スペイン語で転職!求人やスペイン語検定と転職…就職難で現地就職できる?仕事、日本人がスペインで働くには

スペイン語を活かせる仕事に転職したいなら、

転職エージェント選びが最重要

なぜなら、スペイン語のように日本でマイナーな言語の場合

転職案件のネットワークがないと厳しいからだ。

そんな中、おすすめできるのは

このエージェント。

↓↓↓頼れる味方「リクルートキャリア」

やはり大手だけに、スペイン語転職案件もしっかりカバー。

優秀な担当者が多いので、時間をかけることなく

良質の就職先と巡り合える。

ポイントは、多くの転職成功者のように

職歴書をすみやかに提出しておくこと。

こちらの情報を早く担当者に渡しておくことが

良い案件との出会いには必須だ。

日本を抜き、世界一の長寿国になったスペイン。

ゆるいイメージのこの国で就職して仕事をしたいという

日本人が増えている。

ただし、当然難しさも。

この記事で実態を紹介していこう。

スペイン語が転職に有利?求人…就職をスペイン語でするなら。検定と転職、日本大使館や南山大学の情報も紹介

スペイン語が得意だと就職や転職にもとても有利になる。

例えば日本大使館(ここではスペインの在外日本大使館)で

働きたい場合にも語学力があるだけで就職にとても有利になる。

外交問題を扱う仕事なので、高い語学力が求められるのは当たり前。

南山大学を卒業したスペインの生徒たちは、

公務員や警察官、一般企業にマスコミ、

旅行業者など様々な場所に就職をしている。

南山の大学にはスペインの学生が就職するに当たり、

様々な能力を活かせる分野の学部が多く存在している。

スペイン語を巧みに話すことが出来れば、転職において有利になる

またスペイン語技能検定や、DELEと呼ばれる高いスペイン語能力を

証明できる資格があれば尚更有利になる。

スペイン語能力をフルに発揮したいなら、スペイン語の

求人転職サイトの利用がおすすめ。

スペインでの就職を希望するなら知っておこう

バルセロナに住んでいるタカシ。

彼は日本人向けのツアーガイドをしていたが、

バルセロナは家賃以外はそれほど高くはないので

何とかなると話していた。

スペインでは、ワーキングホリデーという

制度自体がないのが特徴。

スペインで就職したい日本人の多くは

学生ビザでスペインに行き、3年以上滞在して

労働ビザを取り仕事を続けるというパターン。

学生ビザを持っていれば学生というステータス(インターンシップ)で

週20時間以内、最長6ヶ月の契約で仕事ができる。

またスペインにはアルバイトという制度もなく、

正社員か個人的に契約することで働くことになる。

この就職の際はポイント加算制によって判断され、

経験や転職回数、期間などを含め、長所や強みを

自己アピールすることが必須。

経験者の話を踏まえると、まずは学生ビザでスペインに移住。

仕事をしながら3年以上過ごし、学生ビザが切れる

2ヶ月前に就労ビザの申請をする、という流れがベスト。

現地のスペインの会社については、学生ビザが切れて

就職する際、しっかり就労ビザをサポートしてくれるか

の見極めが大切だ。

一方、日本でスペインに支社がある会社に応募できるなら、

それによって早ければ6カ月で就労ビザが下りる。語学スキルや

経験に自信があるならチャレンジしてもいいだろう。

スペインでは英語を話す人がいるものの、それほど得意ではない。

やはり現地ではスペイン語が話せることが大切になる。英語まで話せると

当然、就職にも強い。

スペインで就職するための仕事の探し方

ざっくり言って現状、スペインでは日本人が

就職できるところが少ない。

スペインもヨーロッパの不景気の波にもれず就職が

難しい状況であるし、現地人がどうしても優先されるのは

どの国も同じだ。

ワーキングホリデーの制度がない以上、日本から仕事に

関する架け橋となるものがないので、やはりコネクションが

最も役に立つ。まずは現地に知り合いを探すこと。

今ならfacebookなどのSNSも活用できる。

30095655795_8c28f258e9_b

現地の和食レストランなどでは、店頭の広告を見て

お店に交渉。直接企業に飛び込んで履歴書を置いてくる

