ホテル暮らしできる年収は?2chでホテル暮らしは疲れる?住民票や費用をブログで。費用は安い?


 

ホテル暮らしの年収は、自分の経験では

年に200万円ほど

 

大して贅沢はしていませんが、これは海外での話です。

 

 

ホテル暮らしを続けながら

オンラインで安定収入を得る方法

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

ホテル暮らしと聞くと、

年収1,000万円以上の

セレブを想像する人も多いです。

 

が、実際は格安ホテルで

転々と過ごす人が増えてきています。

 

 

家賃を払い続けるのと、

どちらの方が効率的でしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

ホテル暮らしの費用を格安で。1ヶ月のホテル暮らしの費用は安い?ホテル暮らしの経費は?

 

ホテル暮らしを格安で行うことは

可能なのでしょうか。

 

ホテル暮らしの費用を

計算してみましょう。

 

 

1ヶ月ホテル暮らしをするとして、

費用はどれほどか想像がつきますか?

 

単純に言えば、宿泊料×日数で

大まかな計算はできます。

 

 

ホテル内での自炊は難しいため、

基本的には外食かホテルの食事であることを

計算しましょう。

 

三食コンビニのお弁当で済ませたとしても、

一日2,000円ほどは食費として

かかってきてしまいます。

 

 

ですが、ホテル暮らしは

初期費用が安いです。

 

というのも、賃貸マンションのように

敷金礼金はかかりません。

 

 

また、家具家電寝具を

揃える必要もないのです。

 

そして光熱費は宿泊費に

含まれているので無料です。

 

 

ホテル暮らしを

経費と言えるのであれば、

ありがたいものです。

 

毎日綺麗な部屋で

布団も散らかしたままで構いません。

 

 

自分は掃除が苦手なので、

ホテル生活と聞くと憧れがあります。

 

 

一泊2,000円ほどの格安ホテルの場合、

2,000円×30日=60,000円で

過ごすことができます。

 

 

もちろん毎日の掃除はないにしろ、

タオルなどは廊下に出しておけば

片付けてくれます。

 

 

こういったホテルは一般的な

ビジネスホテルとは異なります。

 

そのため、随時タオルを

補充してくれるということはありません。

 

 

フロントで頼めばもらえますが、

「ホテル」というサービスを

期待してはいけません。

 

格安ホテルに連泊する客というのは、

なかなかに理由があるからです。

 

 

格安ホテルも安く出すために

コストをおさえなければいけません。

 

人件費を削り、フロントも

24時間対応でないことが一般的です。

 

 

 

ミニマリストのホテル暮らし。ホテル暮らしに必要なものや便利グッズ、必需品と荷物はどれくらい?

 

ミニマリスト最終形態ともいえる

ホテル暮らしに必要なものは

どういったものがあるのでしょうか。

 

 

ネットで必要なものはすぐに購入できる時代ですが、

本当になにが必要なのか、ホテル暮らしでの

便利グッズを見ておきましょう。

 

また、ホテル暮らしをする上での

必需品も押さえておいてください。

 

 

まず必需品は、

当然ながら着替えや充電器、

化粧品や男性ならシェーバーです。

 

意外に必要で便利なのが、

ハサミや爪切りという細々としたもの。

 

 

シャンプーなどは備え付けのホテルも多く、

ましてやコンビニですぐ買えるものなので

急がないでしょう。

 

 

ドライヤーやポット類は

ホテルに備え付けられています。

 

ホテル暮らしの荷物は

極力少ない方が便利です。

 

 

大きな荷物を持っていても、

そこから違うホテルに移る時に

邪魔になります。

 

貸倉庫などもあるので、

上手く使いましょう。

 

 

どんどん家具を減していく

ミニマリストの最終型とも取れます。

 

 

都心部の方であれば

本当に困ることなどありません。

 

むしろホテルの方が

快適な生活を送れる人もいます。

 

 

働き方改革でそれぞれの

ライフスタイルに変化がありました。

 

本当に自宅が必要でなくなる日は

将来的にあるかもしれません。

 

 

ホテル暮らしは気軽に始めることができるので、

単身者には楽しい内容となる可能性が高いです。

 

 

 

まとめ。ホテル暮らしの年収について

 

ホテル暮らしは

年収が高くなくてもできます。

 

ですが、自炊ができないため

食費を抑えるとなると難しいです。

 

 

そのため、目で見える出費は

明らかに一人暮らしより多いです。

 

 

家具がいらないこと。

 

光熱費がかからないこと。

 

掃除などの労力がいらないこと。

 

敷金礼金だけでなく

更新費用もかかりません。

 

 

その辺りをトータルして、

今の自分の生活と比べてみてください。

 

宿泊代が2,000円ほどの格安ホテルであれば、

本当に6万円程度で住むところと

光熱費水道代が済みます。

 

 

もっとも、洗濯機はないので

コインランドリーになりますが

その気になれば誰でもできるような金額です。

 

一度実家を出てみたい人が、

お試しに泊まるのもおすすめします。

 

 

自分のライフスタイルにあった

暮らし方を考えましょう。

 

 

ホテル暮らしが長い移住仲間、舞島。

自分と同じく、戦争映画とホラー映画が嫌いな人です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

仕事に情熱を注ぎたいあなたへ。

 

コンサルを受けて、もっと楽観的にビジネスできるようになりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授