うにの解凍を急ぎで!冷凍うにの解凍!冷凍ウニの解凍の仕方は…うに解凍の仕方(解凍方法)、解凍後の塩水や賞味期限、レンジなど

スポンサードリンク


食べ物を保存する時には、冷凍庫を活用するのも一つの方法。

うには冷凍保存が出来るのだろうか。

うには家庭用冷凍庫で冷凍にすると組織が壊れやすく

美味しくいただくにはなかなか難しい。

冷凍する時に注意しなければならないのは、

うにの水分はしっかり取り除く必要がある。

解凍の際は袋に入れてしっかり空気を抜き、

氷水での流水解凍が良い。

電子レンジを使ってのうにの解凍は、

生のうにの冷凍だとあまりおすすめできない

うにの賞味期限とうにの傷み方を調べてみた。

スポンサードリンク

うにの賞味期限!殻付きうにや板うにの場合

うにの賞味期限は、いつまでなのか気になる。

解凍した後のうにだが、なるべく早く使ってしまおう

解凍するだけで組織が壊れ風味がなくなってしまうので、

それから日が経つほど美味しさはなくなってしまう。

使う分だけ解凍して早く使ってしまうのが、美味しく頂ける。

うにには、殻付きうに・塩水うに・板うにの3種類だ。

それぞれのうにには、味に違いがある。

殻付きうには、甘味があり味が良い。

塩水うには、味は自然のまま。

板うにの場合は、ミョウバンが入っているので少し苦みがある。

それぞれのうにには、賞味期限の違いはあるだろうか。

冷凍保存しない場合の賞味期限を知っておこう。

殻付きうにの場合は、日持ちがしないので、

届いた当日か翌日までには食べる。

しかしうにの量が多いと、食べきれない。

そんな時には、保存する

冷蔵庫で殻から身を取り出して

タッパーなどで塩水に浸して保存をすれば、

少し賞味期間が延びる。

少し伸びるといっても賞味期限の期間は短い。

3日以内に保存をしたうにを食べきろう。

3日以内で食べきれない場合は、冷凍保存をする。

しかし殻付きうにの場合、冷凍保存はむかない。

その時はクリームソースなどにして、調理するのをおすすめする。

塩水うには、塩水につけただけの無添加のうに

塩水うにの賞味期限は、発送日からだいたい4日から5日

塩水うにの賞味期限は箱に記載されているので、

賞味期限日を必ず見ておこう。

塩水うにの保存方法は、塩水につけたまま冷蔵庫に保存する。

塩水うにの場合は、冷凍保存をする事が出来ないので注意しよう。

板うには、木の箱で保存したうに。

板うにの賞味期限は、だいたい5日から6日だ。

箱に書いてある賞味期限を必ず見ておく。

板ウニは、そのまま冷蔵庫で保存をする。

開封したら、すぐ食べきってしまおう。

うにが腐った場合と傷みを見分けるコツ

うにが腐った場合と傷みを見分けるコツを知っておこう。

まず新鮮なうにの特徴について調べてみた。

新鮮なうには、身の塊がしっかりしている・粒がきれい・

身につやがある・身の色である。

うにの色は、うにの種類によって違うのだ。

ところでうにが傷むと、どんな状態になるのだろうか。

傷んだウニを食べて食中毒になりたくない

食べてはいけないケースを知っておこう。

うにが傷むと、強烈なにおい見た目が悪くなる

強烈な臭いとは、卵が腐った臭いや異常な生臭さがある。

見た目が悪い場合は、カビ・糸が引いている

粒が溶けてしまりがない・乾燥している・粘りがあるなどだ。

強烈なにおいや見た目が悪くなったら、食べてはいけない

さらに、うにに関して注意しなければならない事がある。

うに自体に傷んでいないのに、

食べると食中毒になる場合があるからだ。

それは、腸炎ビブリオによる食中毒。

食中毒の中には、

うにの臭いや見た目で判断する事が出来ないから、やっかいだ。

4℃以上のところにうにを置いておくと、

すぐに菌が繁殖してしまう。

うに自体は腐っていないので、まったく分からない

菌が繁殖していると知らずにうにを食べると、

食中毒になってしまうので怖い。

腸炎ビブリオによる食中毒にならないようにするには、

どうしたらいいのだろうか。

腸炎ビブリオによる食中毒を防ぐコツがある。

うにを常温のところに置きっぱなしにしない事。

冷蔵庫からうにを出したらすぐ食べる

食べないウニは、必ず冷蔵庫の中に入れる事だ。

そしてうにを購入したら、正しい方法で保存しよう。

まとめ うにをおいしく食べよう。

うにをおいしく食べる前に知ってほしいのは、

うにの保存方法と新鮮なうにの見分け方

うにの保存方法を失敗すると、うにが傷んで食べられないからだ。

そして腸炎ビブリオによる食中毒にならないように、

気を付ける事も大切。

うにを購入するなら、新鮮なうにを選ぼう。

うにをおいしく食べるには、賞味期限中に食べるのが一番

生のうには、できるだけ新鮮なうちに食べるのが一番おいしいが、

それができない場合は火を通して冷凍したほうがいい。

冷凍うには、和風、洋風いろいろな料理に使えるが、

それぞれの料理でウニの風味も変わるから、

ぜひそのバリエーションを楽しんでみよう。

クックパッドや楽天レシピなどで、

冷凍したうにを使ったレシピがある。

レシピを参考にしながら、

冷凍うにをおいしい料理にしておいしく食べよう

スポンサードリンク