フィリピン人の家政婦、住み込みの料金は福岡なら?メイドの日本のビザ、お手伝いさんと住み込みについて

フィリピン人の家政婦に住み込みで来てもらいたい・・・

特にフィリピンに縁のある人から出る要望だが、

まともな人を選ぶのは、あなたが思うよりずっと大変

適当に選ぶと、大事なものを壊されたりトラブルに。

貴重品を盗まれてトンズラされたなんて話は、ザラに聞く。

そんな中、自分が信頼していて紹介しているのは

こちらのサービス。

↓↓↓質の良いフィリピン人の家政婦なら

素性がしっかりしていて

トレーニングされた人しか登録できないので、

安心のサービスが受けられる。

信頼できるフレンドリーなフィリピン人家政婦と

家族同然の付き合いができるようになるだろう。

完全定額制なので料金が事前に分かるし、

作業完了後の後払いなのでごまかしが一切きかない。

10年を超える歴史と実績(3,000件以上)で、

信頼のあるサービス。

トライアルの5,500円(2時間)で、まずは実力の確認を。

お問い合わせは無料なので気軽にしてみよう。

フィリピン人家政婦を雇っている人は、

あなたの身近にいるだろうか?

日本では家政婦というと、

相当余裕のある家庭でしか見かけないが・・・

俺が移住してきたこのフィリピンでは

フィリピン人のメイド制度が普及していて、

ごく普通の家で家政婦が住み込みや通いで働いている。

フィリピン人の家政婦(住み込み)…家政婦やメイド派遣、日本(福岡・東京・埼玉・名古屋)や香港に住み込み英語で働いていた彼女達の例

特に東南アジアや香港などで多く見かける、

フィリピン人家政婦。

フィリピンでは国内で仕事が見つけづらいことで、

それなりに学歴がある女性でも家政婦として働くケースは珍しくない。

さらにフィリピンでは女性が仕事に出ていることが多いので、

メイドの需要自体が高い。

ほとんどの人が英語を理解すること、そして働き者の

フィリピン人メイドは日本を含め、海外でも人気がある。

俺も群馬の高崎に住んでいたとき、俺がtitaと呼ぶ

そのpampanga出身の女性は、住み込みで家事や子育てを

手伝ってくれていたが、本当によく働く人だった。

あなたがフィリピン国内で家政婦を探すとき、コネを

使って知り合いを紹介してもらうケースがあるかもしれない。

ただし知り合いだからといって良い人材を紹介してくれるとは限らないし、

メイド絡みのトラブルは少なくない。

後でお互いの関係が悪化しないように

過剰な期待はしないようにしたい。

マニラの勝さんも、奥さんのジュリエットが激高して

何人のメイドをクビにしたか分からないとボヤいていた(笑)。

そうなるとインターネットや新聞広告で見つけたエージェント

を通してメイドを探すことになる(日本国内では多くはこのパターン)。

この場合はそのエージェントのオフィスで

フィリピン人家政婦候補と面談をすることになり、

何度か足を運ぶ必要がある。

この場合もエージェントは

その人材の質を保証しているわけではなく、まして教育や訓練すらしない。

フィリピン人を家政婦として招き入れる場合には、

あくまでも自己責任で選ぶ必要があるということを忘れないようにしたい。

フィリピン人のメイド(家政婦)を雇うなら「長期視点」が理想的。ビザやメイドサービスの金額(料金)よりも重要なこと

24784380890_6f2831968d_b

フィリピン人を雇って家事などを手伝ってもらう場合、

特に住み込みの場合には、彼女らが外国人家政婦であることを忘れずに。

その文化や育った環境の違いによる摩擦が生じることを

ある程度想定した上で、長い目で良い人を探していく必要がある。

言葉はもちろん、宗教観に関わっていて無神論者の多い

日本人には理解できないところが多かったりする。

例えばキリスト教最大のイベントであるクリスマスのために

長期休暇を求めてきたり、ホーリーウィークのために

帰郷させてほしいと頼んできたり。

ひどい人になると、靴のままテーブルに上がってしまう

フィリピン人家政婦がいる(笑)。

また貧しさからなのか、家の物が盗まれるということも少なからず聞く。

ケンジが日本の100均で買ったタヌキの置物が

持っていかれていた話は、笑いを誘ったが(笑)。

仕事をしない人には辞めてもらい、良い人と出会えたら

気持ち良く働き続けてもらう環境を作ったり報酬を上げて工夫。

コミュニケーションを続けながら

お互いに協力して生活することが求められる。

ちなみに、フィリピン人のメイド(家政婦)が

中国で解禁されたという話が。国家戦略特区の話題も気になる。

「フィリピン人家政婦って探せるかしら?」

青山さんは、俺がフィリピンにいろいろコネがあることを

知って、一時帰国の際の飲みの席でそんな依頼をしてきた。

フィリピン人の苦手な3つのこと(家政婦を雇う時の予備知識)

