通勤手続中が長い?(中国から)川崎東郵便局の通関手続き中…遅い、長いのはなぜ?4回、2回、土日の時間、英語や日数など

スポンサードリンク


「通関手続き中」は、海外の商品を購入する機会があれば

避けて通れないもの。かなり待たされていら立つという声も耳にする。

特に中国からの物品が届くまでの時間が長かったり、

川崎東郵便局が遅いという声も。

2回、4回と表示されて待たされるのはたまらない。

これから経験するならもちろん、既に経験済みのあなたにも

改めて「通関手続き中」について紹介する。

スポンサードリンク

通関手続中とは?時間が長い時の問い合わせはどこから?中国?

通関手続とは、貨物の輸入出の時に関税から

その許可を受けるための手続きである。

貨物の品名や種類、価格などを税関官署

(以下税関)へ申告し、輸入の場合は税金の納付も必要だ。

許可が無いと輸入出は出来ないし、

手続きを行わずに輸入出をすれば「密輸」となってしまう。

EMSで荷物を海外へ。通関手続中とは?

海外へものを送るとき、

よく利用されるのがEMSというもの。

これは国際スピード郵便

(Express Mail Service)の事で、国際郵便の一種だ。

海外へ何かを送った経験がない自分としては

一番気になるのが配送状況なのだが、

多くの国で、パソコン・郵便局の端末での追跡も可能なのだ。

では「通関手続中」とは何かというと、

その追跡を行った時に表示される追跡結果の一つだ。

荷物は相手に届く前に国際交換局、

という機関に着くのだが、

そこで「深刻に不備や誤り、

問題がないか」を税関に検査される。

このとき、追跡結果に「通関手続中」が表示される。

無事に検査を通れば、晴れて荷物が届けられるのだ。

EMSの通関手続中、時間が長い時は

どこに問い合わせるか大切な郵便物、

速く届けて欲しいし今どんな状況に

あるのかは当然気にかかる事だ。

EMSで追跡をし、通関手続中になるまで、

またなってから遅い!という意見をよく目にする。

なかには通関手続中になってから

1ヶ月過ぎている・・・なんて話も・・・

通関手続中のままなのは、旧正月にも

影響を受けている事時期によってはある。

中国などのアジア諸国や地域では、

旧正月期間中は郵便業務が臨時休止となり

その間や前後はかなりの遅れが生じてしまうのだ。

ともかく、問い合わせをしたいときどうするか。

先の通り、検査は「国際交換局」で

行われているわけだが、国際交換局があるのは

東京国際郵便局・川崎東郵便局・中部国際郵便局・

大阪国際郵便局・新福岡郵便局・那覇中央郵便局で、

追跡システムのなかで日本の「国際交換局に到着」と

ある場合、いずれかの交換局へ荷物が届いているはずだ。

ただし、問い合わせ先は表示されている

郵便局ではなく、各交換局にある税関の出張所となるが

各郵便局へ問い合わせ、

税関出張所へ繋いでもらうこともできる。

EMS(国際郵便)など「通関手続き中」で遅いと有名な川崎東郵便局。通関手続中が2回(二回)・3回(三回)・4回と表示されて長い、遅いのはなぜ?(中国の場合)土日は?

通関手続中で遅いと言われている川崎東郵便局は

神奈川県にある、国際郵便交換局のひとつである。

荷物の流れとしては、

1・引き受け

2・国際交換局に到着

3・国際交換局から発送

4・国際交換局に到着

5・通関手続中

6・国際交換局から発送

7・お届け済み  

となる。

この流れの場合の4・5・6を川崎東郵便局が行うのだが、

川崎東郵便局が担当する業務の中で、

通関手続中の段階が遅いと言われているのだ。

川崎東郵便局で通関手続中となってから、

かかる時間について調べてみるとまちまちではあるが、

遅い時には「通関手続中」から「発送」

まで一日弱、要しているという記録も見られる。

しかもこれはあくまで「通関手続中」が

一回で済んで通過した場合である。

川崎東郵便局で通関手続中のまま。土日は休み?

