小さな資金で起業する方法とは?

スポンサードリンク


起業資金がないから独立できない・・・

そんな風に思っていないだろうか?

先日、抗糖化サプリメントでお勧めのものを教えて

くれた、佐藤先生。ビタミンダイエットを指南する医師

ではあるが、彼自身、栄養補給食品の紹介を事業とする

ビジネスオーナーでもある。

彼とザリガニカフェでお茶をしながら納得だったのは、

「どう起業資金を集めるか?」よりも、「少ない資金で起業

できる手段を選ぶ」ということ。

スポンサードリンク

起業にとっては常に悩みの種となる、始めるための資金

ホリエモンが語る起業の条件。

初期投資が小さいこと

固定費をかけないこと

利益率が高いこと

小さくても安定収入があること

まさに最初に資金について触れている。

俺自身、26歳で母ちゃんから教えてもらったダイレクト

マーケティングを和光で始めた後にこの4つの条件を

聞き、このビジネスの価値を再確認したのを覚えている。

あなたが今サラリーマンで、起業資金はほとんどないが

どうしても今すぐ独立したい。そして、それは日本で

あまりメジャーでないフィリピン料理を日本風に

カスタマイズし、日本受けする形で提供するレストランで。

そう仮定しよう。

確かに、あなたが信用のある企業にある程度の

期間問題なく勤続していれば、銀行から融資を

受けることもできるだろう。

日本には起業支援制度もあり、ビジネスを始める

ための資金をそこから得ることもできる。ベンチャー

キャピタルも利用できるし、友人から少額ずつ集める

ことは、起業資金の準備に多くの人がとる方法だ。

しかし俺は、これらの方法はお勧めしない。

俺があなたなら、まずはほとんど起業資金のかからない

Webビジネス(ブログやメルマガ)を始め、自分で商品を

用意する必要もない商品紹介でコミッションを得ることから

始める。

これを1年ほどサラリーマンと並行して続け、月に

数十万円が安定したら、自分のブログやメルマガの

中で夢だった和風フィリピンレストラン(笑)を始める

旨をコミットし、潜在顧客を確保した状態で資金を

かけず、小さくレストランを始める。

1年以上個人メディアを続ける中で、レストランの

場所を有利な条件で提供してくれる人が名乗り出て

くれるかもしれない。メルマガのファンの人達が

口コミで人を連れてきてくれるし、集客や

イベントの案内もすでにできあがったWeb上の

コミュニティの中で行うことができる。

あなたのレストランという夢にとって遠回りのように

見えて、実はこれが近回り。

なぜなら、俺達は起業することそれ自体が目的ではなく、

一生雇われることなく大好きなことを続けることだから。

そのために、最初に大きな資金をかけることは避けたい。

15855720429_5c9bee9d60_b

起業は手堅く、小さく始める。アイデアが先、資金は後

堅実さがビジネスに大切だと知ったのは、身内の

実体験から。

12歳のときにオヤジが神宮前に立ち上げた

アパレル会社が、1年も経たずにつぶれるのを

目の当たりにしている。

オヤジの起業資金は、当時株式会社で要求されていた

1,000万円。大きくはないが、他にも立派な事務所に

小さくない賃料と数名のスタッフの報酬という固定費。

さらに利益率の高くないメンズファッションに加え、

服飾業界に安定という言葉はない。

それに追い打ちをかけたのは、経理担当だった

スタッフの持ち逃げ・・・起業の際に資本金として

用意し、これから活動していくのに不可欠な資金だった。

オヤジは気合と根性で、会社をたたんだ後の

借金3,000万円を10年で返したが、人からお金を

借りることも、人と一緒に事業をするのも怖いんだと

子供ながらに感じた。

初期投資は小さく。

可能な限り、自分一人でできるビジネスを。

俺が、経験から勧めたいこと。

スポンサードリンク