海外・タイの魅力と知られざる問題点

スポンサードリンク


「海外ならタイに住みたい」

タイ人のトーンが東京を離れてバンコクに帰る最後の夜、

池袋のオヤジ行きつけの沖縄料理屋「カチャーシー」で

さよなら会を行った。

すっかりトーンを気にいった孝明さんは、

タイが海外移住先候補になったようだ。

海外広しと言えども、このタイが若干厄介なのは

日本人が皆同じ仏教徒と思われていて、最初から

ある程度の作法を期待されているところ。

日本人のほとんどが、海外では珍しい

無神論者ばかりだとタイ人に教えたい(笑)。

例えば、俺がよくフィリピンで過ごしているような

タンクトップや短パンでは寺院に入れないこと。

女性のあなたは現地の僧侶に近づかないように。

タイ王室や政治についてあれこれ言うのもタブー。

これはタイに限らず海外では常識だが。

特にこの海外タイでは、交通事故やトラブルに注意。

飲酒運転による死亡事故は少なくないし、タクシーの

乗車拒否やトゥクトゥクでのぼったくりにいちいち

腹を立てていたら、命がいくらあっても足りない(笑)。

スポンサードリンク

海外のタイという国の魅力

地震を含め、自然災害が多い日本から見て

うらやましいのは、タイという海外には

そういった災害が少ないこと。

行った人なら分かるが・・・海外とは思えないほど、

特にタイの首都バンコクなら利便性が高い。

交通網などもしっかりしていたり、また

和食の美味しい店も多い。日本のチェーン店も

あちこちで見かける(笑)。

当然日本よりも物価や人件費が下がるところは、

海外の中でもタイの魅力の一つ。

プーケットなど、美しい

海外ビーチリゾートが楽しめるタイ。

海外というより英語コンプレックスの孝明さんがタイを

選んだ理由の一つは、意外と他の日本人からも耳にする。

海外移住はしたいが・・・あえて英語圏を選ばず

タイのような国を移住先の選択肢にする彼ら。

タイという海外のあまり知られない一面

長期滞在となると・・・俺のいるこのフィリピンと異なり、

海外の国でもタイはビザの取得が意外と面倒なこと。

トーンも語っていたが、海外なのに日本の半額くらいまで

タイでのマッサージ料金が上がってきた。

これは言わずもがな、タイの人件費

経済成長に伴ってゆっくり上がりつつあることを示す。

魅惑の海外、微笑みの国タイと聞いていたのに

店員の態度が悪い人が意外と多いこと(笑)。

ちなみにプライベートで付き合ってみると、まさに

トーンのようにフレンドリーなタイ人は多いものの・・・

なかなか自分が悪くても謝らなかったり、

他人に気配りができなかったり

約束を守らなかったりという人もいる。

合うかどうかは直接関わって確かめたい。

バンコクのような都会でもネット回線の遅い場所が多い。

これは俺のような情報発信ビジネスをしている人間には致命的だ。

また東南アジアで最も日本人の多いバンコクには、いわゆる

日本人村ができていて一大コミュニティが形成されている。

こうした集まりは合う人には合うが・・・俺のようなあまのじゃく

にはむしろ、日本にいた頃よりも悩みが増幅する原因になってしまうので、

無理して属すことのないようにしたい(笑)。

タイはバンコクこそ東京24区と呼ばれるほど

便利で発展しているものの・・・

水の不衛生さや野良犬の狂犬病、

蚊によるデング熱の可能性。

また公衆の場でのトイレが少ないのは、

このフィリピンと同様で困りもの。みんな

汗をかくからトイレは近くないのか?(笑)

紙を流せないのは

アジアでは当然。

俺にとって2回目の海外だったマニラのマカティ

その後フィリピンの永住権まで取ることになるとは

思わなかったが・・・(笑)

抑揚のない話し方をする孝明さんにとっても、

タイはやはりハマる国になるのだろう。

ところで、海外の中でも

あまり英語が通じないイメージのタイ。

就職にはどれほどの語学力が必要なのか?

