しい人には

田舎移住が向いている。

何しろ子育てに田舎は最高で、移住後に

子供達がのびのびと成長できる。

あなた自身も自然に囲まれながら

ストレスなく、移住後の人生を

ゆっくり考えることが可能に。

人気の移住先

俺の地元の埼玉から近い順で人気の地方を見ていくと、

まず山梨

ここには、マニラにいるリリベスさえ知っている

富士山がある(笑)。大自然と都内へのアクセスの良さが

移住後の魅力だ。

首都圏から遠くもなく、俺の大好きな「ほうとう」が

本格的な味でいつでも食べられて魅力的。

だがやはり、富士山の噴火は怖い(笑)。

そして冬でも雪の心配がなく、やはり

都心へのアクセスが良い静岡

長野も自然が豊かな魅力的な場所。

大好きなおそばや、よくツーリングで訪れて

雰囲気が好きな街・松本や軽井沢が。

フィリピン移住が頭になかった頃は

本気で現地の下見までしたほど。

ただし冬の寒さが厳しすぎるのを知って

断念した程度の甘い情熱(笑)。

関西なら岡山

自然災害が少なく空港があるのがいい。

それ以外なら、島根福井辺りも人気だ。

こうした地方では現地での福祉サービスや、

移住者の受け入れ態勢の良さも

人気のポイントになっている。

まとめ。田舎に移住するなら準備と下見を入念に

人混みが大嫌いな俺(笑)。このフィリピンに移住して

いなければ、国内なら間違いなく地方が選択肢だった。

かつて人の心をつかむ天才といわれた田中角栄元首相が

まさにイメージしていた、地方都市の活性化。今の日本の

この傾向を彼が知ったら、笑みを浮かべることだろう。

田舎移住の魅力は、俺のような人混みが嫌いな

あなたにとっては(笑)とにかく待つことが少ないこと。

ストレスだらけの満員電車や渋滞とも無縁。

これは一時帰国してお墓参りに行った秋田市内を

1時間車で回っただけでも感じた。どこも駐車場に

スッと停められる。

一時移住した群馬の高崎もそうだった。

海沿いは津波、また山間部では土砂崩れに

気をつける必要があるが・・・

田舎には大地震の時にも高層ビルや

密集した建物がなく、移住後の有事に

生き延びれる可能性が高い。

田舎移住を成功させるためにも、特に収入面の準備と

現地への下見には手を抜かないようにしたい。

スポンサードリンク



コメント

  1. ヒテリ より:

    移住するのが農村なんて考えたことなかったでもなかなか良さそう家もいるし鶏もいたりのどかで良い感じ人間だけじゃないんだよねって言うことをわからせてくれる動物と一緒に矯正するっていうのがどれだけ楽しいことかのんびりした時間も楽しめる猫見ていると癒されたりするのと同じように家を見ていても癒されるだろうきっと面白い経験ができるんだと思うなかなか自分の中ではアイデンティティーが確立しないがでも実際に行ってみたら実際に楽しみだと思う自分の中でも長野のほうに行ってみたいと思ったことあるが農村と言うともっと違う感じもっとひらがな漢字田んぼ匂いが何かあったりおばあちゃんが腰を曲げて歩いていたりなどそういったイメージ自分なりに面白そうな農村をチェックしてみたいと思う

  2. makostyle より:

    自然と戯れる仕事は私にとっては魅力的です。ただ気象条件など人間ではどうしようもない不可抗力が関係するので難しいだろうなとは思いますし、案外設備投資が必要だったり儲からなかったり、考えるところはありますよね。魅力ですが・・・

  3. ユウゾラ より:

    田畑が広がる地域に住んでいる私は子供の頃は田んぼの仕事をする方を大変だな、大人になってもこんな仕事はしたくないなと思っていました。しかしいざ大人になるとこういった仕事がしてみたいと思うようになりました。

  4. かおるママ より:

    大自然での生活に憧れますが、生計を立てるとなると下積みが大事ですね。農業で成功するのもなかなか難しいところですし、やはりこのご時世はネットビジネスなのでしょうか。ただ漠然と田舎暮らしがしたい!というだけではよほどの貯蓄がない限り無理があるということが分かります。先々はのんびりゆっくりと生活したいということが理想でもありますので、時代の流れについていきたいと思います!

  5. あい より:

    都会に住んでいた人が脱サラして田舎に住むといったことを聞きます。
    もともと田舎に住んでいるので
    都会の暮らしに憧れます!!
    田舎での仕事は限られているので
    バリバリ働きたい人にとっては物足りないでしょうね。