青山さんへの紹介も済み、メイドになるべく来日しようと

するこのフィリピン人のためにビザの取得を手伝ったのが

去年の今頃。

晴れて日本でフィリピン人家政婦となった、

落ち着いた話し方が特徴のwindy。

恋愛の男女の違いも理解できず、浮気が治らない彼氏に

ほとほと参っていた彼女は(笑)、

俺のオファーに快く乗ってくれた。

彼女については紹介した責任もあり、その後も

青山夫妻からは働きぶりや問題点などについて、

適宜フィードバックをもらっていた。

そこで改めて、フィリピン人の不得手とする部分が

浮き彫りに(笑)。これは家政婦を雇うなら知っておきたい。

数字に弱い

語学習得力は群を抜いているのに、なぜか数字や計算に弱い人が多い

フィリピン人。俺もパートナーのadelfaに「125割る5は?」と尋ねて

答えが返ってこないことに、目が点になった(笑)。

フィリピン人には計画性もあまりない人が多いこともあり、

もし家政婦に買い物を任せる時は、お金のことなどは

明確に指示を与えるのがいい。

時間にルーズ

母性本能が強い彼女達は子守りも一生懸命してくれるが、

子どものお迎えを任せるようなシチュエーションがあるなら、

時間も明快に決めておくこと。外で待ち合わせたりする時も同様。

時間にゆるいのは南国特有なのか(笑)。

地理に弱い

日本人女性も男性に比べて方向感覚が弱い人が

多いが、フィリピーナはさらにその傾向が強い。

青山さんは常に手書きの地図を与えていたが、

こうした配慮がスムーズな仕事につながる。

フィリピン人家政婦を雇うなら知っておきたい「性格」

22096630951_c88f020536_b

フィリピン人がヤキモチ焼きなのは有名だが(笑)、

寂しがりやなのは意外と知られていない。

そして最初はシャイな人も、話をたくさん聞いてあげると

もともとおしゃべり好きな彼女達は喜んでくれる。

また、品がない人が多いのも知っておきたい(笑)。

これは環境で決まる部分が大きい。諸外国の例に漏れず

フィリピンも貧富の差が激しく、お金持ちは日本人とは比に

ならないほどお金持ちだが、農村部を中心にほとんどが貧困層。

特に家政婦をやるフィリピン人は当然、富裕層出身ではない。

教育やモラルのしつけが家庭任せなので、高いレベルを

最初から求めることはできない。

ちなみに俺が一時的にコンドミニアムで雇った家政婦さんは、

普通に足で雑巾がけをしていた(笑)。

またメイドを雇うのは契約である以上、曖昧で済ませられない

部分はあるが、キッパリ断るとスネるので(笑)、やはり

言い方などには配慮してあげたい。

一方で、本人も頼まれるとノーが言えない性格(文化?)の

人が多い。決め事はしっかりしておくが、過剰に期待しないことも大切。

フィリピン人は自分の家族がとても大事なので、きちんと

休暇を与えたり、家族と連絡を取り合うことには寛大に。

クリスチャンであることも理解し、クリスマスやホーリーウィーク

はもちろん、普段の教会通いにも気を配ってあげたいところ。

PS.

自分が住むこのフィリピンですら、

まともな家政婦を見つけるのは至難の業。

やはりここは、実績のあるプロに任せた方が

結果的に時間も予算も節約できる。

↓↓↓質の良いフィリピン人の家政婦なら

コメント

  1. まあや より:

    海外の家政婦を雇うとなると日本のあたりまえとはぜんぜん違いますから気を付けたほうがいいですねー。
    それを踏まえ日本人のほうから歩み寄るのが大事ですね。

  2. しん より:

    日本で家政婦を雇うのは相当のお金持ちもイメージがありますが外国人家政婦なら庶民にも手が出るお値段?

