フィリピンの女性はかわいいけどしつこい?性格の特徴や恋愛、結婚について

フィリピンの女性と付き合ったり国際結婚したいと

真剣に考えても、日本にはフィリピン人への偏見を持った人が多く

意外と相談できなかったりする。

そこでこの記事では、フィリピン女性がパートナーの俺が

彼女らの性格や結婚について紹介する。

フィリピン人の女性と恋愛する前に知っておきたい性格の特徴!かわいいけど…しつこいって本当?

フィリピン人女性と恋に落ちると、彼女たちの深い愛に飲み込まれて

彼女たちの性格をよく知らないまま交際を始めてしまうことがある。

結果として、喧嘩したときや別れるときに大変な修羅場になることがある。

フィリピン人は、感情豊かで愛情深い国民

だということを知っておく必要がある。

フィリピンの女性は明るく感情表現が豊かで、家族や恋人への愛情が本当に深く、

自分を犠牲にしても家族のために一生懸命働くし、恋人にもすべてをささげる

しかし、愛情の深さと同じくらい嫉妬心やしつこさも強いようだ。

フィリピンでは、おもに男性が女性にアプローチをするから女性がかなり積極的に

アプローチをすることは多くはないが、最近は女性からのアタックも増えてきた。

日本人女性よりかなり大胆に来るし、断っても何度もあきらめずに来る。

視線を頻繁に合わせてきたり話すときの距離が近かったり、

日本人がなかなか言えない「愛してる」のような言葉を何度も使って迫ってくる。

アプローチを受ける男性の受け取り方にもよるだろうが、

自分としてはかなり重く感じだ。

フィリピンの女性は恋人になると変貌。仕事などおかまいなし。プレゼントが潤滑剤、浮気はタブー!

日本人より自分の感情に素直に、またそれを大切にして生きているフィリピ―ナと

付き合い始めるとどうなるのか?

恋人への独占欲は日本人をはるかに超えていて、常に恋人の行動を把握しないと

気が済まない。

どこで誰と何をしているのか1日に何度も電話やLINEがくる。

返信が遅いと機嫌を損ねてしまい大変だ。

仕事が長引いていると伝えても、男友達と飲んでいても

女といることを疑って、そこに押し掛けてくることも珍しくない。

だから、時々はプレゼントを渡そう。

多くの日本人女性よりもずっと素直に、小さなお花でも喜んでくれる。

日本人にとっては、気恥ずかしい大げさな愛の言葉も日ごろから、

ささやかなければならない。彼女たちは常に愛されることを望んでいるからだ。

こちらは「独占欲」と考えるが、フィリピ―ナにとってそれは「愛」なのだ。

その愛を受け取るだけではだめで、フィリピ―ナが尽くしてくれる分だけ

こちらも尽くさなければならないのだ。

だからこそ、浮気は絶対に禁物。

発覚した時の激しさは日本人女性の比ではないので、

するなら刺される覚悟で(笑)。

フィリピンの女性と上手に別れさせる方法は?

