移住者が語る東南アジアでの就職…高卒や未経験におすすめは?新卒やニートでもコールセンターやSEなら日本人も可能?就職難や就職率についても紹介

スポンサードリンク


「東南アジアでの就職、おすすめですよ」

もともと東南アジア旅行が好きだったことが

高じて、ホーチミンの人材派遣会社に就職し

今はカンボジア事務所への異動を待つアツミ。

仕事が仕事だけに東南アジアの就職状況に詳しく、

skypeでたくさん話を聞けた。

スポンサードリンク

東南アジアの就職戦線。就職したい日本人…高卒や新卒、未経験やニートにおすすめなのはコールセンターやSE?就職難と聞くけど就職率は?

どの国も経済が伸びている東南アジア。特にインドネシアやタイ、

マレーシアやベトナムあたりでは、日本人の求人も多い。

これらの国では人材が足りていないため、責任あるポスト

任されることも多く、特に若い人にもスキルアップのチャンスは大きい。

一方で欧米はもちろん、同じアジアでも

シンガポールや香港は成熟した市場。

ビジネススキルに長けていたり経験や熟練した技術が求められるため、

日本人が就職できるのはごく一部の人だけになる。

東南アジアでは俺のいるフィリピンも含め、jobstreetなどのサイトや

就職雑誌を見て仕事を探している日本人がほとんど。

その国の言葉や英語が分かるに越したことがないのは

当然として、

それ以上に日本人としての基本的なビジネスマナー、例えば

時間を守ることや一定のサービスクオリティーを保つことが

スキルとして求められている。

先日一時帰国した際、高崎のスターバックスでお茶をした

渡辺社長も話していたが、ベトナムは特にIT関係も含め

日本人にとって開かれた雇用市場。

人口1億人に迫るこの国は、これからも

どんどん勢いを増していきそうだ。

東南アジアでの就職となると、日本と比べて生活水準が

一気に下がるのではと心配する人もいるが、

例えばタイのバンコクなどは、さながら東京のよう。

ベトナムのホーチミンにも

日本のイオンモールができているほどだ。

東南アジアが良いのは、日本への一時帰国もすぐにできること。

日本人に近い気質を持っている人が多いこと、

気候が暑すぎず寒くもなくちょうどいいこと。

独特のホコリっぽさはあるが、人々と活気のある街の

雰囲気がなんとも心地いい。

東南アジア就職番外編(フィリピンの就職事情)

24189311031_f3411d425f_b

東南アジアの中でもこのフィリピンでは、優秀な大学を

卒業した現地人がSMモールなどで普通の販売員をやっていたり、

飲食店に就職して働いている。

それでも仕事があるだけマシという状況。彼らフィリピン人でも、

大学を出ていなかったり英語がちゃんと話せないと

仕事を見つけること自体が難しい。

マカティを始めフィリピンには様々な世界的企業の

コールセンターがあるが、アメリカ人などのネイティブを

相手にするため、英語が相当流暢でなければ日本人の就職は厳しい。

東南アジアを旅して帰ってきたフィリピーナの友達emは、

コールセンターに就職してからストレスまみれになっていた。

需要もあり比較的高給なコールセンターの仕事は、

アメリカとの時差で仕事が夜間になること、そして

このストレスを理由として離職率も高い。

いずれにしても、フィリピン人は英語がしっかり話せる人が多いため、

現地採用されたとしても競争は相当厳しくなる。

その上で給与が現地水準となると、日本人にとって生活は

なかなか大変で、あまり楽しそうではない(笑)。

日本人向けのコールセンター、または和食など日本人が

経営する飲食店で勤務したり、日本企業の現地駐在員として

働くのが現実的な選択肢か。

または俺のようにWebで日本円が得られる仕組みをつくって、

自分でマイペースで仕事をしていくかだ。

スポンサードリンク



コメント

  1. オレンジ より:

    自分でマイペースにできる仕事があるんですね。海外で働くのも移住するのも英語が話せることが基本になるのですね。話せなくてもできそうですが壁にぶつかることがたくさんありそうです。

  2. れいな より:

    え、イオンモール海外進出しているんですね!びっくりしました。
    海外にいって和食店があるのは嬉しい
    もちろん現地の人の舌に合わせて工夫はされているるとは思いますがもし自分が海外に住むとしたら、ふと恋しくなったときに日本食が食べられるところがいいです。
    海外で事業を考えて行動する生き方に尊敬です。

  3. バルタン より:

    上記の記事を拝見させてもらうと、若い世代が多いアジア諸国に日本のチャンスは今しかないという感じですね!この機を逃さないでいきたいです!

