海外移住した起業家が語る「学生起業」の重要なポイント

スポンサードリンク


学生起業

そう聞くと、同じ早稲田の後輩でジョブセンスで有名に

なった村上君や、古川君を思い出す。

彼らを見ると華々しいが、学生起業への憧れだけに

盲目的になると、その90%以上が早い時期に倒産という

暗黒面を見逃すことになる。

この機会に学生起業のメリットと、学生が自分のビジネスを

始めるにあたり気をつけたい起業のポイントを語りたい。

学生起業のメリット

柔軟な頭と行動力

「素直さは最大のインテリジェンス(知性)」といわれる。

ダイレクトマーケティング事業の内容をプレゼンしたテツも

会った頃は、まさに絵に描いたような素直な学生だった。

そんな彼も25を超え30も近づくと、脳みそに余計な脂肪が

増えていくのが分かり・・・(笑)

学生なら、学びたい人はほとんどが人生の先輩で、

起業にあたって教えを乞うことに変なプライドもいらない。

柔らかアタマと体力に満ち溢れた行動力で、知識と

経験をどんどん吸収していけるが、ある程度年齢が

いくと多くの人がそうもいかなくなる。

お金と経営を学べる

人生をサバイバルしていくのに必要なことほど、

なぜかこの国では教えることをしない。

お金の性質や稼ぎ方、守り方、活かし方。そして

人とコミュニケーションしたりマネジメントする方法。

こうした最も大切なことを学生は学ぶことができず、

まして会社に入っても教えてくれないから、起業に

より自ら学べることは大きなメリットだ。

特に経営については、ビジネスの基本である

人を集めること

セールス

学生のうちからこの2点を学んでおけば、仮に

起業後に違う分野に進んだとしても、その知識と

経験を存分に応用できる。

失敗しても挽回しやすい

30を超えると、結婚や養育費、親の介護など

自分以外のことでお金や行動に制約が出始める。

俺のように、幸い自由に恵まれた40代もいるが(笑)。

自由のきく学生のうち、特に20代の早い時期から

起業のために動いておきたい。

しがらみのない人脈、そして時間がある

多くの社会人が納得するように、年齢を重ねるほどに

余計なしがらみというのは増えていく(笑)。特にこの

日本という国では。

時間がたっぷりあって(特に文系学生)、お金や立場

などで利害関係のない仲間と語り合い、お互い協力

しながら起業して夢に向かう。

このステージの魅力的なところだ。

これだけメリットがありながら、それではなぜ

ほとんどの学生起業はすぐに失敗するのか?

それはチョイスを誤っているから。

16918598096_53dcf89305_b

学生起業のための重要なポイント

俺の尊敬する孫さんを始め、ホリエモンや海を越えれば

appleのジョブズ氏やfacebookのザッカーバーグ氏に

至っても、学生起業から成功している。

俺自身は興味を持ったダイレクトマーケティングビジネスが

日本と韓国では学生が禁止されていることもあり、遅咲きの

学生生活が終わった直後の26歳から起業した。

そのときに譲れなかったのは、その後にホリエモンも

語るようになった、4つの視点。

初期投資をかけないこと

固定費が小さくて済むこと

利益率が高いこと

安定収入があること

ほとんどの学生にお金がないことを考えると、資本金や

人件費、家賃などのランニングコストはかけれない。

それを考えたら、俺が学生に勧めたいのはWebビジネス、

特にブログなどで広告収入紹介料を得ること。

前者はGoogle Adsenseが有名だし、後者はアフィリエイト

という名前が一般的になっている。

集客と販売を同時に学ぶことができ、

初期投資も僅少。

毎月500円から2,000円程度のランニングコストのみで、

誰も人を雇うことも社屋も不要。利益率も95%を超える

上に、記事を書き続けることで仕組みは成長し、集客は

どんどん楽になり、いずれ自動化もできる。

書いているうちに、もっと勧めたくなってきた(笑)。

スポンサードリンク



コメント

  1. こうじ より:

    学生起業ってすごいですね。私にはなかなか真似できない。。私の場合は就職しか考えてませんでした。ただ社員として働いて起業するのと感覚が違うと思うのでそこが成功にも繋がりそうですね。

  2. 811 より:

    学生起業、学生のときにもっと興味をもって、取り組みたかったです。ただ起業ときくと、どこかギャンブルと結びついてしまって、倒産したらどうしようなどの不安が先にでてきてしまいます。

  3. にこ より:

    起業に向かないタイプの人間ですが、やってみたいなと思ったことはありますね。でも勇気がなくて。私の周りで起業する人がちょこちょこいますが、やっぱりそれなりに苦労してますね。難しいですよね。

  4. まな より:

    私もアフィリエイトでのブログ収入を得たいと考えていますが、読者の心を掴める文を書くのは大変ですね…
    なのでDANさんの文章を読んで勉強させて貰っています。

  5. あや より:

    学生起業って流行っているんですね~
    私も学生の頃とても暇だったので
    その頃からやっておけばよかったなぁと
    たまに振り返って思ったりしています(笑)

  6. makostyle より:

    私も学生の頃より自分の城を築きたいという夢をもっていましたが、結局いまだにその夢を実現できずまだ追いかけています。素直さがなかったのかな。まだ諦めませんよ!

  7. kuuu より:

    学生起業ってすごい。自分にはまったく真似はなかなかできないですね。私の場合は決まった就職しか考えてませんでしたし、社員として働いて起業するのと感覚が違うと思うのでそこが成功にも繋がりそうですね。

  8. inikini より:

    学生企業は倒産し易いとはいっても、絶対にしておいて欲しい経験な気がします。
    大学で意気投合した仲間と、フレッシュな気持ちで活力ある活動ができるような気がします。
    失敗したとしても、それを糧にみんな大人になっていくのでは、と思います。

  9. ピーコちゃん より:

    学生起業する勇気や行動力って、並大抵のことではできないと思うので、結果はどうであれ、そこから得るものも、とても多いのではないかと思います。
    学生起業には、資金は当然必要ですが、それをサポートしてくれる仲間がいるかどうかが、成功のポイントになるのではないかと思います。

  10. ひかり より:

    学生企業!!考えたこともありませんでしたし
    周りにもそんな事をする人はいませんでした。
    今思えば、少しやってみたかったです。
    頭が柔軟なうちにいろいろ経験することはいいことですね!!

  11. こにさか より:

    僕も学生のときに起業していればなぁ。もっとやりたいこと、やりたいです。ところで例の件、ツイッター?から以下のメールが来ていますが、意味がわからないでいますw >

    >こんにちは、

    接触しようとしてくれてありがとう。
    あなたのアプリは我々の開発者合意と方針の一つ以上の違反のために制限されたか、停止されました ― オートメーションが決定する ― 必要条件を示しなさい、および/または、ツイッターは支配します。
    この出来事の一般の理由は、以下を含みます:

    終わりまであなたのアプリを公示される内容を報告しているユーザーは、例えば繰り返し、あなたがTweets Thisリストが徹底的でないことを示さなければならない方法に関して率限度Display違反を打ってオートメーション(自動以下の/非以下のSuspicious API使用のような)のAbusive使用をばらまいて(囀り、RTs、favs、DMなど)、それで、あなたのアプリとあなたのアプリのユーザーが我々の規則の全てに続いていることを確実とするために、我々の方針ドキュメンテーションを批評します。

    あなたが更なる説明を必要とするが、我々に以下の情報を提供したあと我々がこの規制を解除するために要請を考慮するだけである点に注意するならば、この電子メールに反応してください:

    アプリIDとあなたが方針不服従Weを解決するためにした特定の変更の迎合性Aリストについてそれをチェックするためにあなたのアプリにログインする方法への消費者重要なLinkと指示は、この情報を含まない規制を解除するために、要請に応じません。