タイ就職のための英語力・タイ語力

海外ではマレーシアの次に

移住したい日本人が多い国、タイ。

「あの日本のテレビ番組で紹介されていた、英語やタイ語が

全くできなくても移住できる国というのは多少誇張されている」

そう語るのは、バンコク在住歴4年以上の政木さん。

海外タイでの就職の現実としては、タイ語はもちろん、

英語もできればできるほど実際の給与水準は上がる

タイにある日本人向けの不動産会社に就職した金子氏、

また日本で働きたいタイ人のための人材派遣会社に

就職した田中くんを政木さんから紹介してもらったが・・・

実際は、英語かタイ語での対応が

多くの場面で求められている。

そして当然、タイ語ができるほうが

英語ができるよりも就職では重宝される。

さっきも触れたようにタイは、海外でも

俺がいるフィリピンほど英語が通じる国ではないので。

タイの就職面接でタイ語ができる人が

優先的に採用されるのは確かだが・・・

英語かタイ語のどちらかがビジネスレベルであれば、

もう片方の語学力は問われないことが多い。その

レベルであれば当然、コミュニケーションに問題がないからだ。

一方、海外タイで「日本語のみでオーケー」という仕事に

就職しても100パーセント日本語という仕事はないと知っておきたい。

実際は80パーセントが日本語で、

残りは英語かタイ語という比率。

タイ語はしばらく住めば、ゆっくりではあっても

自然と覚えていくはずだが・・・

就職や仕事以外の日常生活を快適にするためにも、

やはり現地の言葉はある程度知っておきたいところ。

タイでの就職の現状

16621723149_826e3bcd4e_b

タイで就職する場合の給与水準は、職種にもよるが

30代40代以降でも、日本の大卒の初任給程度が

平均給与となるイメージ。

海外の中でもタイでの就職経験、タイ語での

コミュニケーションが可能、SEのようにITの技術が

あったりすれば2万から4万円程度上乗せになる。

英語もできないとなると当然、日本食レストランや日本人

向けのコールセンターに限られ、給与は平均よりも下がる。

ただタイでは「働いている人のほうがお客さんよりも上」

という考え方がある。

飲食店で働く場合でも日本ほどシビアな

サービスレベルを求められないのは、

働く側としては助かるところ。

タイで就職するための仕事の探し方としては、

この海外タイもコネ社会

日本にいるタイ人の知り合いを通じて

紹介してもらったり、現地で友達をつくるのを

まずはおすすめしたい。

実際、東京にいて数年前に帰国したトーンは、

タイに移住した松永に条件の良い就職先を紹介していた。

自分で検索するなら、東南アジアでの求人情報を載せて

いる「ジョブストリート」、また大都市バンコクでは日本語での

フリーペーパーで探すことも可能。

さすがに日本人がたくさん移住している国だけある。

この海外タイで仕事をする際の注意点としては、

ワークパーミットがビジネスビザの他に必要になることだ。

スポンサードリンク



コメント

  1. やにせふ より:

    タイ料理は実は好きじゃないんですが海外だったらタイ以外ないと思ってるなんで月で俺が仏教徒だからやっぱり溶け込みやすい文化に入っていくのが1番過ごしやすいだろうそして日本人にも好意的何しろ同じ黄色人種がとても張ってしてるし魅力的な街便利さをやっぱり話せない同じ弁別でも東京だからやっぱりこういった国に行きたいそして南国の魅力取り替えたらように発展するのは良い特に電車タクシーが自分が嫌いだからある程度安くて質でだめ食べ物はちょっとただ和食もいっぱあるからその点では嬉しいものどうしてもなじめない建物の魅力付でもそんな女やっぱり選ぶそして安いところ両方の良いところを選んでいくやっぱり国と言うのは限定されてくるだから孤高選びたい本情報これから詰めていく

  2. mini より:

    好みがありそうですね〜、私は割と一人だと不安なタイプなので。笑 海外でそういった日本人のコミュニティが豊かだと安心と思うタイプかもしれません。タイは人の雰囲気も何となく日本に似ているし勝手に親近感です!

  3. もものき より:

    タイも自然災害があると思っていたので、意外ですね。でもこの前大きな地震あったような気がしたんですけど、思い違いですかね?
    でも交通とかインフラがしっかりしてるのは移住するときのポイントになりますね。

  4. makostyle より:

    そうですかタイもだいぶん発展してきたのですね。ひと昔前は物価も安くて本当に発展途上という感じがしましたが。最近のアジアは本当にエネルギーに満ち溢れているようですね。

  5. マリ より:

    職場で知り合った人が、日本で3カ月全力で働いて貯金して、
    タイでお金が尽きるまで過ごすって生活をしていて憧れましたが、
    いい場所を選んでいたんですね。1度は行ってみたいです。

  6. あや より:

    タイ料理大好きなので子育てひと段落したら絶対に行こうと決めている国です!雑貨とかも可愛らしいイメージなので出来れば主人とではなく友人と行きたいな〜♪

  7. ユウゾラ より:

    バンコクが東南アジアで最も日本人の多い都市だとは全くしりませんでした。タイというと昔からあまり発展していないイメージがありましたが、知らぬ間にものすごく発展していたのですね。是非同じアジア人として行かねば。

  8. ななママ より:

    タイ料理大好きなので、タイには行ってみたいですー。
    微笑みの国、穏やかそうな人が多い印象だけど、
    タイ料理店のタイ人たちは、決して穏やかではないですね(笑)
    なので。意外と店員の態度が悪いのは、分かる気がするー。

  9. ひかり より:

    タイの料理は日本にも
    かなり浸透してきましたね。
    日本人の口に合うように
    日本では販売されていますが
    ぜひ現地の味も味わってみたいです!!