香港に移住するメリットとデメリットとは?香港に住むには…移住ビザの条件や仕事を探す方法、税金など失敗して後悔しないための情報をブログで公開

スポンサードリンク


ビザの条件は各国により異なるものであるが、

香港でのビザの条件はなんだろうか。

また、香港で仕事をしたい場合は、

日本人としてどのような仕事があるのか。

さらに、香港の税金制度は日本に比べ低いと言われているが、

実際のとことどうなのか。

詳しく紹介していこう。

スポンサードリンク

香港に住むには?移住する方法、重要なのはビザ?移住ビザの条件について

スポンサードリンク

香港に移住するにあたって、携帯がiPhoneの場合なら、

Jailbreakした上で、ソフトバンク版なら中国聯合

au版なら中国電信のカードを挿せば問題なく使うことが出来る。

その他の携帯は、試してみないとわからないそうなので、

現地で買うのが無難。

2万程度で購入でき、日本語対応している機種もあるようだ。

日本国籍の人の香港入国は、90日以内の滞在なら不要。

移住ビザの条件は、どんな仕事を香港でするかどうか。

それによってビザの許可がおりるかどうかが決まる。

また、滞在期間中滞在期間をカバーするのに十分な資金を持っている必要がある。

ただし注意点として、仕事をしない前提で、

学生として香港に滞在することは出来なくなっている。

香港と中国本土との違いは、栄えていて富裕層が多いかどうか。

香港はきらびやかな街で、ネオンもキレイ。

海外との接続もよく、マカオに行くにも1時間程度手行くことが出来る。

香港に移住するなら仕事は?税金はどれくらい?現地在住者のブログで確認 仕事の探し方

以前に比べ少なくはなったものの、香港では英語と中国語が

話せる日本人が必要とされているのは事実。

日系企業がかなり進出している香港では、

日本人は常に求められており、専門職でなくても営業や

事務スタッフなどの募集もまだまだ存在する。

今までの自身の仕事経験を活かした分野での仕事や、

香港での出版社での仕事など、様々ある。

また、香港での海外キャリアを積むことで、

日本に戻った時に活躍できる場も広がるのも嬉しいポイントだ。

香港で勤務、就業して発生する収入に対する課税が給与所得税

スポンサードリンク

2018/19年度は標準税率15%、段階的な2~17%の累進税率との選択制になっている。

コミッション、賞与、チップ、手当、その他臨時収入、

香港で提供されたサービスに対する収入および年金も課税対象に含まれる。

また、家賃収入から固定資産税および賃貸収入

その20%を控除した額に一律15%(2008/09年度以降)を課税は、

資産所得税となり発生する

法人税については2018年3月29日、香港政府は税務条例を改正し、

2段階の税率措置を導入している。

法人事業主は、利益のうち200万香港ドルまでは8.25%の税率、

200万香港ドルを超える利益については、16.5%の税率で課税になっている。

固定資産税は、香港政府が毎年公表する推定賃貸価格の5%を課税することになっている。

原則として不動産所有者と借り手が納税するが、

双方の協議によって、一方のみが納税することも可能。

現地在住者のブログ

https://www.goabroadfromjapan.com/escape-from-japan/hong-kong-life

まとめ

 香港に移住するメリットとデメリットとは?

香港に住むには…移住ビザの条件や仕事を探す方法、

税金など失敗して後悔しないための情報をブログで公開

香港のビザの条件はそれほど厳しいものではない

また、仕事も日本人というブランドをもって、就職することもまだ可能である。

だが、香港に住みたいとは思わないという人もいる。

理由は2つ。まずは物価が高いこと

中国人の爆買いに寄るため、物価が高騰してしまったため、

20年前に比べ、物価は2倍以上になっている。

次に住宅費用が高いこと

香港の超高層マンションは月々約42万。

不動産価格が上昇し高止まりしている2019年現在、

ロングステイを考える際には住宅費が最もネックになってくるだろう。

上記2点の香港に住む際の注意点としても挙げられる。

だが、この注意点をクリアできるのであれば、

香港での生活は、日本とは違う有意義なものになるだろう。

スポンサードリンク