国際書留だと、川崎東郵便局で通関手続中の

状態から変わるのが遅くて長い、

または変わらない事がある。

これは営業時間の関係があり、EMSの通関手続きが

24時間なのに対し、国際書留郵便(普通郵便)の

場合は土日祝に影響される。 

川崎東郵便局では

平日 8:30~17:15
土曜 8:30~13:00
日祝 休み

であり、そのためタイミングによって「通関手続中」から

変化が見られない状況にもなるということである。

川崎東郵便局で通関手続中が2回、

またはそれ以上とはどんな状況なのか

川崎東郵便局に着いた荷物が通関手続中になって、

ただ長いというわけでなく

それが複数回表示されている、という状態もある。

通常、何事も無ければ「通関手続中」は

追跡結果の中に1回の表示となるはずだが

これが2回以上となると、何らかの理由により

通関の二次検査へ回されている可能性が高い

例えば、荷物が課税対象となっているとか、

荷物の中身が申請書類と一致しない部分があるとか

スムーズに通過させられないと見なされて

二次検査となるのだ。

きちんと書類に必要事項を記入していたり、

荷物そのものにも疑われる覚えがないにもかかわらず

2回どころか3回4回と「通関手続中」が表示され、

何も通知が無いようであれば

単純に荷物が多くて時間がかかっているだけ

という事もあるそうなので問い合わせてみよう。

その場合、税関担当の

横浜関税川崎外郵出張所 044-270-5780 へ。

※川崎東郵便局へかけても正しい問い合わせ先へ繋いでくれるだろう。

通関手続き中、EMSの場合。川崎東郵便局も含め、通関の土日はどう扱われる?通関手続中の日数は4日?

EMSを利用したお届け日数の目安は、

JP郵便局公式ホームページから確認できる。

https://www.post.japanpost.jp/int/deli_days/ems/index.html

ホームページトップ→国際郵便→料金・日数を調べる→お届け日数 

で日数表が見られるので

自身の差し出し地域を見てみよう。

ただしこの日数は、土日が含まれる場合や

追加検査があった場合などでも変わるので、注意してほしい。

東京国際郵便局での

通関手続中の時間はどのくらいか

EMSは基本的に土日祝日も通関手続きを行っており、

当局国際郵便局に荷物が到着し、

交換局で「通関手続中」となった後は

特に問題が生じず検査が済めば、

速ければ2~3時間、遅くても1日程度で発送されるようだ。

ただしあくまでスムーズに通った場合なので、

東京国際郵便局で通関手続中になってから長いな、

という場合は荷物が多く時間がかかっていたり、

何か検査で問題が生じ、

2回目の通関手続中となる可能性もある。

国際郵便、通関手続中は長い?

通関手続中になってからすごく時間が

かかっている、という情報は散見されるが

外国へ荷物を送ることの不安や、

待ち遠しい気持ちも、長いと感じる要因に

なっている気がする。

もちろん、実際にかなり長い場合はあるので

郵便が通関手続中になってからずいぶん長い・・・

というならば、目安の日数と照らし合わせ

必要なら該当の関税へ問い合わせればよい。

通関手続中、2回表示された場合の関税は?通関手続きの時間が長い時の罰金は?

通関手続中が2回表示されている場合、

開封して中を確認されているという。

通関手続中が2回というのは、

コピー品や偽ブランドなどの可能性が疑われた為に

二次検査となっている場合があり、

ほかにもインボイスという荷物の情報を記載する書類に不備がある

などの理由から、開封して中を確認する必要があるのだ。

また、このように「通関手続中」が

2回以上となった場合、

関税を支払うことになるかもしれない。

必ずかかるものではなく、

関税の課税・非課税は値段によって決まる

個人使用目的の場合は購入商品の価格に

日本までの送料を加えた額の60%が課税対象額である。

また、課税対象額が1,000円以下になる場合は免税とされる。

(1,000円以下でも免税対象とならないものもあるので確認が必要。)

通関手続中が2回表示された時、

問い合わせは通関手続きを

行っている郵便局へ問い合わせてみよう。

混み合っていて繋がらない事も多く、

理由が開示されない場合もあるが

気になるなら問い合わせるべきだ。

通関手続中が1回でも、やたら長いことも・・・

通関手続中のまま2日が経過している、

というような「アクションがない」現象もあるようだが

これは荷物に問題があるというより荷物が多く、

交換局での作業が滞っている可能性も考えられる。

国際交換局へ到着後に通関手続中となってからの時間が

あまりに長い場合も問い合わせてみよう。

通関手続中「国際交換局から発送」が2回も表示…これは何?

