イギリスの旅費が安い時期は?往復を格安で…目安や平均は学生なら?例えば一週間の平均予算、ロンドンへの往復の目安や相場は…旅行に格安で行けるおすすめのツアーや安い時期、持ち物や日数、アプリをブログで紹介

スポンサードリンク


憧れのイギリスに行きたいが、やはり遠いし

物価が高そうだから旅費が気になる・・・

そんな人が周りにもいる。

「ヨーロッパに行くなら最低一週間は欲しい」

こう言われるだけに、一週間の

大体の旅費を知っておきたいところ。

一人旅なら、イギリスを周るのに

どれくらい予算があればいいのか?

スポンサードリンク

日本からイギリス(ロンドン)への旅行、旅費の往復の目安や相場。一人旅一週間の平均の予算を公開。

イギリス、例えばロンドンに一人で一週間滞在するなら、

切り詰めて15万円、余裕をもって30万円というところ。

現地でどんな過ごし方をするかによって

当然大きく変わる。

ちなみに4泊で15万円というツアーも。

これだと、やはり一週間30万円の余裕な旅に近い。

やはり言えるのは、基本的に

イギリスへの旅費は高いということ。

日本から距離がある上、

先進国だけにこれは避けられない。

旅費の中で最も高い航空チケット代は、

ヒースロー空港への直行便で俺の場合、往復9万円。

これはもちろん時期によって違いがある。

ホテルなら、だいたい一泊1万円近く。

安く泊まろうとするなら、イギリスでも

エアビーが利用できるところが増えてきている。

一人旅の魅力は、その自由さ。

旅費を節約するためにこれを活用しよう。

抑えられるのは飛行機代、

そして何より高い宿泊代。

飛行機代については後で述べるが・・・

何しろイギリスの都市部は宿泊費や家賃が

信じられないほど高い。

俺の場合はカウチサーフィンを利用したので

かなり抑えられたが。

海外旅行の予算…国別では高いイギリスだが、旅費が安い時期って?旅行を格安で楽しめるおすすめの時期。日数はどれくらいあればいい?

イギリス(ロンドン)やフランスへの旅行を格安で楽しめるのは

ずばり冬の時期、具体的には1月から3月あたり。

ここは渡航者が少なく狙い目だが、

当然ヨーロッパの厳しい冬。

防寒対策を始め、相当な準備で臨む必要がある。

海外旅行であることを考えると、

ヒートテックやダウンのように

軽くて防寒性の高いグッズを必ず用意しよう。

そして、イギリスを周るなら遠いヨーロッパだけに

最低1週間、できれば10日くらいは欲しい。フランスまで旅行するなら

トータル2週間は日数が欲しいところ。

働く日本人には厳しい条件だが(笑)。

イギリスへ格安航空で旅行。格安航空券で飛行機代を抑える方法

当然、さっき語ったような

冬のオフシーズンを狙うのが一つ。

あとは、LCCでプロモーション

常にチェックすること。

昔に比べて格安航空会社が普及したので、

海外旅行はずっと身近になった。

格安チケットの比較サイトも上手に利用しよう。

時間の余裕さえあれば、経由便を使うと

イギリスにも安く行ける。

俺の場合はマニラのような第三国のハブ空港を利用し、

飛行機代を抑えることを習慣にしている。

そしてこれはイギリスに限らないが、

水曜日に出国するチケットが安くなっている

ケースが多いので、参考までに。

イギリスへの旅行でおすすめの都市は?