    よろしく、

    ツイッター・プラットホーム活動

  12. さくら より:

    学生起業は、やぱり行動力!!
    柔軟性が鍵を握るのかと思います。
    でも、闇雲に動いても何の価値もないので
    目の付け所でだと思います。

  13. なつ より:

    学生起業は若さがメリットであり、デメリットですね。メリットを生かすためのリスク管理さえきちんとすれば、色んな意味でいい経験になりそうですね。

  14. シーサー より:

    年齢を重ねると失敗した時のことを考えてしまい起業に踏み切るのはなかなか難しくなりますが、若い学生達には失敗を恐れずチャレンジして欲しいものですね。

  15. 実佐 より:

    もう私は学生ではないので学生起業はできませんが、多くの学生が前向きに起業に乗り出しているのですね。でも倒産もしていると危ない橋を渡る印象がありました。メリット、デメリットを考えて行動することが大切ですね。

  16. ともとちゃん より:

    学生起業って凄いですね。学生なのに、ビジネスを起こすんですよね。私には考えられません。
    私は、専門学校時代に学校で資格の案内のビラ配りや、郵便局での年賀状の仕分け作業のバイトしかやったことがありませんでした。
    学生起業ビジネスと私の学生時代のバイトと全然違いますね。

  17. 筋肉マン より:

    学生で企業したのは、2chの創設者の西村博之氏もそうですね。彼も中央大学在学中に、企業しています。行動力があるから、起業できますし、若いうちにしかできないこともあるので、何事もチャレンジですね。

  18. a_2407 より:

    学生起業は今ネットで始めるイメージです。私は学生の頃、 起業なんて考えは全くなく、バイトを掛け持ちしてました。起業じゃなくても、仕事をする、ということは学校では教えてくれない社会に出て本当に必要な事を教えてくれるので、必要なことかと思ってます。

  19. ぴよちゃんのパン より:

    最近、日本の地が方でも学生起業がニュースで取り上げられたりしていて、ただただ凄いな~と思ってしまいます。起業することで投資家ともつながりができて、出資してもらうといった内容でした。行動力を少しでも分けてもらいたいな~

  20. いぬい より:

    学生企業って考えると私自身が学生だった頃は考えもしなかったことですね。そういった時代なのか、はたまた私が無知なだけなのかわかりませんが何事も挑戦してみる姿勢が大事だと思います。

  21. kz16 より:

    若い内は何を聞いても失敗しても無礼を働いても(笑)ある程度は「まだ若いから」で大目に見てもらえますが、中堅になると自分より若い人より物知らずだなんてバレたくないからと素直じゃなくなっちゃうものですよね。
    逆に、そのラインを越えてしまえば「年だから」で済ませてもらえますけどね!(笑)

  22. のの より:

    知り合いの息子さんが海外に留学した時、学生で企業を始めるから学校ぐるみで勉強してるって聞いた事があります。やはり海外は進んでるし、私も含め日本人はまだまだ積極的になった方が良いかもしれませんね。

  23. みずか より:

    学生で企業を起こしてる方がいるみたいですが
    私は、凄いと思う反面キチンと最後まで
    何かしらの答えを出してやって、頑張ってほしいと思ってます。
    飽きたとか、目新しいものばかりを追いかけるだけでなく
    きちんと、軸はブレないでいてほしいなぁ〜って感じです。

  24. たくや より:

    30歳までに失敗しておくことは、後々失敗して取り返しのつかないことになるよりも遥かにリスクが少ないですよね。そういった意味では、早く失敗したほうがいいということですね。ネットで稼げる時代になったのは本当に素晴らしいことかと思います、従来の会社勤めだけでない、柔軟な生活スタイルを創造できるかなっと思います。

  25. なみ より:

    企業するのにはほんとに憧れましたね。でも、まだあきらめるのは早いかもしれないと思いました。条件が整えば、企業してみたいですね。

  26. あこ より:

    学生企業なんて本当にすごい。考えたこともありませんでした。失敗しても挽回できる…確かに!!と思いました。勇気と行動力大切ですよね。

  27. chikara より:

    「学生起業」と聞くと、わたしのような凡人は、「頭のよさの証明」とか思ってしまいますが・・
    でも、「90%以上が早い時期に倒産」というのを読むと、やっぱ現実は甘くないのかな、て思ってしまいますね。
    でも、若いと「失敗しても挽回しやすい」といったことなどあって、やっぱ若いっていいな~なんて思ったりもしちゃいますね。

  28. tm より:

    学生企業ですか。わたしも若いうちにいろいろなことに挑戦していればよかったなと思っています。失敗しても挽回しやすい、若い時の苦労は買ってもせよという言葉があったなあと感じました。

  29. おたこ より:

    学生企業。素敵な響きです。ですが私が学生の頃は考えた事もありませんでした。ただ、アフィリエイト等は考えた事がありましたが、学生の頃は時間をかけてアフィリエイトをしていくよりも普通にバイトをしようという考えだったのでやった事はありません。ただ今現在は真剣に考えているので、地道に勉強していこうと思います。

  30. りーな より:

    若いときは失敗も大いにできるし、何でも挑戦できるので本当に良い機会ですね。学生起業ときくとなんだかハードルが高いイメージがありましたが、できるところからコツコツとするなら良い未來が見えてきますね。

  31. ノリ より:

    初期投資をかけないこと
    固定費が小さくて済むこと
    利益率が高いこと
    安定収入があること
    ↑これを実践出来る人はそれは絶対成功しますね!Webビジネスはそういう意味ではベスト。後は発想と行動力。
    みんなやろうとしますが、固定観念や二番煎じで飽和状態ではないでしょうか?みんながパイオニアを求めては淘汰されてく現実もあるんですよね。僕もほんの少しのお小遣い稼ぎ程度です。

  32. トミー より:

    失敗してもまだまだ若いですし、学生ってことで、社会から大目に見てもらえるのはいいですよね。自分もまだまだ学生なのでチャレンジしていきたいです。

  33. 小鳥さん より:

    お金があるならば、学生起業を起こすのもアリだと思います。家族がいたら企業は難しくなるので…。守るものがあれば、リスクがあることはできないですよね。若さってだけでも財産ですから、あとで後悔するならば、自分で責任を持てるのならば、やるべきだとも思います。

  34. みつき より:

    最近、学生起業をちょうど考えていたところなので、とても参考になりました。今回の記事で学んだことを、今後活かしていきたいと思います。

  35. シャリ より:

    私の周りも学生起業に関わっている人や実際に自分で起業した人もいます!私にはとても縁のないものなので興味はなかったのですが、今回の記事を読んでちょっと興味湧きました!

  36. バアル より:

    学生起業、私も学生時代に夢を抱きました、が
    夢は夢だけに終わりましたが汗

    起業できるほどのアイデアと実行力があれば今頃は変わっていたのかもしれない

  37. 0617 より:

    学生起業って流行っているんですね~
    私も学生の頃とても暇だったので
    その頃からやっておけばよかったなぁと
    たまに振り返って思ったりしています

  38. オレンジ より:

    学生起業今は結構されている人がいますよね。起業というか投資だったり、なんかすごいと思います。起業するって難しいし継続するのも大変だと思っちゃう。けど、出来るんですよね。少し余裕のあるくらいを起業して稼ぎたいと思います。

  39. 猫姫 より:

    若いうちに起業する場合は、他にも人のコネをうまく使う事も必要。
    資金面でも協力があったり、今後の取引にも強く結びつくことで倒産を防ぐことができる。

  40. ユウゾラ より:

    色々なしがらみがなく自由な発想がしやすい学生による起業って案外いけるようなきがしてきました。経済的な問題はありますが、エネルギーもありますし、自分の子供が将来挑戦したいと言ったら応援します。