フィリピン女性のほうから別れを切り出してきた場合は、

こちらはショックかもしれないが我慢すればなんとかなる。

しかし、こちらから別れを切り出す場合は一筋縄ではいかない

フィリピン女性は良くも悪くも情熱的で、彼女から自分への愛が深いほど、

別れ話でも感情的になり、修羅場になることもある。

俺の友人の駐在員時代には、別れ話がもつれて女性が男性を刺してしまう事件が

よく起きていたと言っていた。

円満に別れる方法は、やはりきちんとフィリピン女性に納得してもらうことだと思う。

いろいろなやり方があると思うが、俺の知り合いは、

フィリピン女性にすがられてなかなか別れられなかった。かなりしつこかったようだ。

女性は俺の知り合いから経済的な援助もあり、それがなくなることが

不安で別れられない部分もあるのだろうと見受けられた。

知り合いはいろいろ悩み、お金を渡すことで彼女の不安を消すことにした。

何とか別れることができ、その後問題などは起きていないようだ。

言い争いや喧嘩、または突然姿を消すと言うことはお勧めできない。

感情のままに生きるフィリピン女性だ、

他の日本人や親戚などあらゆる方法で探さないとも限らないし、

お互いに後味が悪い思いをすることになるからだ。

フィリピンの女性との国際結婚で知っておきたいこと

打算で結婚することが多い

今も昔も多い、自分より二回りも若いフィリピン女性と

国際結婚する日本人の高齢男性。

若くてかわいいだけで近くに置いておきたいのは

もちろん(笑)・・・

自分が先立つことが分かっているから、

ホスピタリティがあって介護の得意なフィリピーナに

老後の面倒をみてもらおうという思惑もある。

一方のフィリピン女性も、相手がご高齢でも日本人と国際

結婚できれば日本に住めたりいつでも来れる。

フィリピンよりずっといいお金を稼ぎ、日本な日本で

子どもを育てることができるというメリットを知っている。

ひどい人になれば・・・

その結婚相手も高齢でそれほど長くはないから、日本での

永住ビザを得たまま晴れてひとり身に戻り、若い男性と

一緒になれるなんて考えているとか(笑)。

そのフィリピン女性が綺麗な顔をしていても、彼女達が

本当に大切なのは自分と本国の家族の人生であり、そのことを

いつも考えていること。

残念だが、この事実を知った上で国際結婚を考えてほしい。

もちろん全員がそんな打算なことはありえないので、

もしあなたが映画「soul man」のような人種を超えたピュア

な恋愛をできたなら、それは素敵で幸せなことだ。

離婚制度がない

フィリピンにはキリスト教の関係なのか、

日本のような離婚制度自体が存在しない。

「裁判官が、その結婚が不当で初めから存在していないと

判定した場合、婚姻を解消できる」というアナルメントという

方法を取って別々になるしかない。

これには数百万ペソと、数カ月では足りないほどの時間が

かかり、日本人にとってもそれなりの経済的負担と

精神的負担がかかる。

しかもコネ社会のフィリピンでは裁判官のさじ加減で

変わるところがあり、何年もの間、特に気持ち的に

不安定な生活を強いられかねない。

事実婚が多い

上で語ったアナルメントのことを考えたり(フィリピンでは

お金持ち以外はアナルメントができない)、いろいろな法的な

義務を嫌って、形式婚をせず事実婚をしているカップルも多い。

彼らは普通に同居し、子供を作って育て、

親戚同士の交流もする。

もちろん、あなたと相手との真剣度合によるが・・・

日本のように紙切れ一枚で離婚できないことを考えると、

日本人のあなたがこの事実婚を選ぶのもアリなのかもしれない。

フィリピンの女性と結婚しない場合。ビザ取得業者の惨状

あなたが結婚ビザを期待しているなら、

もちろん上で語った事実婚は許されない。

永住権は欲しいが、いざというときの

アナルメントのややこしさや、別れた後に

フィリピンに住めないのは困る。

そんな場合、リタイアメントビザかクォータービザを

検討することになる。俺はクォータービザを取得した。

クォータービザの実際の取得手続きは

自分で行うわけではない。

フィリピンの役所と個人でやり合うには、あまりにも

時間と労力とストレスがかかる。しかもクォータービザの場合、

力のある業者を通さないと取得できないという現実も。

取得後のケアの問題もあるので、この業者選び

非常に重要になる。ここで失敗すればフィリピンでビザが

取れないとか、取った後のサポートがないといったことになる。

というわけでフィリピンに移住してから

ビザの取得業者について慎重に調べた。

時には現地在住の人から話を聞いたりもして、

アフターサポートまで含めて確実な会社を見つけるために。

過去に費用を持ち逃げされたという話も耳にした。

個人レベルで取得を請け負っている場合、いつ逃げるか

分からない状態にある。しかも最初は善意で取得を代行

しようとしていても、やってみたら上手くいかずに逃げる例も。

フィリピンの役所とのコネが思ったように機能せず、

結果的に相手をだましたことになる例もあると聞く。

26935976020_9ddaca00f9_b

マニラ在住の日本人にはフィリピン人と結婚している人も

いるので、親戚や友人の話を真に受けてコネが使えると

思い込んでしまい、それが問題になることもある。

最初のうちは善意である分、見抜くのは難しいのだろう。

重要な問題だけに、業者選びに失敗すると大きな

ダメージを負う結果になる。なかなか怖いところだ。

まとめ(フィリピンの女性歌手と付き合った経験より)

まだまだ恵まれない部分があるフィリピンでは、人と人とのつながりが深く、

彼らは家族や恋人を大切にする。

大切にすることは尽くすことであり、彼女たちは自分が尽くした分だけ

自分も愛されたいと感じている。

お互いが自立した恋愛を楽しみたいと思う人には、フィリピンスタイルの恋愛は

かなり重いかもしれない

恋愛は、お互いの価値観を知り、理解し、認め合わなければ継続できない。

フィリピンと日本が違うのは当然だ。

このフィリピンに移住して、現地人はもちろん、

アコさん始めフィリピン事情に詳しい日本人にたくさん会い、

多くの良い恋愛を見てきた。

どちらかが我慢するのではなく、お互いがその違いを知り、理解し、

認め合うことができれば、すばらしい恋愛ができる

コメント

  1. はなちゃん より:

    フィリピンには離婚制度がないんですね!
    初めて知りました。国際結婚するならきちんと調べてからでないと後で痛い目をみそうですね。

  2. ひかり より:

    事実婚って本当に相手の事を信頼していないと
    できないものですよね。
    いつか相手に逃げられるかもしれません。
    特に高齢の男性はふあんですね。

  3. JIまちが より:

    国際結婚はアメリカ女性とはしてみたいですが、フィリピン女性とは今のところないかな?笑

    魅力あるコンテンツに不可欠7月の要素メールマガジンのコンテンツをあなた自身が書こうと外部のパネリストが書こうと少なくとも柿の1つの要素は含まれていなければならない

    面白い注目に値する興味深い引用できる統計データ面白い難しい事柄をやさしく説明している感動させる秘密の共有

    どんなに専門家が夢だろうと退屈で中途半端な記事を出してくるようなことがあったら掲載してはいけないパネリストに頼む前に書いたものを確認し面白く今日的な内容であるかを確かめる上記の要素を含んでいるかも確かめる条件が満たされていないなら提供される記事も同様の可能性が高い

    中国には大するとは広める価値があるということがその記事が誰かに語りたくなる様な内容かどうか悪い話ですが興味深いものになりうる悪い話を面白く書いたらいけないと言う事は無い悪い話は気持ちを高めて終わる良い形にならない場合もあるマーケティングの失敗例を7つ紹介するこれなどは他人の不幸話を読んで喜ぶと言う人の野次馬根性狙ったもので同じ記事を悪いニュースと言う見出しあるいは副見出しで発行してバイト良いニュースとして発行した場合では悪いニュースの見出しの方が2倍も多くの人々を惹きつける残念なことだが事実である

    人は引用できる統計データを好む例えば商機を求める女性は求めない女性に比べ一緒でおよそ50万ドルを稼ぐ恋届け出た忘れないものだとは物知りだと思われたく機会があればうんちくを披露したいと考えているメールマガジンの発行者記事を書くものと白または貴重な統計データを提供できる

    1面白がらせ終わらせることで結びつきを生まれる人終わらせたり楽しませる事ができれば上交換を抱いてくれしてくれ何でも呼んでくれるようになる楽しさを加えつつ情報発信することで結果がついてくる自分を卑下して1終わらせるヴァイマル自分を貶めること言ってるのでは無い自分のことを面白おかしく話すのである読者に自分も同じ人間だと言うことを知ってもらうためだ失敗したこと馬鹿なことをしてしまった理由などを語る間違いを認めることです好感度が増私が自分の失敗について話すときには失敗から学んだことや同じような失敗をしないことで得をする件についても話をしている

  4. マックス より:

    私の住む田舎でもフィリピン人女性と結婚している、そこそこ年配の人は珍しくありません。高齢になって結婚相手を日本人に望めないと、フィリピン女性と結婚するというイメージがあります。しかしみんな結構若くてきれいな人が多くて若干羨ましかったりはします。へんなイメージが払拭されるといいのですがね(笑)。

  5. ともねーさん より:

    フィリピンに離婚制度がないなんて羨ましいですね。私はもし、家族や親戚に「離婚しろ」って言われたら絶対に嫌ですね。それじゃあ何の為に結婚したのかわからないですよ。

  6. ひろ より:

    離婚制度がないのはすごいですね。
    相手の事を本当に信用していないと
    一緒にいれませんね。
    事実婚が多いのは
    フィリピンの方が純粋な証拠なのではないでしょうか。

  7. もちもちたまご より:

    離婚制度がないというのは驚きです。お金がないと離婚できなくなることを考えると、事実婚が多いのも納得ですね。日本でいうところの離婚も増えているんでしょうから。

  8. みーな より:

    女性はどこの国でも計算しているな~と思いました。男性も若い女性の方がいいですし、両方とも利害は一致しているのでいいことだと思いますね。このような考えでも多くの子供が生まれればいいなと思いました。

  9. にこ より:

    離婚制度がないのは初めて知ったので驚きです。でもお金がない人が事実婚をするのは仕方のない現実なんですね。日本は制度もしっかりしてるんだなぁって改めておもいました。