という方法は、ヨーロッパでは意外と普通に行われる。

タイミングが良ければ、ちょうど人を探していた

オーナーが気に入って雇ってもらえることもある。

あとは仕事募集の掲示板や、Infojobsなどサイトを観る。

LinkedInなどを使って仕事を探すのも一つ。

スペインでの就職に手を焼くなら、手に職をつけて

現地で事業を始めるというのも選択肢。

毎月4万円近くもの税金を納める必要はあるが。

スペインは就職難?就職率と就職のための活動…仕事を探す日本人が知っておきたい就職事情

スペインでの就職状況は現状、日本人にとってはかなり厳しいものがある。

【スペインでは失業率が非常に高く、日本の約6倍となっている】

スペインにおける就職活動時期は、日本とは全く異なるので注意が必要。

スペインでは、新卒はまったく相手にされないので

大学を卒業後に「博士号」などを取得するなどと、

特別な技能を身につけてから就職活動に臨む。

スペインで企業に就職する場合、

直接企業に飛び込みそのまま採用ということも。

現在スペインには日本食レストランが数多く存在する。

たまたま履歴書を持っていったら、オーナーに気に入られて

直接採用ということも。

スペインのバルセロナでは、日本に関連する職種やスキルが活かせるので

日本市場マーケティングやエンジニア、デザイナーなどが就職には適している。

スペインの就職率は非常に厳しい状況になっている。

先ほども話したように、スペインでは失業率が非常に高く

近年上昇し続けている。

どんなに有名な大学を出たところで、

自分が希望する企業に就職できるとは限らない。

スペインで就職を考えているのなら、

手に職を付けて自分で事業を始めるという手段も。

スペイン就職まとめ

いかがだっただろうか?

スペインで就職をしたいと考えている日本人が増えてきている。

まずはスペインにおける就職状況や、制度について一度考える必要がある。

スペインのゆるいイメージとは裏腹に、就職状況は難しいものがある。

お伝えした通り、日本人がスペインで就職するのはなかなか困難。

まずは現地でスペイン語を話せる語学力を身につける必要がある。

さらに英語も話せれば尚更有利となる。

スペインの企業に就職するのも一つの手だが、

自ら手に職を付けて、現地で事業を始めるのも

一つの選択肢であるということも説明した。

何より大切なことは、仕事に対する情熱とアクティブな行動力が試される。

「スペインに就職考えてます」

スペイン語がペラペラな洋子さん。6年住んだメキシコ

ではなく、今度は本拠地での就職を希望。

いずれにしてもアクティブな彼女には、

やはり海外が合っているようだ。

そんな彼女も、2ヶ月もしないうちに

転職先を見つけていた。

彼女が活用したのもリクルートキャリア。

優秀な担当者と組めば、

良い案件もあっさり見つかる

↓↓↓頼れる味方「リクルートキャリア」

コメント

  1. ころと より:

    考えたこともなかった!せいぜいスペインで起業でした。就職とは。でもきびしそうですよね?>すぐに行動に必要なパネリスト広報12のリストを作る身近な人友人の協力を借りて一緒にリスト先輩しても良い人の名前は全て書き出し出揃ったところで後10人を選ぶそこがスタート10 という数字にこだわるしてはない

    10人に連絡すれば後から中にはオーケーしてくれる相手はほとんど余計な作業することなく多くの人に確実に記事を読んでもらえるから

    次は各パネリスト広報向けのテンプレートに手を加え依頼の手紙を書く時間は長くても20分テンプレートからあまり大きく外れないようにするそしてメールには家のと読んだウェブサイトや記事を目を入れるさらに送信にふさわしい時刻に設定する一括送信はだめ

    次は編集済コンテンツを使ったり自ら執筆したりしてメールマガジンを少なくとも2週間分発行できるだけのコンテンツを集める1週間に2回の箱であれば4 5分これはなぜなのか理由は発行後2週間は読者の獲得と収益化の仕組みを作ることに80パーの時間をとられてしまうからまた別の理由はパネリスト候補がサンプルを見たいと言った場合に備えてそのサンプルには当然良いものを作る

