瀬戸内海に移住!仕事は?島暮らしの仕事と島への移住…島で暮らしたいけど仕事の求人は?のんびり暮らしたい時の仕事とは

島暮らしを始めたが

「仕事がなく、東京に帰ることになった」

そんな人が周りに何人かいる。

妹のリエもそのうちの一人だ(笑)。

島暮らしの仕事として多いのは、地元の居酒屋

ペンションで働くこと。

特にこのセブのような観光地なら、ガイドの需要もある。

高齢者の多い離島では介護の求人も。

だが島暮らしに限らず都会を離れて安定収入を

確保するなら、やはり便利なのはオンラインでの仕事だ。

身近で島暮らしの仕事がうまくいっている仲間達に

共通しているのは、自らのアイデアで収入を得ようと

努力していること。当然雇われよりも自営が多い。

移住までして島暮らしを始めるような行動力のある

人達なので、仕事についても積極性を発揮している。

島暮らし…移住した後の仕事

大都会生活のストレスと人間関係に疲れたサラリーマン、

そして既成概念のない若者を中心に人気が高まっている

島暮らし。仕事がやはり問題になる。

あなたに家賃収入があったり、一生困らないだけの貯金が

あるわけでもない限り(笑)、島暮らしをただ始めるだけでは、

数カ月のロングバケーションで終わってしまう。

俺自身もこのセブ島に移住するにあたり、

「どうしたら仕事を続けながら住み続けることができるか?」

が一番のテーマだった。

「いいトコなんだよ~!だけど仕事が・・・」

リエがそうぼやく(笑)。

島暮らしを始めてみたが、断念して帰ってきた人の多くが、

同じ感想だろう。

逆にいえば、仕事が十分ならもっと人が多く移住してきてしまい、

いろいろな意味で島の魅力が損なわれるジレンマもあるが。

場所によるが、島での仕事といえば観光ガイドや

スキューバダイビングのインストラクター、ホテルや民宿の

経営・勤務、農業や漁業、飲食店経営・勤務、カヤックや

ヨットのガイドなど。

普通に就職するのも、何かを経営するのも難しい。

そこで島暮らし後の仕事としておすすめしたいのは、

Webを使った仕事。インターネットがつながる場所

であることがもちろん条件だが(笑)。

あなたにプログラミングやデザインなどのスキルがあれば、

オンライン上で案件を受けて仕事ができる。

また俺のようにブログやメルマガなどの

個人メディア運営なら、島暮らしでも文字を打つという

情報発信だけでどこでも仕事が可能。

現地の特産物や工芸品をオンラインショップで販売したり、

AmazonのFBAなどを使えば、あなたのところに在庫する

必要もないので便利。

ただし、郵便や宅配は島によって天候に影響を受けたり、

相当時間がかかる場合も。

極力実際に物を受け取ったり発送する

必要のないジャンルを勧める。

島暮らしの都会にはない大きな魅力(あとは仕事だけ(笑))瀬戸内海はどう?