    安いからお願いするのではなくきちんとリスクも理解しなくてはいけないですね。

  3. しんじ より:

    やはり文化がちがいますから長期で考えないといけないんですね。長くみてもらっていた方が色々と安心ですよね。

  4. 811 より:

    家政婦を雇うという文化が日本ではあまりないような気がします。私だけですかね。でも実際に家政婦を雇う際は、コミュニケーションを通して良い関係を築きながらが良いですね。

  5. るい より:

    ちょっと信用できないです、家政婦は日本でも無理ですね。そんなお金ないですが、某有名人のように知らないうちに何か無くなっていても私は気づかないタイプなので嫌ですね。お金があっても雇いません!

  6. azur より:

    日本で家政婦を雇うというとお金持ちのイメージしかないですね。
    でもフィリピン人家政婦の存在は聞いたこととがあります。
    結構10代の若い女の子がやっているとか。

  7. AYKaaa より:

    日本ではあまり馴染みがないので
    家政婦ってちょっと怖いですよね(笑)
    他人を家に入れて家事や育児などを
    してもらうにはまだまだ抵抗があります!
    何かしら盗まれてないかとか
    託した子供に暴力とか不安になります(笑)
    やはり家のことは夫婦がお互い仕事をしていても
    助けあって協力しあって家事などを
    分担するのが1番いいのではないかなと私は思います(笑)

  8. ユウゾラ より:

    家政婦さんなど夢のまた夢で、夢で見たこともありませんが、フィリピンにもし永住することにでもあれば、現実離れしたことではなさそうですね。でも信頼している家政婦さんとのトラブルには注意ですね。

  9. あお より:

    フィリピン人の家政婦って昔からよく聞きますが、玉石混交って感じなんですねー。海外での生活はどうなにかと、自己責任と試行錯誤が必要ですが、家政婦探しもまた同じなんですね。

  10. kamishI より:

    fbではありがとうございました!
    こちらでこれからよろしくお願いします。

    記事すばらしいです(笑)。
    私もきっとお役に立てると思いjますので
    楽しみにしていてくださいね^^

    いつでも気軽にメールください。
    このご縁に感謝しています。

    私の知人がお金持ちで、日本で珍しく
    フィリピン人の家政婦さんをやとっていました。
    とても働くそうですよ。

    >台風が近づく、3連休の中日の日本列島。
    フィリピンの東海面の気温上昇を原因として、
    次々にやんちゃな低気圧が発生(笑)。
    そんな中、モテ仲間のXさんからもらった
    メールを読み返していた。
    「仕事があれば海外移住したいです。
    今すぐにでも。
    具体的にどうすればいいですか?」
    彼はタイミング的にWebビジネス構築講座
    「Project of Life」の案内をまだ手にしていない。
    ただ良い機会なので、ここで一般的な移住後の仕事について
    彼の質問に答える形で語ってみたい。
    実際、どんなビジネスなら
    本当の時間的・経済的・場所的自由を得られるのか?

  11. ひかり より:

    家政婦を雇うこと自体に抵抗があり
    外国人の家政婦だなんて…
    人間関係を築くには長い時間がかかりますもんね。
    考えて行動しないといけませんね。

  12. kakaka より:

    日本でも一家にひとりは家政婦が欲しいですね。日本はやはり裕福な家庭には家政婦さんがおられて身の回りのことしてくれますもんね。フィリピンうらやましいです。

  13. kuuu より:

    日本でも一家にひとりは家政婦が欲しいですね。日本はやはり裕福な家庭には家政婦さんがおられて身の回りのことしてくれますもんね。フィリピンうらやましいです。

  14. ぱんだ より:

    家政婦さんを雇うとなると
    やっぱりお金持ち??

    庶民でも雇えるって
    いったい働いてる人はいくらでやってるの気になるところ

  15. tsukasa より:

    仕事を真面目にこなしてる方もいるのに、盗みをするとはとても悲しいことですね。
    家政婦さんといっても、子供の世話をお願いしたり、子育て経験者にはアドバイスもいただけそうですし、旦那さんが不在が多い家庭だととても良いシステムだと思います。

  16. ピーコちゃん より:

    家政婦雇うって、相手のことを相当信用してないと、なかなか難しいですよね。主婦の仕事はどうなるのか不安はあるけど、共働きの家庭にとっては、家政婦の存在って大切だと思います。うらやましい気もします。

  17. あかり より:

    家政婦ってやっぱり裕福な家庭。
    という印象が強い為私には無縁。
    と思うが、やはり家政婦として
    働いてもらう。となったとき
    人柄は重要視する点である!
    気をつけた方がいい点は沢山
    あると思うが、住み込みで働いてもらうに
    あたって一緒に住むのも少し楽しそうだな。
    と、感じる!

