フィリピンのクオータビザは自力で可能?フィリピンの永住権とビザ…メリットと実情

フィリピンのクオータビザを自力でとる・・・・

これは無理ゲーなので(笑)、絶対にチャレンジしないこと。

唯一頼れる業者が、マカティにベースを置くリモンズだ。

現地在住者によるクオータビザの詳細、

フィリピンに住んでも尽きない安定収入を得る方法。

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

ご相談もいつでもどうぞ。

メールアドレス >

日本人が現地人との結婚や巨額の投資以外で

手に入れられる永住権と言えば・・・現実的には

マレーシアのMM2Hと、このフィリピンの永住権クオータビザ。

実際のところ、メリットはどれくらいあるのか?

エージェントに頼むと高額なので、自力で取れるのかも気になる。

フィリピンに移住したクオータビザ取得者が、

その特徴と魅力を語る。

フィリピンのクオータビザの特徴…自力では無理?

結婚ビザよりもずっと強い権利を持ち、

かつ金額的にも手が出そうなのは

今のところ、フィリピンの永住権クオータビザ。

預託金は不要。

約5,000,000円のお金を政府の指定する口座に入れ、

認定されれば、そのお金は自由に使える。

そもそもこのビザには年齢制限がなく、

かつ年間の更新料は1,000円未満と破格の永住権。

ただし、日本人への年間の割り当ては

たったの50人だ。

フィリピンの2つの主要なビザについて

フィリピンの場合には、リタイアメントビザや

永住権として主なものが2種類ある。

他にもフィリピン人と結婚した場合等のビザもあるが、

特殊な条件でしか使えないのでここでは割愛。

(adelとの結婚を考えていたときは

これが一番現実的だったのだが(笑))。

まず、1つ目はSRRVというリタイアメントビザ。

35歳以上

年齢によって違う預託金(途中で使えない)