三重で島暮らししているクジメは、集落の一員として

活躍できることを魅力として語っていた。

青年団や消防団に属して役割をもらったり、

伝統芸能を披露するのが楽しみだったり。

都会ではマンションで隣に誰が住んでいるかなんて

気にもしないのが普通だが、人間らしい心の触れ合いや交流が魅力の一つ。

小さい子がいたらみんなで協力して面倒を看てくれたり、

お互いに声を掛けて助け合うコミュニティが自然に

成り立っているのは素晴らしい。

都会に慣れた人達は不便さを島暮らしのデメリットとして挙げるが、

不便だからこそ助け合い、分かち合い協力して生きていく姿は

ある意味人間の本来の姿でもある。

あとは安定した仕事さえあれば(笑)。

フェリーや飛行機など移動手段の制約が多かったり

24時間営業のお店がほぼないのは時に不便だが・・・

それを補って余りある美しい自然が身近になる。

仕事を見つけ島暮らしを始めたら、子育てにもベストな

選択肢の一つである田舎への移住生活を思いっきり楽しみ、

ストレスのない人生を送れる。

「私も島に移住して、のんびり暮らしたいなあ・・・」

セブに遊びに来たなおちゃんの目は、

憧れを通り越して軽く本気モードだった(笑)。

島移住の実例と必要な準備

島に移住することの魅力は、語ってきたように

人との触れ合いを大事にできること、都会の喧騒から離れた

スローライフを楽しめること。そして子育てのしやすさ。

また、お金を使うことが少ないので

意外と貯まるという人もいる(笑)。

蒲田で、奥さんの亮子と子供のいない

夫婦暮らしをしていたカズ。

システムエンジニアとして毎月50万円くらいは取っていた彼は、

意外とあっさりその条件の良い仕事を辞め、いったんは

福井に移り、その後再び沖縄に移住して島暮らしと仕事を始めた。

一方のリエは、携帯ショップの仕事があまりにもきつく

その割に給料が安かったので辞めたが、他に仕事がなく

2年ほどで埼玉の和光に戻ってきた。

快適に暮らせているカズと戻ってきたリエとの違いは、

島に移住しても続けられる条件の良い仕事があるかどうか。

その島でネット環境さえ確保できれば、島暮らしを始めた後も

俺のようなオンラインの仕事が継続可能。

カズの場合も、島に移った後はフリーランスのエンジニア

として活動し、移住後の主なやりとりはネット上での作業

になったからこそ、安定して生活できている。

島移住ならフィリピンをおすすめする理由

どうせ島に住むことを考えるなら、いっそのこと

海外移住をこの機会にリアルに考えてみてほしい。

国内よりも海外を勧めたい理由は、これからいっそう

日本での生活コストが上がり(物やサービス価格の高騰・

税金や医療費の上昇)、その半面給料が下がっていくから。

また原発や自然災害の影響を懸念しているのもある。

個人的には、巨大地震が国家破産を引き起こすのを最も警戒しているが。

ではなぜフィリピンなのか。

もっと言えば、なぜマニラ以外の島、例えば

セブやパングラオへの移住をおすすめするのか?

現地に住む人の穏やかでのんびりした人柄

穏やかな気候

美しいビーチリゾート

日本からの直行便があり近い

主にこういった理由から。

特にセブなら日本人向け語学学校やIT企業もあるので、

島暮らし後に仕事を継続できる。

何より生活費を下げられるので、島暮らしの仕事で得たお金と

節約できた差額を貯金したり海外投資に回して資産を

大きくすることができる。まさに俺が仲間に推奨しているように。

ちなみにパングラオ島は、これからボラカイのような世界的

リゾートなっていく。島暮らし後の仕事も増えていくだろう。

移住者としても個人的にも楽しみだ。

コメント

  1. mikako より:

    「仕事が十分ならもっと人が多く移住してきてしまい、いろいろな意味で島の魅力が損なわれる」
    う~ん、もっともなご見解ですね。
    ネットで仕事できたら、それも回避できる?

    「現地の特産物や工芸品をオンラインショップで販売」
    てのはいいかもしれないですね。
    実感として触れたものは、アピールもしやすいですしね。

  2. kz16 より:

    海外移住の際、仕事確保に大抵は起業も視野にいれるものですが、島国だとなかなか難しいですよね~
    もしやるなら島の特色を活かしたビジネスとかになるのでしょうが、それは既に島の人達がやっていることでしょうし、逆に上手く行ったとしてもとそういった先にビジネスをしていた人達の仕事そのものを奪ってしまうことになるかもしれない。
    既に島の人達がやっているビジネスにこちらが乗る形になるか、全く違う仕事をするしかないですね。

  3. ネガメ より:

    僕の友達は石垣島でスキューバのインストラクターをしながら生計を立てています。そういう需要があるなら現地に移住もありかも。でも自然だけでは今や暮らしていく事は難しいんですよね?ネットという自然に相反するものと共存するのも何か悪くはないですね(笑)。憧れますもん。

  4. 小鳥さん より:

    田舎は合う人には合うけれど、人付き合いが密接なので、合わない人のほうが多いように思われます。高齢化に伴い、田舎に取り残された時が怖いです。ですから、私は、ほどよく町である場所に、一番住みたいと思います。都会すぎても、何かと大変そうなので、普通が1番です。

  5. たけし より:

    島暮らしした場合に島の規模にもよりますが、産業が少ないのが普通ですよね。漁師とか観光産業があれば観光とかでしょうか。インターネットビジネスが出来れば場所を選ばない分解決できますね。わたしも憧れます。

  6. りお より:

    最近は海外でiPadを使って仕事をする方がおおいようですね。初めはてまどうけれど、私もタブレットで仕事してます。インドネシアでボランティアをしている友人もiPadでかなり活動の幅が広がったそうですよ~

  7. うっふー より:

    最近はネット環境を整備して都会から田舎に呼び込もうという動きが行政にもありますよね。島暮らしではありませんが、徳島県の山の中にもIT系の企業が多く移転しているそうです。自分にはITスキルがないので、難しいですが南国の島で暮らしてみたいななんて思ったりします。

  8. きき より:

    みんなで持ち寄ったりして、安い料金で、パーティーできるのが田舎のいいところですよね。しかも上手い!都会だと、席料だけで結構かかりますし。仕事はネットが発達していけば、時期に解決していくかと思います。

  9. ぐん より:

    確かに都会のだと住んでるマンションの隣の人とわざわざコミュニケーション取ろうとする人少ないですね。笑
    下手したら顔も見たことないまま引越しなんてこともありますし。そう考えると島って閉鎖的だからコミュニケーションとりやすいですね。

  10. からぎし。 より:

    問題は仕事ですよね。島暮らしするとしても。あ、睡眠不足相変わらず続いてます(笑)。

  11. ともねーさん より:

    島暮らしをして失敗して帰ってくる人がいたり、島で仕事があまりなく、仕事があるところへ移住する人がいますよ。島暮らしに合う合わないがそれぞれいますね。島暮らししながら民宿やインストラクター、観光ガイド等がありますね。

  12. いぬい より:

    島暮らしでのんびりってのも結局お金があってこそできるものですからね。そう考えると仕事がないってのは厳しく思います。その中でネットビジネスもそうですが自分なりに考えて計画性を持って島暮らしにのぞむ姿勢がとても大事になってきますね。

  13. みいすけ より:

    島でのんびり暮らしたいなと思いますが、この記事を読み、やはり永住というものは難しいと思いました。何事にもお金が大事ですね。将来ちゃんとした収入があれば島暮らしをしたいものです。

  14. イルカ より:

    今はネットビジネスが可能なので仕事の幅は広がりましたよね。また、島暮らしがしたくなってきました。島に暮らしているだけで贅沢です。

  15. 0617 より:

    私の知人が会社を辞めて島に移住してこんなことを言ってました。
    「新島にいて、様々なことに感動します。
    そして、幸せな気持ちになります。
    綺麗な海や空を見ているだけで、もう欲しいものなんて何も出てきません。
    常に澄んだ心や5感で物事に向き合える。」

  16. ルーシー より:

    ネットで仕事ができたら一番いいですね。海外での働き口…これが一番ネックで断念する方も多いですよね。日本にいてもネットで仕事出来たらいいなって思います。

  17. なべねこ より:

    何処に行っても仕事がないと食べていけないし、心の余裕も失われて残念な結果になりますよね。なら自給自足という選択肢もありますが、こちらも知恵や知識がないと無理でしょう。生きるって大変。。

  18. マックス より:

    可能なら島で自給自足の生活など最高ですね。電気もガスもないところを開拓して、風や水力を利用して発電し、一から自分でエネルギーも作れたら最高です!でも現実的には難しいのでしょうね。やはりWEBビジネスが有効ですね。

  19. キキ より:

    インターネットだけで食べていけてる私は島暮らしができるのか(ドキドキ
    としてしまった。
    実際私は島暮らしに憧れている、別に都会に住んでいるわけでもないし周りは田んぼだらけで静かなのだが、とある島に行った時に一目惚れをしてしまった島がある