    次はどうやって読者を獲得するか
    あなたが作った記事を読みたいと思う人を見つけ出す全く費用かけず最初の選任の読者を獲得する詳細な計画をステップバイステップで示していこう

    様々なタイプのランディングページを理解することリードマグネットを使ってメールマガジンの購読を誘う様々な方法を理解することこれらがすなわち費用をかけずに最初の購読者1,002を獲得する方法であるトラピックスを吸わウェブサイトを訪れたきっかけのリンクや検索エンジンなどから
    1,000人の読者を獲得した初めて利益をあげられるようになる選任を獲得できれば5,000人1万人と読者数を伸ばしてことは簡単であるこの川には突破すれば人生の重要な使命となる利益を上げることが出来るようになる1万人から5万人の読書でかなりの収益を得ることができる

  2. makostyle より:

    海外で仕事ができる人、また仕事をしようとしている人には憧れますね。アルバイトという選択もあったのですね。しかしスペインはアルバイトは無理ですか。国によって本当に色々違いがあるのですね。

  3. ひかり より:

    スペインで就職することは
    とっても難しそうですね。
    英語はともかく、スペイン語まで話さなくては
    ならないのが難点です。
    日本人が少なそうなイメージです。

  4. もちもちたまご より:

    アルバイトがないというのが驚きです。学生とかはどうするんですかね?同一労働同一賃金が徹底されているということでしょうかね。

  5. ともとちゃん より:

    スペインではアルバイトが無くいきなり正社員が出来るけど、日本人の就職が少ないのが不便ですね。不景気だから何処の国も一緒みたいですね。

  6. 雪兎 より:

    直接企業に飛び込んで履歴書を置いてくる方法は、日本だと小売店的な商店街などだとハローワークなど通さないのでそれで雇ってくれることありますよ。
    ただし、成功事例が飲食店か本屋とかしかないですけど。

  7. ユウゾラ より:

    スペインというと経済的に今とても混乱しているという印象が強く、ヨーロッパの中ではあまり移住して仕事をしたいと思えない感じです。もちろん観光に行くなら魅力的な国だと思います。

  8. みーな より:

    スペインで労働することは、アルバイトやワーキングホリデーもないのでやってみたいなと思いましたが、やはり不況のあおりはスペインもあって就職は難しいんですね。日本でも安く外人を雇うので、あれも改善してほしいなと思います。

  9. ゆうこあら より:

    スペインにはワーキングホリデーもアルバイトもなく、正社員しかないんですね。就職が難しい時に、やっぱり必要なのは手に職をつける事なんですね。今年は自分のスキルアップに頑張りたいです。

  10. きーぼー より:

    スペインでの移住は難しいですね。
    言葉の壁をクリアできても、就職できるかが鍵。
    手に職をつけるか、スペインの支社があるような日本企業に就職するかしかないですね。
    スペインでの移住も魅力的なんですがね〜。

  11. けいと より:

    スペインでの就職は難しそうですね。
    ワーキングホリデーの仕組みがないのであればなおさら。
    アルバイトができないということですが、学生さんは大変な制度ですねー
    スペイン語も勉強せねば。

  12. カモネギ より:

    スペインでの就職は難しそうですね。
    スペインには観光でいってみたいですが、
    料理なんかもおいしそうですね。

  13. ひかり より:

    スペイン語が話せないと
    話になりませんね(笑)
    行ってみたい国ではありますが
    移住するのは難しそうです。
    就職できればあとは住みやすそうですね!!
    楽しそうです。

  14. 中川 創聖 より:

    スペインは、就職するのが難しいのですね。スペインは最近まで経済は不調でしたが、ドイツが車の工場をイタリアからスペインに移したので回復しつつあります。以外とGDPは毎年3%ぐらいあがっています。

  15. るい より:

    スペイン語は英語よりも難しそうというイメージ定着していて覚えようと思ったことがなくらいです。スペインで就職した人を聞いたことがないのでハードルが高いんですね。