フランスで就職したい!就職難の中、日本人が就職活動するには?現地の就職率など就職事情を見てみると…

スポンサードリンク


旅行地として人気のフランスだけに、

就職して現地に移住したいという日本人も多い。

ただ、それは思うほど簡単ではない。

言葉の点で不利になるのは容易に想像つくが・・・

それ以外にフランスで働くのが難しい理由とは?

スポンサードリンク

フランスでの就職はなぜ難しい?

ビザの問題

まずフランスでは、ビザが最長で1年(ワーキングホリデーの場合)。

学生ビザでも2年。現地の企業が就業ビザを出してくれれば

それ以上滞在できるが。

ただでさえ現地人でも就職が厳しいと言われる時代。

ビザに限定がある日本人を雇う積極的な理由が見当たらない。

言葉のハンデ

フランスはご存じの通り、自国の言葉を優先する国。

英語が話せる日本人でも、フランス語が分からないと厳しい。

ましてフランス語を学んでいる日本人でも、

仕事で使えるレベルとなると当然、それ以上を要求される。

文化の違い

「何か不測の事態が起きるのでは?」そう危惧される

遠い国の東洋人である日本人よりも、やはりフランスの

文化を知りつくしている現地の人が就職で優遇されるのは自然。

このフィリピンでもそうだが、現地企業への就職は

現地人を競争相手にすることになり、自ら激しい戦いに

身を投じることになる。

そして覚えておきたいのは、フランスは

日本以上に学歴社会であるという事実。

そう、学歴と職歴がかなり重視されるのだ。

フランスで就職するために仕事を探すには

パリなら、直接掲示板を見に行くことができる。

在仏日本人会の掲示板は有名。

またovniと呼ばれるフリーペーパーでも探せる。

現地企業には、日本と同様に履歴書を郵送するか、

直接手渡しする。

後者については日本では一般的ではないが、意外と

効果がある方法として知られている。

ちょうど人材を探しているオーナーであれば、

目の前にいるあなたを直接雇ってみようかなと思うこともあるはず。

そうなればラッキーだが、もちろん熱意が大切だ。

ネット上のウェブサイトで探すのも一つ。

POLE EMPLOIは、日本でいうハローワークが運営しているHP。

あと人気なのはmonster。

日系の仕事なら、先の在仏日本人会のサイトやハヤクー、

またfacebookのフランス関係のグループでも

就職先の情報交換がされている。

フランス語に自信がないなら、

日本人を相手にする仕事を選ぶのも一つ。

またHISなど日本の旅行代理店も選択肢になる。

一方、フランスにも和食のレストランは多くあるし、

特にパリだったら料理人の就職は難しくはない。

実際日本人パティシエも多いし、

ジュンも現地でバリバリがんばっている。

寿司職人など日本人独特の手に職がある人は

重宝される。料理の基礎を知っていて

日本で働いていたことがあれば就職は可能だ。

またあなたが美容師や理容師さんなら、パリでの

就職はしやすい。これはいとこの雄太もそうだった。

こうした日系以外で働きたいと就職活動を続けていると、

現地のイラン人や、イスラム国で揺れているシリア人、

アルジェリア人などのオーナーと接することがある。

何かと映画などで悪者のように演出されている彼ら(笑)。

彼らはなぜ、現地のフランス人ではなく日本人を雇うのか?

それは言葉や文化の違いがあり、日本人を低賃金で

長時間酷使しても訴えられる危険性が少なく、労働局に

駆け込む日本人はいないだろうと踏んでいるから。

日本人をいいように使えれば、オーナーにとっては都合が良い。

こうした事実も知っておきたい。

フランスの週35時間以内の労働という決まり、

そして最長5週間の長期休暇などを魅力に感じて

現地での就職を考え始めたのは、すぐに心が動くテツだった(笑)。

フランス料理の修行のために現地で就職したジュン。

彼から、かなりリアルにフランスでの就職事情を聞くことができた。

今回の記事を読んだ上で、フランスでの就職に

チャレンジしてみる気はあるだろうか?

スポンサードリンク