予算を抑えるにしても、せっかくのイギリス。

おすすめスポットは外したくない。

自分が行ってみてよかったのは、リバプール

水面に映る歴史的なビルが何とも美しい。

この開けた光景が、俺が大好きで

いつまでも観ていたい理由。

そしてイギリスといえば、

ストーンヘンジは俺もおすすめしたい場所。

まさにこのストーンヘンジのように、

その場所にしかなく世界で他に似たような風景がない

観光地は、見どころとして外さないでいたい。

初めて見た時はどこかイースター島を思わせる光景に

感じたが、よく見たらやっぱり違う(笑)。

コッツウォルズは、ロンドンなどの大都会とは

また違ったほのぼのしたイギリスを見せてくれる。

それ以外には、もちろん定番のバッキンガム宮殿や

大英博物館、ジャイアンツコーズウェイやバースなど。

綺麗な花が見たければキューガーデンズ。

さすがに、過去は世界の中心であった歴史の深い国。

イギリスでおすすめできる場所は無限にあるし、

見どころには事欠かない。

イギリスへの旅行、持ち物は?どんなカバンで行けばいい?おすすめのアプリは?ブログで女の人の様子をチェック

イギリスに旅行する場合の日数は、

飛行時間が長いことも考えると最低1週間、

理想を言えば10日といったところだ。

乗継便やユースホステル、LCCなどを利用する、

寒さを我慢してオフシーズンの1~3月に行くなどの工夫をすれば、

予算は10万~13万くらいで抑えられるが念のため15万は準備しておきたい。

イギリスに旅行するとき、持ち物は着がえや薬、

ポケットwifiなど一般的な海外旅行の持ち物とそれほどかわらない。

夏に1週間くらいなら、服などはそれほどかさばらず

少し小さめのカバンやスーツケースでもOKだが、

冬ならかなり寒いからヒートテックやダウンコートなど

軽くて暖かいものでしっかり防寒対策をする必要がある。

イギリス旅行にツアーで参加する場合の選び方について書いたブログがある。

ツアーを選ぶときのポイントを元旅行会社社員の目からアドバイスしてくれている。

https://www.travel.co.jp/guide/howto/250/

イギリスのロンドンへ旅行するとき、

必須の持ち物は、移動を便利にしてくれるアプリだ。

ロンドンの地下鉄の乗り継ぎや行き方が

調べられるシティマッパーや観光地が探せる

トリップアドバイザーなど無料の便利なアプリを入れておこう。

ここに紹介されている。

https://igirisuomiyage.com/things-to-do/others/london-mobile-app

イギリスの魅力ある有名な観光地や、

桜が見られる公園などガイドブックには

載っていなさそうなところも紹介されているブログ。ぜひ読んでみてほしい。

http://tamipote.com/

イギリスへのハリポッターツアーって旅行にどう?格安で行きたい学生にツアーでおすすめなのは?

