シンガポールPRの3つのメリット…申請の書類、離婚や更新できない場合は?兵役などデメリットも紹介

スポンサードリンク


人気の国シンガポールのPR(永住権)。

本気で取得したいと動いたことはあるだろうか?

人気の国シンガポール。PRのメリット

まずシンガポールでPRを取ると、

仕事面で有利になるという点。

具体的には仕事をしたい会社からの信用度が上がり、

就職や転職がしやすくなる。逆にあなたが望んでそれが

可能なら、仕事をしなくてもシンガポールにいることができる。

そして、シンガポールでの生活の中で、PR取得により

信用を得られることで他にも様々なメリットが。

例えばシンガポール政府主催のイベントに参加できたり、

カードの審査が通りやすくなったり。PRがあれば

人気の公団を買うことができたりもする。

さらに、やはり大きいのはコスト面でのPRのメリット。

政府によるPR取得者への税金の優遇、ベネフィットの多い

年金制度の利用権。教育費や交通費を下げられたりなど。

シンガポールでPRを取ることのマイナス面は兵役?更新できない場合も

こうした永住権、ロングステイビザの類いでは致し方ないが、

何しろ申請や取得に長い時間がかかること。

そして、特にこれはシンガポールのケースだが・・・

競争の激しいPRを何とか勝ち得たなら、やはり

シンガポールに住み続けたいと思うもの。

ここにこだわってしまうことで、世界一生活費が高いとも

いわれるシンガポールで、日々生きていくためのコストが

どんどんかさんでしまう。

ちなみにシンガポールでは、その家賃の高さから多くの人が

シェアルームをしているが、環境に寛大な俺ですら

あのスタイルは厳しい(笑)。

プライベートを大切にするほとんどの日本人には

当然難しいだろう。

それでもPRの更新を続けるためには、

シンガポール滞在を続ける必要がある。

ちなみに驚くのは、

PR取得者の義務「徴兵制度への参加」。

ここでPRを取ったナオは、新しい国シンガポールでは

コンサートなど文化イベントが少ないことが不満そうだった。

解散したSMAPが好きだったナオが、彼らのCMで憧れていた

ホテル・マリーナベイサンズ。彼女の場合はマーライオンよりも

こちらへの関心がずっと高かったようだ(笑)。

まとめ。シンガポールのPR、申請の書類や離婚、デメリットも想定して

老後の海外はシンガポールだといってきかず、治らない

ぎっくり腰を抱えたままPR取得のために動き出した後輩の石井。

先週もマニラに来たが、どうやらシンガポールでの

永住権取得は難しいと悟ったようなので(笑)、俺のいる

このフィリピンでクオータービザ取得をサポートする予定。

海外でも気の置けない仲間が身近にいれば、

どこに住んでも楽しいから。

スポンサードリンク



コメント

  1. くんり より:

    とりたいもの。やはりなんといってもシンガポールのPRでしょう
    >ファイナンシャルフリーダム(自分で決める収入)と
    同時に、時間と人間関係の自由まで手に入れるには
    結局「自分のビジネス」を持つ必要がある。
    そもそも、人が自分の人生に本気になったら
    「お金」だけでなく、
    「時間の自由」「人間関係の自由」を
    死ぬ気で追いかけるはず。
    死ぬ時に、物やお金は持っていけない。
    人が亡くなった後に残るのは「思い出」だけ。
    大切な人とのかけがえのない時間にこそ、
    本当の幸せがあると気づいているから。
    【3つの収入のタイプ】
    世の中の収入には2つのタイプがあると語ってきたが、
    歩合や成功報酬を考えれば3つ。
    権利収入とは所有するマンションや駐車場からの賃料、
    特許や著作権収入、ITシステムからの定期収入など。
    最近日本でもコインランドリー経営の話を聞くが、
    安定すればあれも権利収入になる。
    これだけだと食べられないので、
    予算に応じて複数所有するという考え方に。

  2. makostyle より:

    シンガポールのPR取得したいと思ったことは恥ずかしながら存じ上げなかったので一度もなかったのですが、この国の素晴らしさを知っている者として一度取得を目指して頑張ってみたいと思いました!

  3. しおばなはるの より:

    永住権ってPRって言うんですね。まずそれを知らなかった。私もシンガポールでPRをとってみたいです。徴兵制度はちょっと嫌だけど。

  4. ユウゾラ より:

    シンガポールの永住権PR取得したいものです。しかしまさかPR取得者に徴兵制度の義務があるとは。特に団体行動や軍隊的な規律が大嫌いな私にとっては絶対に避けたい義務ですので諦めます。

  5. ひかり より:

    中学の時の同級生が
    最近シンガポールに引っ越しをしました。
    PRって永住権の事だったのですね(笑)
    住みやすそうな国だし
    友達も楽しそうに暮らしています!!

  6. 空の下 より:

    徴兵制度はちょっとかんがえられないですね。
    PRというのは知りませんでした。
    有難うございます。
    勉強になります。