1年ごとの更新費用360USドル

以上が条件。

なぜフィリピンなのに

ペソじゃなくてUSドルなのだろう(笑)。

最初はこれを考えていたが、コンドミニアムを

売った後の預託金や更新費用などの

ランニングコストもバカにならないと思い、考えを改めた。

また、預けたお金は自由に使えないことから

実質的には永住権取得のために

数百万円を払い込む形になる。

そして次が、今回紹介しているクオータビザ

手続き後のお金の自由度の高さはメリットだし、

何しろ更新費用がSRRVの4万円弱と比べ格段に安い。

これは積み重なると大きな差となる。

SRRVではなくクオータビザを取ることにした

フィリピンに移住してきた当初、観光ビザだけで

当分過ごすつもりだった。

その上でSRRVを取るというのが当初の予定。

しかし、この予定を変更して

クオータビザを取ることにした。

これは事実上の永住権であって、

特に年齢制限もない。

そのため、大好きなフィリピンにずっと住めるためにも

今のうちに取得することに。

俺がフィリピンでクオータビザを取っておいて

よかったと思ったのは、同じく日本人に人気の

マレーシアで永住ビザのハードルが上がってきそうなこと。

マレーシアのビザのハードルが上がれば、当然

移住できる日本人は激減。マレーシア在住者も

他国への移動を余儀なくされる可能性がある。

そうなれば、ビザの取りやすいフィリピンの人気が高まり、

枠が少ないクオータビザへの応募者が

今より増えるというシナリオも十分に考えられる。

そうなれば、クオータビザも高嶺の花になる日が

来るのかもしれない。それも、遠くない未来に。

あなたがもしフィリピンのクオータビザを

考えているなら・・・

年間50人から漏れないためにも

年内には準備を始め、年明けから

すぐに動けるようにしておきたい。

そして自力でこれを取ることは事実上不可能なので、

本当に信頼できる会社を選ぶこと。

このクオータビザ取得は、サポーターとなってくれる

業者選びが全てといっても過言ではない。

逆に言えば、信頼できるサポーターさえ見つければ、

必要なお金があって年内からの準備が可能なら

事はスムーズに進む。

フィリピンの永住権クオータビザで得られるメリット。このビザがフィリピンにあれば…

18512504160_4abe0d05b0_b

クオータビザ取得のメリットは大きい。

ビザというと政府が絡んでくるため、

面倒なお役所仕事との関わりを避けることができない。

何しろフィリピンでは観光ビザの更新でも

数時間から半日待たされたり。

意味の分からない理由で更新場所が移動していたり

休みになっていたりと、本当に振り回される。

永住ビザを持っていればこういった面倒な手続きは

不要になり、毎年わずかな更新料を払えばいい。

22021087101_3d12c56e0f_b

何より、日本と同じように

自由に帰って来ることができるのが魅力。

このフィリピンは入国時に日本への帰国用チケット、

または別の国への出国チケットが必要となる。

クオータビザを取れば当然

こういった準備も不要に。

また現地で仕事ができたり、

学校に通うことができたり。

現地での公共福祉といったサービスを

日本人でも受けられるようになる。

あまり知られていないが、永住権を持っていると

日本に帰国した時に海外永住者としての優遇が

受けられるケースも。

また、フィリピンの永住権を取れば

いつでも日本を離れ、こんな快適な南国で

生活することが可能に

2シーズンのみ。体に優しい

2シーズンといっても乾季と雨季だけで、

どちらも夏(笑)。

年間を通しての平均が30度以下と過ごしやすく、

日本の都会の夏のような不快指数の高さはない。

俺も和光から空港までのジャケット、そして

Tシャツと短パン以外は実家に置いて身軽に移住した(笑)。

フィリピンを第二の故郷にしておくと、まるで

パラダイスのような美しい海と快適なリゾートライフが

いつでも身近に楽しめるようになる。

日本の富裕層と同レベルの生活が送れる

物価と人件費の安さによって、例えば今俺がいるセブなら

月5,000円で買い物・炊事・洗濯・掃除をしてくれる

メイドさんを雇える。

またプールやビリヤード台、卓球台、ジムや

ちょっとした売店がついたコンドミニアムで生活できる。

生活費は、セブなら単身で月7万円以下だし

カップルでも10万円以下で余裕。

コミュニケーションに困難がない

日本語を話せるフィリピン人も少なくないのと、

そうでなくても馴染みのある英語が通じる。

彼らの英語力は高いが、あなたがカタコトでも

辛抱強く聞いてくれるホスピタリティも持ち合わせている(笑)。

中国人や韓国人の印象が良くない分(笑)、

親日な人が多いことも俺達にとっては嬉しい。

医療と食事に不満がない

OFWとしてアメリカなどの先進国に滞在し、

高度な医療を学んだフィリピン人医師は

マニラなどの大都市に多い。

特に高齢の日本人移住者が助かるところ。

また、やはり都会やリゾートでは移住した日本人が

提供する本格的な和食も楽しめるし、各国のレストランも

充実しているため、食で飽きることがない。

日本からの直行便の数と近さ

フィリピンから東京までは4時間程度で、

直行便が毎日運航している。

永住権を取得して移住した後も

心の距離を感じさせない。

まとめ。フィリピンの永住権を取るなら今すぐ行動を

このフィリピンに移住し、ビザを取って早数年。

周りに希望者が多いこともあり、

今回はビザについて語ってみた。

埼玉から単身マニラに移住した日本人である俺が、

なぜこんなに唾を飛ばしてフィリピン永住権を勧めるのか?(笑)

その理由が分かってもらえたと思う。

あなたは、フィリピン以外だと

どの国の永住ビザに興味があるだろうか?

永住ビザがあれば当然、

その国に安心して住めるが・・・

お金で買う永住ビザは先進国はもちろん、

新興国でもシンガポールのように

とても手が出ないものも。

また結婚ビザも永住ビザの一つとして語られるが、

当然現地人と離婚したらビザはなくなるわけで

やはり永住という点では不安定といわざるを得ない。

この機会にフィリピンのクオータビザを検討してみよう。

 

フィリピンが発展途上国ということもあり、

今はまだ諸外国に比べてゆるいが・・・

年々取得条件が厳しくなっている。

さっきも伝えたが、この永住権の取得には早めに動きたい。

コメント

  1. まあや より:

    南国っていいですよねー!日本より物価が安かったりするので日本人にはいいかも!

  2. みかわやこうみどう より:

    楽して暮らしたいというより、楽しんで暮らしたい、という方がフィリピン移住に向いていそうですね。医療がきちんとしているというだけで安心できます。