田舎移住に失敗して後悔する人続出!甘くないその現実とは?

スポンサードリンク


東京や大阪といった大都市に住む人が

人の多さや人間関係に嫌気がさし、考え始めるのが田舎移住。

しかしこれに失敗して後悔する人が、相変わらず減らない。

期待していたはずの田舎移住になぜ失敗するのか?

その後悔の理由を語る。

スポンサードリンク

田舎移住に失敗。その後悔の理由とは?

田舎移住を後悔する理由は、

大きく分けて仕事人間関係

海外移住と異なり国内の場合は、言葉や文化、

気候や物価といった環境にそれほど大きな違いはない。

結局、この仕事と人間関係が大きな理由となる。

田舎に移住しても仕事がないという人がいるが、

最近では場所によってはそうでもなく、また

以前に比べてずっと地方での仕事が増えてきている。

やはり、特に高齢化が進む地方では現地の仕事や

産業を引き継ぐための若い力が必要であり、移住者の

誘致に力を入れているからだ。

ただ当然、東京や大阪といった大都市よりも給与水準は下がる

後悔しないためにも、移住後の生活費をしっかり把握して

プランを組んでいきたい。

さらには、実際移住後に仕事を始めてみたら

聞いていた内容と違っていたケース。

林業をナメていた石川は、

あまりにきつすぎて初日に仕事を投げ出した(笑)。

こうしたことを避けるためにも、有楽町辺りで

よく開催されている、各都道府県からの代表が集まり

移住を支援するブース。

こういった場所で担当者の話を聞いたり、

仕事の相談をすることも一つ。

田舎移住後の仕事のマイナス面を補うために、

今やどこでも利用できるインターネットを活かして

移住前から自分のオンラインビジネスを立ち上げる。

俺自身がそうしたように、

あなたにもこれを勧めたい。

特に物が動く物販ではなく、情報を発信する

ブログやメルマガといった手法。これなら

ストレスなく移住後の仕事を楽しんでいける。

そして、もう一つの失敗の理由である人間関係。

今も昔も、田舎の人間の多くは

他から移ってくる人にオープンではない。

都会と異なり、誰がどんな家族構成でどこに住み

何をしているのかを把握する。

良いご近所付き合いができないと、

大都市よりもよっぽど息苦しい毎日になってしまう。

これを避けるためにも、最初は仕事が多い地方都市に移住。

最終的に住みたい場所が人間関係が濃密な田舎なら、

そこに足しげく通う。

完全移住してから後悔する前に、

事前に信頼関係を構築して受け入れてもらえる準備をしたい。

田舎移住の現実。軽く考えていると・・・

 

後悔の理由を他に挙げるなら、

利便性があまりに低い場所を選んで失敗するケース。

車がないとコンビニも行けないような

不便な場所に住んだ場合だ。

フェリーを使う離島のような場所も、

都会に住み慣れた人がすぐに適応するのは難しい。

日本は海に囲まれ、田舎は大部分が山林と川で成り立っている。

ご存じの通り地震国で、自然災害の影響を受けやすい。

場所によっては台風や土砂崩れの被害を受けやすいので、

移住する場所は慎重に選ぼう。

まとめ。田舎移住なら事前の下見を十分に

田舎移住を後悔する理由とその現実について語ってきた。

俺の場合は国内ではなく、

日本人男性に意外と人気の移住先(笑)フィリピン。

俺が単身ここに住み始めたのは、地獄のような

花粉症と冬の寒さから逃れたかったからだった。

似たような人をやはり引き寄せるのか、俺は

国内・国外問わず移住希望者に人気がある(笑)。

今は海外移住プロデューサーを名乗っているのも

そのためだが・・・実際国内の人気トップ5の県すべて、

また海外で人気の移住先に多くの仲間が移り住んでいる。

国内で人気の移住先と言えば・・・

長野県

妹が住んでいた松本にバイクで2回

ツーリングがてら遊びに行った。

確かに空気が綺麗で蕎麦やおやきも美味しく、

本当に良い場所。上高地は昔から観光地として人気がある。

約5分の1が自然公園になっているという自然豊かな県

であり、かつ医療や福祉が充実。長寿ナンバーワンの

場所でもある。

山梨県

言わずもがな世界遺産の富士山がある場所。

南アルプスという大自然が身近にあり、

一方で東京へもアクセスしやすい。

俺が個人的に大好きなほうとう。

あのかぼちゃと味噌の味が懐かしい(笑)。

富士山の噴火と

それに伴う地震はちょっと怖いが。

島根県

先輩の薫さんが出身の場所であり、

独特の神々しいオーラを放つ土地。

「何かに守られている」そう惹きつけられる

人が多いのか、特に震災後は移住先として人気がある。

静岡県

日本の中でも比較的温暖で、雪の心配がないことは魅力。

俺の出身地の秋田と違い、日照時間が長いところもいい。

移住後も首都圏へ容易にアクセスできるのも人気の理由。

岡山県

地震を始め災害が少ない点、また空港もあり

移住後に日本の各地に足を伸ばせる点も人気。

都会と田舎の両方を味わえるのは、

俺がいるこのセブになんとなく似ている(笑)。

それ以外にも、福祉の点などで移住先として

福井県が人気だったり。「移住するなら金沢が最高」と

言い切る厚もいる(笑)。

人気ランキングは参考程度に、やはり実際に

その土地に足を踏み入れてみるのがベストだ。

スポンサードリンク