ところで荷物を待っている間に

あれこれ調べていてわかったことがある。

今回のサングラスは国際書留で送られてくるのだが、

実はEMSの方が一般的に早く届くようなのだ。

EMSとは国際スピード郵便(Express Mail Service)の略であり、

その名の通り速さを売りにしていると言うことで、

国際書留に比べると送料は若干高くなるが、

国際書留より1.5倍から2倍の速さで届けてくれる。

速さを優先させるなら、国際書留よりEMSだ。

さて、自分の待ち遠しい国際書留の方はいまだ通関手続中なのか。

再度検索してみると、

国際交換局から発送」という表示に変わっている。

実際には「国際交換局から発送」という表示は2回ある。

1回目は現地、中国の国際交換局から

日本に向けて荷物が発送されたとき。

今度の2回目は長いこと「通関手続中」だった

東京国際郵便局」から自宅近くの郵便局に向け発送されたのだ。

これで一安心だ。

いや、自分はもしかしたら、ラッキーな方だったのかも?

ネットで通関手続きについて調べていると、

「通関手続き中と表示されてからが長い。

既に3回も同じように表示されている」

「通関手続き中が4回表示されてから動きがないが、

一体これはどういうことなのか」と不安な投稿も多く見た。

国際交換局がある郵便局の中でも

特に通関手続きが長くて評判の良ろしくない郵便局がある。

通関手続中が2回…開封されてるの?

先日、ネットでサングラスを購入し、

中国から発送されてくるのを

首を長くして待っているがなかなか届かない。

そこで、荷物を追跡してみることにした。

サングラスを購入した後、

発送の連絡とともに教えられていた

トラッキングナンバーを探してみる。

今回は国際郵便で発送されているので、

日本郵便のホームページに

トラッキングナンバーを入れて検索をかけてみる。

すでに1週間前には国際交換局というところに到着し、

同日中に、「通関手続き中」と表示されている。が、

よく見ると、「通関手続中」がほぼ同じ時刻で2回も表示されており、

その状態で土日に突入している。

その後何も表示されていないので

「通関手続き中」が2回表示された状態で

手続きがなんらかの理由で止まってるのは明らかだ。

荷物を開封して調べてでもいるのだろうか。

それなら、中身はただのサングラスだし、

「通関手続き中」の表示がそんなに長いのは変だ。

試しにネット検索してみる。

ネットを調べると、「通関手続中」が2回表示されているのは、

どうやらその2回目の検査で荷物の中身が

コピー商品でないかどうかを検査しているらしいことがわかった。

確かに中国ではコピー商品が多く出回っているが、

自分の買ったサングラスはれっきとした本物のブランド商品だ。

通関手続き中は英語で何?

