スモールビジネスとは…成功例は?スモールビジネスサタデーやスモールビジネスアドバイザー、アイデアの例やスモールビジネスマネジメント

スポンサードリンク


スモールビジネスを始めようと考えたことがあるかもしれないが、

実際に始めるには何を参考にしたらいいのか分からない。

そもそも、スモールビジネスとは一体なにを意味するのだろうか。

これらについてみていこう。

スポンサードリンク

スモールビジネスとは?成功例を紹介…成功した例はどれくらい?アイデアから学ぼう

スモールビジネスについて明確な定義はないのだが、

小規模なビジネスを指すことが多い。

また、スモールビジネスの代表例といえば

食などの地域密着の店舗があるのだが、

小規模ビジネスや地域密着の共通点としては

ピンポイントの需要を満たすというところである。

スモールビジネスに関するものが本屋にも並んでいたりする。

そんなスモールビジネスだが、

始めるにあたり何をすればいいのだろうか。

実はスモールビジネスアイディアは日常の中に転がっているのだ。

スモールビジネスの一例としては大学生が始めた

二日酔いのサービスなどがある。

このサービスはアメリカの大学生によるものではあるのだが、

二日酔いに苦しむ利用者を可能な限り

早く日常生活に復帰させることを助けるもので、

これまでの経験から二日酔いの時に

助けてもらえるというのはありがたいものである。

スモールビジネスパートナーやスモールビジネスのアドバイザーって何?スモールビジネスローンやスモールビジネスマーケティングについても紹介

もちろん始めるにあたり何も考えずにするのはダメなのだが、

ではスモールビジネスはどのように経営戦略を立てればいいのだろうか。

スモールビジネスマーケティングという中小企業診断士の

試験委員の方が書かれた本があるのだが、

その中でも特徴的なのは「他社との差別化をどのように図り、

競争から生き残っていくか」というものである。

しかし、実際にどのようにやっていくのかは

ひとりでは当然ながら限界があるが、

そんな時に頼りになるのがアドバイザーである。

パソコンメーカーのデルはスモールビジネス向けの

ソリューションの提供などを行っているし、

スモールビジネスパートナーとして様々な提案をしてくれる。

また、資金を借りる際には一般的には銀行という選択肢もあるが、

スモールビジネスローンという事業者向けのローンもある。

スモールビジネス、海外での始め方は?

スモールビジネスを始めるにあたり

例えば日本ではなく海外で始めるとしたら

どういう始め方をしたらいいのだろうか。

各国ごとで法律面での規制が異なるので、

その部分をスモールビジネスを始める前に調べておく必要がある。

日本との違いは国にもよるのだが、

例えばフィリピンでは【当然ながら日本よりもずっと人件費が安く、

物価も安いのであなたが生活するのはもちろん、

事業のランニングコストを抑えられること。

人口と経済が伸びていてビジネスチャンスが

日本以上に大きいのも魅力】である。

一方で、フィリピンで会社を設立する場合

60パーセント以上の現地人の出資が必要であり、

現地人と利害関係を持つことに。

また現地人を雇う場合に文化の違いなどからうまくいかなかったり、

さらには電気代が高かったり、インターネットが不安定だったり。

起業する場所によっては治安の問題もあり、様々な壁を越える必要はある。

信頼に値するパートナーを現地につくることが、

うまくいくための大きなカギになる。

スモールビジネスマネジメント(本)は起業(スタートアップ)の参考になる?

スモールビジネスとして起業する際に、

調べるために本やネットを見ることになると思うが、

それでは何を参考にしたらいいのだろうか。

スモールビジネスを始める時におすすめの本としては

スタートアップについて書かれた本である。

スモールビジネスマネジメントという本や

同友館より出版されているスモールビジネス経営論という本もある。

このうち、スモールビジネス経営論は

中小企業経営論の専門家である著者によるものなのだが、

この本では中小企業や

スモールビジネスのシステムについて説明されている。

このことから、将来的に組織的に

スモールビジネスを行うのであれば大いに参考になると思うのだが、

個人的にはまず始め方について

簡潔に書かれた本を参考にするのもありだと思う。

まとめ スモールビジネスを始めるにはしっかり準備しよう

スモールビジネスとはいっても競争は必ずある

そして、起業する場所によっては規制が異なることもある。

このことから、スモールビジネスを始める時には

競争がどの程度なのかなどを本などを参考にしながら

しっかり準備してはじめなければならない。

スポンサードリンク