フィリピン語で愛してるは?愛してるタガログ語、イロカノ語の翻訳、ミャンマー語で「愛してる」…多国語の表現は


 

フィリピン語で「愛してる」は、

一般にはマハルキタ

 

 

フィリピン人の言葉の種類がかなり多いことは、

意外と知られていない。

 

標準のタガログ語以外にイロカノ語など、

200にも迫る言語や方言の種類がある。

 

 

現地在住者によるフィリピン情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」

 

 

地域によって言葉や文化まで違うのがとても興味深い。

この記事で詳しく見てみよう。

 

 

 

フィリピン語の基礎。タガログ語で「愛してる」。愛してるタガログ語(タガログ語愛してる)、「こんにちは」と挨拶…「ありがとう」は?

 

 

フィリピンの言葉の基礎を紹介する。

 

 

「Magandang arawマガンダン アラウ」、

「Magandan tanghaliマガンダン タンハーリ」、

「Magandang haponマガンダン ハーポン」(タガログ語でこんにちは)

 

マガンダンの後に続く言葉は時間帯を意味している。

アラウは朝から夕方にかけて、タンハーリは正午

ハーポンは夕方に使える。

 

 

「Salamatサラーマット」(タガログ語でありがとう)

「Maraming salamatマラーミング サラーマット

(タガログ語で本当にありがとう)

 

最後に「po」を付け加えることで丁寧語になる。

 

「Mahal kitaマハル キタ」(タガログ語で愛してる

一番よく使われるのがこれ。

他には「Iniibig kitaイニヒビッグ キタ」などがある。

 

【フィリピンの言語文学は16世紀半ばに始まるスペイン統治以前は、

口承文芸が主流で英雄物語や神話などが語り継がれていた。】

 

 

最近、日本人留学生に人気が出てきているフィリピン言語留学

 

正直言うと、とにかく英語をみっちりと教え込まれる。

スパルタ式なので覚悟はしておいた方がいい。

ハズレの学校もあるので、学校選びは慎重に。

 

 

 

フィリピンの言葉(フィリピノ語/フィリピン語/イロカノ語)を翻訳するには?そもそも何語?英語も通じる?言語の種類と数を知りたい!国の政策と使う人の割合は?

 

 

フィリピンの言葉の種類は大きく分けて、

公用語である英語タガログ語に分かれる。

 

フィリピン語の数はたくさんあり、タガログ語やセブノア語

イロカノ語など、方言が加われば200にも迫る言語の種類。

 

 

フィリピン語を翻訳したい場合には、

Google翻訳アプリ(フィリピン語の翻訳サイト)がおすすめ。

 

簡単に翻訳できるのがうれしい。

 

 

フィリピンには約7,000もの島があり、言語がそれぞれの地域で

枝分かれするように発達していった。

 

フィリピン人はどうして英語を話せるのだろうか?

フィリピンの言葉の歴史はアメリカの植民地時代まで遡る。

 

【植民地時代のアメリカは、フィリピン人が話す言葉を統一させて

コミュニケーションを円滑にするために英語を徹底的に教えていた。】

 

 

フィリピンの言語で挨拶をする場合は、

 

「Magandang arawマガンダン アラウ/こんにちは」、

「Magandang umaga マガンダン ウマーガ/おはよう」、

「Magandang gabiマガンダン ガビ/こんばんは」などが使える。

 

フィリピン語を使う人の割合を見てみると、

1位がセブノア語、2位がタガログ語、3位がイロカノ語となっている。

 

【2013年にフィリピンの言語政策で、新規一般教育カリキュラムから

フィリピン語と文学を必須科目から外そうとする動きがあった。】

 

 

 

愛してるの多国語、フィリピンの言葉まとめ…フィリピンの言葉(フィリピン語)、言語の種類…翻訳するには?ミャンマー語とどう違う?イロカノ語の「愛してる」。「こんばんは」は何て言う?そもそも何語?言語はタガログ語以外にどれくらいの種類(数)で割合は?「おはよう」「こんにちは」などの挨拶や「ありがとう」、翻訳のアプリや英語など言葉の歴史と政策

 

フィリピンの言葉は、

時代の背景や地域の人たちによって作られてきた。

 

母国語には英語とフィリピン語(タガログ語)があるが、

言語の種類の多さには本当に驚く。

 

 

フィリピン人は英語が話せるので、

日本人でも英語が話せれば会話できるので助かる。

 

フィリピン語を学ぶにしても、幸いミャンマー語やタイ語、

インドのヒンドゥー語などと異なりアルファベットで表記されるので、

発音はそれほど難しくない。

 

骨太といわれながらも、意外と日本人でも独学

マスターする人がいるのはそのせいもある。

 

 

最後に、

 

器用さを活かしたいあなたへ。

 

コンサルになってフレンドリーな社風の会社を増やしていきませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 


メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 【 DAN 】 フィリピン移住と投資の専門家
投資とフィリピン移住を実現するために
DANの半生

▼CLICK自由への道

投資とお金の知識
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授