イギリス旅行のツアーには添乗員付きのプランがある。

自分でアプリなどを駆使したり調べたりするのが苦手な人や、

効率的に観光を楽しみたい人におすすめだ。

イギリス旅行には、ツアーに参加するタイプ

個人で計画していくタイプとあるが、

どちらにもメリット・デメリットはあるから自分に合うほうを選んだほうがいい。

イギリス旅行は、ツアーのほうが

個人で行くより予算を抑えられるし、

安全安心という面もある。

ツアーと言っても自由行動があるプランや

航空券とホテルのセットのみなどいろいろなプランがあるから、

値段と自分の好みを考えて選ぶことになる。

このサイトでは、添乗員付きのツアーや

ロンドンのお得なツアーが検索できる。

さらにイギリス旅行のツアーでは

格安と言える8万円台のプランもあるから学生必見だ。

https://www.travel.co.jp/guide/howto/250/

最近は、多くの旅行会社でイギリス旅行に

人で申し込めるツアーもある。

比較サイトで値段を見ながら選べてとても便利だ。

時間が取れたとき一人で出かけて自由にロンドンを散策するのも、

いろいろな発見がありそうでいいかもしれない。

ロンドンで人気があるのが、ハリーポッターツアー

撮影に使われたスタジオや衣装などを見学できるツアーだ。

バスや電車の送迎、日本語アシスタントをつけたプランもあって

2か月以上前に予約しないと取れない人気のツアーだ。

まとめ。イギリスへの旅行も工夫次第で旅費は抑えられる。観光にビザは不要だが移住は…

イギリスには6か月以内ならビザなしで滞在できるが、

遠くて物価も高いイギリスにはなかなか旅行するチャンスがない…

と思っている人は多いだろう。

工夫次第で旅費を節約しながら楽しめる方法を紹介してみた。

さらには、イギリス旅行の旅費サンプルとおすすめスポット、

旅費を抑える方法を語ってきた。

航空券を安く抑えるには、日照時間は

短いというデメリットはあるが真冬の1-3月、

乗継便を使う、LCCのプロモーションを使うなどの方法がある。

宿泊費を抑えるには、B&Bやホステルを選ぶという方法がある。

これで10万円以内におさまる可能性も出てくる。

さらに観光に便利なアプリを使ったり、

旅の達人たちのブログを参考にするなど、

工夫と下調べをすれば、予算を抑えながらでも十分楽しむことができる。

「今度行くイギリス。おすすめ知ってる?」

はとこのユウキが、

満面の笑顔でそう話す。

ピースボートで3回世界を回った彼女。

いよいよ女の子の一人旅だ。

このフィリピンに一人で来るよりは

安全だと思い、少し安心したが(笑)。

イギリスは多民族国家でもあり、日本人が

普通に旅行していても違和感がない。

黄色人種を見下げる人がいるアメリカと違い、

イギリスではそういった心配もない。

現地の人々は紳士的で親切。そして

思ったよりフレンドリーなのも良かった。

タクシードライバーまでちゃんとしているのは、

俺が移住したこのフィリピンと違って魅力だ(笑)。

このイギリスを拠点に、ヨーロッパ各地に

時間や旅費の面で移動しやすいのも利点。

パリまで3時間かからなかったりするのも驚いた。

何しろヨーロッパは、やはり

その街並みの美しさに感動する。

一方のマイナス面としては、やはり先進国ということで

全体的に物価が高いという点。

それなりの予算があったほうが

旅が楽しくなるのは当然だ。

日本人に最も馴染みのある外国語である

英語が通じるのはありがたいが・・・

やはりブリティッシュイングリッシュは

日本人が習っているアメリカ英語とかなり異なっている。

日本の方言のように言葉自体が違うもの、

イントネーションや発音など様々なものが異なる。

どっぷりイギリスの現地で人と話したいなら、

特にアメリカ英語と明らかに違う単語は

事前にある程度予備知識として入れておくことをおすすめする。

そして太陽しか愛せない俺のような人には深刻だが(笑)、

イギリスには行く時期を選ばないと、曇り空の下

ちょっと沈んだ気分で旅することに。

また食事はやはり基本淡白で、好みが分かれるところ。

薄味好きな母ちゃんにはいいかもしれないが(笑)。

現地の水が硬水で、

日本人と合わないというのも有名。

また特に日本人女性はイギリスでは若く見られるので、

それを意識した格好をすると違和感なく現地で溶け込め

変に浮かないですむ(笑)。

ところでイギリスは、移住するのが難しい国で有名。

日本にもイギリス人は多いし、日本はパスポートの

信用が高いので現地への移住もそこまで大変だと

思っていなかったが・・・それは全く別の話。

通常なら最もシンプルで確実な方法である国際結婚でさえ、

イギリス政府が外国人の配偶者に対してビザを

容易に下ろそうとしない。

友達のハナエもイギリス人男性と結婚したが、まるで

いじめのようなそのハードルの高さに

ほとほと参っていた(笑)。

それでも、イギリス旅行のためのビザが中国人にはいるのに・・・

日本人がイギリスへの観光旅行のビザが不要なのは、まだまだ恵まれている。

何しろビザなしで190カ国に入れるのはすごい。

スポンサードリンク



コメント

  1. るまんどる より:

    イギリスは行きたい国ナンバーワンなんですけど・・・
    狙い目は1~3月ですか。日本は年度末、一番仕事の忙しい時期。
    どうせイギリスまでいくならアイルランドも行きたい。
    もう仕事辞めるしかないですね(笑)

  2. かな より:

    イギリスは高いイメージがありますが、やはりそうなんですね。
    今度はカウチサーフィンについても知りたいです!

  3. あや より:

    撮影に使われたスタジオや衣装などを見学できるハリーポッターツアー!楽しそうです!こーゆーのが好きな私は少し興奮してしまいました!

  4. とむ より:

    たしかにヨーロッパは夏より冬の方が断然安いですよね。でもあの寒さには到底耐えられなさそうです。笑

  5. さなえ より:

    イギリスは憧れ!ぜったいに行ってみたい!
    ロンドンではなく地方でB&Bに泊まってみたいです。
    EUから離脱してしまいましたが、さらに物価が高くなるなんてことになるのでしょうか。

  6. まや より:

    1週間で15 〜30万
    やはりヨーロッパは高いですね、、
    イギリスは憧れますが、移住は難しいですね、、

  7. さなえ より:

    いわゆる団体旅行は苦手ですが、フリープランでのツアーはよく利用します。
    ハリーポッターツアーは楽しそうですね!
    予約が取りにくい観光施設に優先的に入れたりするので
    ツアーはお得ですよね!

  8. ねずこ より:

    ヨーロッパ、特にイギリスへの旅費は高いイメージありますね。
    コッツウォルズや湖水地方に行ってみたいです。
    食事はおいしくないと言われていますが、実際はどうなんでしょうか。

  9. かや より:

    確かにせっかくヨーロッパに行くなら、1週間は行きたいですよね。
    旅費高めですね(>_<)
    そしてヨーロッパはスリガ怖いです!

  10. 皐月 より:

    水曜日に出国するチケットが安くなるケースが多いっておもしろいですね。
    一体どんな理由なんでしょうか。週の真ん中で移動する人って少ないのかな。

  11. えねいぶる より:

    イギリスに行くにはやはり日数が欲しいですね。
    働いている間はムリっぽいなぁ。
    ダウントン・アビーが大好きなので、舞台になった貴族の館巡りをしたいです。
    そんなツアーがあったら参加したい。