スウェーデンで就職…日本人が移住して可能?仕事の求人や就職率は?仕事探しの方法や働く時間(仕事時間)就職難など就職事情

スポンサードリンク


ノーベル賞で有名なスウェーデン。人気の北欧だけに

就職を希望する日本人も多いが・・・知らないと後で後悔することも。

この記事ではまず、現地で就職する方法から紹介していこう。

スポンサードリンク

スウェーデンで就職・転職する方法。スウェーデンで仕事探し…仕事を得て働くには?

まずは現地のハローワーク

ただし頼りにならないと言われているが(笑)。

またスウェーデンのネットや求人誌、新聞で探すのは

王道の就職活動法。

インターンをした職場があるなら、そこで仕事を探したり

紹介してもらう。実際はこうしたコネクションが、もともと

スウェーデンでの就職に不利な外国人である日本人には力を発揮する。

スウェーデンでは推薦状がモノを言うので、

このコネクションが就職により大切になる。

覚えておきたいのは、この国で就職するためには

スウェーデン語の習得が必要になるということ。

スウェーデン語が厳しければ日本人ができる仕事、

例えば日本語教師などを目指す方法もあるが、

安定した就職としてはおすすめできない・・・

そう話すのは、佐久から移住した

ストックホルム在住のハナ。

彼女が個人的に推奨するのは、

どの国でも通用する医療系の分野。

ちなみにスウェーデンでは臨時職員という、正社員が

休んだ時の代理として仕事をする立場の人達が多くいる。

仕事内容は正社員と同じで、違いは時給制であること。

メリットとしては、働けない時は断れること、様々な職場を

掛け持ちでき幅広い経験ができること、責任が軽いこと。

デメリットとしては収入が不安定になることだ。

外国人の就職が厳しいスウェーデンで、まずは

こうした立場で仕事をするのも一つ。

スウェーデン語での面接はとても緊張するが、

YouTubeを使って練習するのが良いとハナは言う。

聞かれることはワンパターンなので、

事前のロールプレイングが役に立つ。

スウェーデンで働きたい?現地で働くために就職して仕事を得るスタンス…仕事時間など時間の観念の違い、仕事と家庭、仕事と育児の両立、休日の女性など仕事観

26231523996_3801395fd0_b

常に「就職したい」という希望を周囲にアピールし、

積極的に情報発信。そして仕事関係で出会った人には、

そこで働かせてもらえるかを躊躇せず聞く癖をつけること。

ここは日本人の謙虚さを捨て、ストレートに聞く、お願いする、

そしてアピールする。

さらにいえば、需要のある専門分野を

持つことがプラスになる。

日本語への翻訳など日本人が必要な分野、また

プログラミングなど世界で共通して役に立つスキル。

自分の強みを明確にしておくことが大切だ。

また学費がタダということもあるので、ある程度の年齢でも

大学に入り直す人も多い。あなたにとっても、この選択肢は

就職前の現実的な一つになる。

スウェーデンでは就活が1年以上の長期にわたることも

普通にあるので、現地で腐らず地道にやっていくことが大切。

ちなみにハナも言っていたが、職安には期待せず、

必要ならSNSなどであなたがどんどんコネをつくることを勧めたい。

スウェーデンは就職難?現地の就職率など就職事情           

スウェーデンには、まず日本と違って

【就職活動】というものが存在しない。

スウェーデンの就職状況はインターンシップを経て、

そのままその企業に就職するかFacebookやインターネットを

通じて就職をするからだと、スウェーデンで就職した人のブログにあった。

スウェーデンでの就職率は大学にもよるが、

悪いわけではないのが事実である。

スウェーデンでの就職制度は日本とは異なり、

日本でいう『リクルートスーツを着て、説明会を聞きに行ったり、

企業を回って面接をしに行く』というスタイルの就職活動とは違う。

日本での就職活動では、個性を消して、

出る杭を打たれまいとするのが一般的。

しかし、スウェーデンでの就職活動は【お見合い】であり、

自分自身をアピールして、得意なことや個性を伝えるのだ。

また、スウェーデンで就職する年齢も日本とは違う

日本の大学生の平均年齢は20歳であるが、

スウェーデンでは25歳と年齢差がある。

なぜ、25歳になっても学生でいる人が多いのか。

日本では、高校を卒業し、

すぐに大学に入学し、そのまま就職する。

日本の学生は、学費にお金がかかり、

授業数をこなし試験に合格しなければならない為、

思うように仕事が出来ない。