国際郵便物の発着の窓口業務を行なっているのが国際交換局で、

国際交換局がある郵便局は全国で、

東京国際郵便局(東京)、川崎東郵便局(神奈川)、

中部国際郵便局(愛知)、大阪国際郵便局(大阪)、

新福岡郵便局(福岡)、那覇中央郵便局(沖縄)の六箇所である。

その中で、「荷物が通関手続き中で止まったままと」いった類の

クレームでよく名前を見る郵便局がある。

そう、あなたの荷物もそこで止まっているかもしれない。

ずばり、川崎東郵便局の通関手続きが遅いのだ。

実際、通関手続きについてネット検索していると、

「川崎東郵便局で通関手続き中のまま土日に入るとどうなるか」

「川崎東郵便局の通関が遅いのは

川崎税関の通関手続きに時間がかかっているから」

と言った感じの書き込みを沢山目にする。

ちなみに川崎税関とは川崎外郵出張所のことで、

川崎東郵便局内にある。

川崎税関の通関手続きが遅い理由は何かあるのだろうか。

他の税関の出張所では土日の業務を

おこなっていないところもあるが、

平日、土日、休日全て朝の5時から夜中の24時まで

川崎は開庁しているというのだから驚きだ。

実は、川崎東郵便局が遅いのは日本に到着する国際郵便物の

およそ9割を扱っているため、

単純に1日にさばける量に限界があり

時間がかかっているのだと考えられる。

ちなみに通関手続き中となんども表示されて

なかなか手続きが進まないことに業を煮やして

川崎東に直接問い合わせた人たちの中には、

「通関手続き中」と何度も表示されたから

関税がかけられているのではないかと

心配している人がいるが、必ずしもそういうわけではない。

すごくおおざっぱに言うと、

個人の使用目的で海外から購入するものに関しては、

米ドルを税関から与えられたレートで円換算した時に、

1回の輸入品の合計金額が日本円にして16,666円以下であれば

関税はかからない。もちろんこれに当てはまらない例外品目もある。

ブログ内で分かりやすくまとめている人がいたので紹介しよう。https://hunade.com/under-ichiman#1

ところで、余談だが

通関手続きで荷物が届かないのは何も受け取る時ばかりではない

海外でお世話になった知人に荷物を送った時にも

なかなか届かないと連絡が有ったので、

同じようにトラッキングナンバーで追跡してみたところ、

向こうの税関で止められていることが有った。

さて、知人は日本語は話せないので

「通関手続き中です」と英語で伝えなければならないが、

なんて言えばいいのか。

例えば、「送った荷物は通関手続き中で止められているようだ」

と言うのを英語にすると、

”It looks like the package I sent to you is stuck in customs”

で通じるだろう。

日本だろうが、海外だろうが荷物が届かなくてやきもきするのは、

みな同じと言うことだ。

まとめ

海外から送られてくるはずの荷物を追跡してみると

通関手続き中」と表示されていることがあるが、

この通関手続にはどれくらいかかるのだろうか。

早く受け取りたい荷物。

週末も通関手続きしてくれるのだろうか。

受け取るのに時間がかかるものやかからないものの差は?

関税がかかるのはどんな物?など、

自分の経験を踏まえてわかったことをまとめてみた。

国際交換局から発送」と表示された翌日、

とうとうサングラスが手元に届いた。関税はかけられていなかった。

今回のことで分かったのは:

  1. 急ぐなら国際書留ではなく、EMSを利用すること。
  2. ただし、国際書留の方がEMSより安い
  3. 川崎東郵便局は通関手続きに時間がかかる
  4. 「通関手続き中」と2度、3度表示されることはよくある。
  5. 関税は基本的には購入商品の合計が16,666円以下ならかからない。
  6. 川崎税関は土日祝日もやっている。

以上だ。

海外との荷物のやり取りには

避けて通れない通関手続き。

通販で気軽なやり取りが当たり前のように

出来るようになったと同時に

知らなければならない事、

国内の取引では不要だった様々な手続きやそれに伴う不安。

送った荷物、または送られてくる

荷物がきちんと届くか、

いつ届くのかただ待つ身であると、

時間はとても長く感じるだろうが、

荷物は世界中から集まる。

交換局の人々は、そこに混ざり込む違法な物を

見逃すまいと日々仕事に追われているのだ。

すこしでもスムーズに届くよう、

書類の不備やモノの値段、発送時期の考慮など、

せめて自分たちに出来ることはきちんと行い、

これからも増え続けるであろう輸入出に備えたい。

スポンサードリンク



コメント

  1. ストウ より:

    すごい参考になりました!
    最近初めての海外輸入中で、通関手続が2回表示されていて不安です。
    昨日横浜税関に電話してみたのですが、”そんなに心配する必要はありませんよ”
    と言われましたが、正直まだ不安です。
    今日も動きがなかったら夕方再度電話してみようと思います。

  2. るまんど より:

    国際郵便はたま~に利用します。
    包装がぼろぼろになって届くことがあるので、結構開けられてるんでしょうね。
    荷物の追跡はしたことがありませんが、到着が予定より遅かったら
    川崎東郵便局経由なのかも知れませんね(笑)

  3. さら より:

    『通関手続中』わかります!!!すっごく長いですよね!!2回なったこと私あります!あれはチェックされているんですか!びっくりです!

  4. あや より:

    EMS時間はかかりますが、海外便としては1番便利ですよね。待ち遠しいが故に次に進むまで時間がかかると長く感じます。

  5. なつ より:

    荷物開けられていること私もありました。しょうがないのかと思いますが、少しびっくり&ショックでした。笑

  6. わかな より:

    通関手続き1日弱なら早い方だと思います!何日も動かなかったこと何回もありますが、最初から何週間もかかると腹を括っています。

  7. パッタイ より:

    海外で購入したものを自宅へ送ったことは何度かあるけど
    毎回包装がボロボロになってます。
    自分のものだからいいけど、商品だったり高価なものだったら
    ショックですね。