  4. そふせそ より:

    東南アジアで就職や何か爆発ますね何かお祭り気分でいいですもんね怒りっぽさもありますが何かいつもうるさくてわざわざアイスクリームがあります夢さんはほこりっぽくてやると言ってたけど特に女性でなければ俺のような腐った男だったらどこにでも適用できる気がしますそして向こうで仕事なんで生そうですなんか全部安そうだしなんか非日常って言う感じで面白そうです。だったら会社に行っても面白そうな感じがします日本で通勤電車で満員電車で時々にもまれてどうでもよっぽどむしろそんな気がしますやっぱり環境軽くなっすごく大事ですよねなかなかすぐにできることではないですかこういった記事でチャレンジの機会をもらったのでやってみようかと思いますと追徴

  5. ユウゾラ より:

    現在の状況としては日本に家庭もありこの生活を崩したいとは思いませんが、もし自分が独身なら聞けば聞くほど東南アジアのような活気のある国に惹かれますね!

  6. ひかり より:

    移住する人が増えている中で
    東南アジアはとても魅力的ですね。
    移住先での就職が最も難しいと思いますが
    日本人は受け入れられやすいのかもしれません。
    行ってみたい国です!!

  7. キセル より:

    日本人の就職者に開かれている雇用状況が多いのは助かりますね。海外で就職なんて考えもしなかったのですが、なんだか読んでる内に候補に入れたくなりました。住みやすさも良さそうで、旅行でも行ってみたくなりました。

  8. makostyle より:

    フィリピンも魅力ですが、ベトナムやタイもいいですね。日本で就職してもなかなか成功するには努力が必要で易しいものではありませんが、自分を試すために挑戦したいものです。

  9. カオ より:

    海外で就職するならやっぱり英語は基本なんですね。
    イオンモールもあるとか知りませんでした。
    家庭がなければ飛び込みたいですね。

  10. あす より:

    英語は必須ですよね。日本語も世界に共通する言葉にならないでしょうかー笑 そうしたら日本人も働く幅が広がるのに(;o;)

  11. ドクターC より:

    東南アジアでの就職は、収入も低くなるし、生活水準も下がるだろうし、メリットあるのか?と思っています。やはりDANさんのように、海外で暮らしつつ日本で収入を得るようにしないとダメですね。

  12. かな より:

    コールセンターでも流暢な英語を話せないとやはり厳しいですよね。。
    そして時差で深夜の勤務。。なかなか辛そうです。

  13. あや より:

    インドネシア、タイ、マレーシアやベトナム、どの国も日本との交流が少しずつ増えてますよね。行ってみたいです。

  14. とむ より:

    たしかにアジア圏なので、一時帰国しやすいのは大きいですね。気温も近いと過ごしやすく感じると思います。

  15. パッタイ より:

    移住して働く場合、現地の人のできない仕事をしたいですね。
    現地の人の仕事を奪うかたちにはしたくないなって思います。
    ってか、ベトナムやフィリピンに移住できるなら、働きたくないですね。

  16. まや より:

    日本人の受け入れ状況がよさそうですね。十分に魅力だと思います。
    英語は必須かもしれませんが、東南アジアは近いところが多いので気になります。

  17. ユタカさん より:

    責任あるポストを任されるってことは、
    インドネシアやタイなどでは「日本人」というブランドが通用するってことですね。
    技術や資格がある訳ではなくても、スキルアップできるチャンスがあるのはうれしいです。