だが、スウェーデンの学生は無料で学校に通うことが出来る

その為、親に早く働くよう催促されるということはない。

スウェーデンでは高校が終わると、

それぞれアルバイトをしたり、旅行をしたり、

2~3年間、悠々自適に過ごす。

その中で、これからやりたい仕事や

自分の将来に役立ちそうなものを見つけていくのである。

なので、スウェーデンで就職するときの年齢は、日本より少し高い。

スウェーデンへ留学し就職を考えているなら、

また、スウェーデンの大学へ通い就職をする予定なら、

日本とは異なる個性を認めてもらうことが出来る、

お見合いのような就職が出来るだろう。

日本でスウェーデンといえば家具や

日用品が並ぶ『IKEA』であるが、英語力に問題がなければ

スウェーデンのIKEAに就職することも可能である。

スウェーデンで就職、求人の情報を紹介。日本人の仕事の求人はある?イラストレーターなら?日本人が就きやすいのは

日本人の仕事として、日本語の通訳や日本の分野を活かしたライターがある。

就きやすい職種は、インターネットとパソコンがあれば、

ウェブ制作、デザイン、ライターの仕事も可能だ。

日本語への翻訳など日本人が必要な分野、

またプログラミングなど世界で共通して役に立つスキルが必要になってくる。

スウェーデンで就職するにあたって必要なものは、2つ。

パソコンがつかえるかどうかと、英語が話せるかどうか。

パソコンを使いこなすことが出来、英語が問題なく話せるのであれば

スウェーデンでの就職やコミュニケーションは全くと言っていいほど問題はない。

スウェーデンの学校で習うのは英語。

スウェーデン語は現地で学ぶことは出来るし、

英語ができる日本人であれば、コミュニケーションは問題ないのである。

スウェーデンの求人サイト

  1. ストックホルム日本商工会:http://www.japan.se/pid_181644/
  2. 各企業の日本向けウェブサイトからでなく企業名+careerまたはrecruitなどと検索
  3. https://global.mynavi.jp/conts/event/

スウェーデンに移住するには?就職して仕事を得る前に知っておくこと

スウェーデンに移住手続きするためには、ビザの申請が必要。

スウェーデンの首都であるストックホルムに移住手続きも同様である。

スウェーデンは同じ北欧のノルウェーやデンマークと違い、

日本とワーキングホリデーの協定を結んでいない国。

なので、スウェーデン人と結婚している場合や、

同棲するスウェーデン人パートナーがいるという条件を

クリアできていない限り、

日本人がスウェーデンで働くには就労ビザの取得が必須になってくる。

ただし、ビザを申請するときの注意点は2つある。

どの程度パスポート有効期限があるかにもよるが、

初めてのビザ申請の場合は2〜3年しか労働許可が下りない

そして、業種にもよるが、2018年10月時点では結果を受け取るまでの

ビザがもらえるまでの所要期間は5〜8ヶ月。

ビザ申請までに意外と長くかかってしまうので、

ビザはすぐにもらえないことをあらかじめ考えて行動する必要がある。

まとめ

スウェーデンで就職する方法はあるのか、

また、日本との就職率や仕事の求人の差はあるのだろうか。

そして、日本人がスウェーデンに移住した場合、

はたして就職や転職をすることはできるのか。

今回は、スウェーデンで就職をした人のブログを見て、

わかったことや、日本とスウェーデンでの就職のギャップについて紹介してみた。

スウェーデンは日本とは異なり、学費は無料で学校に通うことが出来、

個性を消し、周りに溶け込むような就職活動はない

必要なのは英語力とパソコンが使えるかどうか

インターンシップの制度をフルに使い、自身で就職を勝ち取ることが出来る。

ウェブ制作、デザイン、ライター、プログラミングなど、

自身の得意とする分野での仕事がある。

また、日本人として、日本語翻訳などの仕事もあるようだ。

ただし、ビザの期間は2~3年と短く、

ビザ取得までに5~8か月と時間がかかるので

注意していただきたい。

まだあなたが20代前半で、スウェーデンでの就職を考えているのであれば、

スウェーデンで学生をすることをお薦めする。

日本人がスウェーデンに移住して就職・転職できる仕事はある。

スウェーデンの長い夏。ハナは夏休みを冬にずらしたり、

また他の休暇と合わせて3ヶ月も取ったりと自由すぎる

楽しみ方をしていた(笑)。

この国は介護や医療が整っていることも安心の要素だ。

スポンサードリンク