    その島に未だに未練がある
    この記事を読んで少し揺らいでしまっている自分がいるよ(笑)

  20. すべりだい より:

    オンラインでの仕事を今本当に切実に必要としている私は強く共感する内容でした。人間らしい心の触れ合いや交流を楽しみながら、仕事では余計な人間関係に悩まされないのが理想的だと思います。

  21. ひかり より:

    島暮らしって都会の人にとっては憧れのようですね。
    私はもともと田舎暮らしなので
    プライバシーとかあまりなくて
    都会に住みたいです。(笑)
    働く場所もなさそうだし…

  22. もちもちたまご より:

    幼馴染の子は20代のころ、地元と沖縄に事業所がある会社に就職し、自分で希望を出して転勤で行ったり来たりを繰り返していました。南国独特の魅力がある一方で、なんだか帰りたくなる要因もあるようです。何事も経験してみないとわかりませんね。

  23. ゆうこあら より:

    島で仕事を探すのは難しいことなんですね。島の暮らしは優雅な感じはするけれど実際に住むとなるとちょっと違うのかもしれませんね。

  24. カモネギ より:

    島の暮らしというのは理想ですね。しかし、
    仕事が見つかりずらいのが最大のネック
    になりますね。インターネットの仕事があれば
    一番なんですが。

  25. みーな より:

    確かに島ですと、仕事の数が限られてきて農業が多い気がします。そう考えると田舎暮らしや島暮らしを希望する人々が定年退職後が多いと知ると「なるほどな」と思いました。働くのは難しいが、住むだけだといい場所なんですね。両方持つのは難しいです…。

  26. にこ より:

    自給自足で暮らせたらいいんですけどね。でもやっぱり都会の空気より田舎の空気の方が断然綺麗で落ち着きますね。あとは人が温かいことですかね。昔のような光景が好きです

  27. 猫姫 より:

    何かしたいか決まってないけど地方から東京に向かって結局何もできずに帰ってくる人な構造と同じですね。
    結局何をしたいかわかんなくても東京ならなんかあるかもしれないけど海外ではそこまで甘々でないということ。

  28. ドクターC より:

    島暮らし、たしかに憧れはありますね。農業だったらできそうな気もしますが安定した収入になるまでには時間がかかるのでしょうか。仕事をしなければ食べていけないけど、島に行ってまであくせく働きたくはないですね。自給自足生活でもするしかないのかな(笑)

  29. かな より:

    ご近所の方と助け合って生きるなんて今は珍しいことですから、素敵な光景ですね。
    あとは安定した職ですね。笑

  30. あや より:

    安定した収入さえあれば都会暮らしではなくのんびりしたところで暮らしてみたいです。みんなで子育ても素晴らしいですね。

  31. とむ より:

    行く場所がないとお金を使う場所もないから自然と貯まるというのは聞いたことがあります!高齢化の島に若い人がたくさんきたら嬉しいですね。

  32. さなえ より:

    島暮らし、南の方を想像すると楽しそうだけど、北の方だと寂しい感じですね。
    南の方の島暮らしは憧れます。できれば働かないでのんびり暮らしたいですねぇ。

  33. まや より:

    生活費のコストが上がって給料が下がっていくなんて、なんて働きにくい国なんでしょうか。。
    生活費は下げたいです。

  34. ユタカさん より:

    コロナウイルス禍のおかげ(?)で在宅勤務の道が開けた人もいるようです。
    出社しなくてもできる仕事なら、島で暮らしながらでもできますね。

  35. 空色朝顔 より:

    のんびり暮らしたいと島に移住したのに、仕事や収入に困ってストレス抱えるのはイヤですねー。
    でも島なら、収入に見合った生活ができそうな気がしますが……どうでしょうか?

  36. かや より:

    妹さん、色んなところに行かれてますね!(^^)たくさん経験されていて羨ましいです!
    確かに高齢の方が多いところは介護職がいいかもです!