  18. なな より:

    日本で家政婦を雇っているのは、かなりのお金持ちや芸能人のイメージです。
    日本の一般家庭には家政婦を雇うという考えがまずないですからね。
    文化の違う国で家政婦をお願いする場合、慎重に探す必要がありそうですね。

  19. ともとちゃん より:

    私の家政婦のイメージは、お金持ち=家政婦さんを雇っていると言う感覚です。
    フィリピンでは、ごく普通の御家庭でしかも、住み込みや、通いで働いているなんてとても驚きました。

  20. なあな より:

    家政婦=日本人てイメージがありましたが、フィリピン人も家政婦として働いているのですね。お金を盗んだり、靴のままテーブルの上に乗られると…雇った意味があるのか…って感じですよね。でもちゃんと真面目に働いている家政婦さんもいるようなので、そういった方のマイナスイメージにならないように、仕事はきちんとやってもらいたいものですよね。

  21. kazato より:

    記事にあるように家政婦って富裕層が利用するイメージだけど、マレーシアでは当たり前だし仕事としてしっかり機能してるんですね。日本ではお手伝いさんと同じなのでしょうか?

  22. さつき より:

    メイドや家政婦のイメージがあるからフィリピン女性は
    男性に尽くすイメージ、家庭的なイメージがあるのかも、ですね。ただ、手癖というか物が盗まれることも多い、と私も人づてに聞き、雇う側も信頼しすぎも良くないんだなぁ、と思いました。

  23. タコ焼き より:

    家政婦はてっきり、裕福な家庭の人が雇うものだと思っていましたがそうではないんですね。日本の感覚とは大分違いますね。ただ、雇うのはなんだか怖いですね。

  24. もちもちたまご より:

    家政婦を雇うという事は裕福な家庭の方が雇うものだと思っていました。国が違えば環境や文化が異なるので、雇うとなればこちらもその国の文化を知るということが大事なんですね。

  25. ハブラシ より:

    家政婦というのはお互いの信頼関係が成り立たないと成立しない職種だと思います。私だったら見ず知らずのお手伝いさんは雇いたいと思いませんね。

  26. より:

    家政婦がいると、生活が楽そうです笑
    でも外国人の家政婦だと、やはり生活文化の違いとかが不安に残りますね。日本が大好き!とかいう人だったらいけるやも……?

  27. みるこ より:

    家政婦さんが住込みで一緒に暮らす!

    私には難しい事ですf^_^;

    物心がついた時から…と言うなら

    何の違和感もないんでしょね!

    デモ!家政婦さんだけでなく、コミニケーションは

    全人類共通して大切ですよね!

  28. kz16 より:

    丁度今、猫の手も借りたいと思っていたところだったので家政婦という言葉はとても魅力的な響き!
    フィリピンではメイド制度があるんですね!いいな~羨ましい~
    誰と暮らしても、初めは価値観の擦り合わせがつきものだと思うので、それさえ乗り越えられば良好な関係が築けると思います。
    日本でも普及してくれないかな~

  29. のの より:

    私も30代の頃東南アジアに別荘を持って家政婦さんは現地の人でと夢を持っていましたが、実際はやっぱり大変なんですね。宗教なんて考えもしませんでした。

  30. あこ より:

    家政婦さんなんて素敵ですね。
    でも良い家政婦さんに出会えるのは難しそうですね。
    長くお付き合いしていくには、相手のことを認めて受け入れていくことが大切なのだなぁと思いました。

  31. たくや より:

    香港に旅行した際に、沢山のフィリピン人家政婦さんに遭遇しましたが、皆さん同じフィリピンの地域出身の方と固まっていましたね。やはり、同じ文化背景を持つ人と一緒にいた方が楽なのかなと思いました。また、香港では、フィリピン人を含む外国人家政婦さんは、とても弱い立場に立たされていると聞きました。仕事現場が、プライベートな屋内なので、パワハラにあっても何も証拠を出せなかったり、現地語(広東語ですかね)を話せなく、裁判でも負けてしまうのだとか。

  32. ごんたー より:

    家政婦さんはお金持ちで豪邸な家の人が雇うイメージですが、フォリピンでは違うんですね。でも、宗教の違いや文化の違い、自分の好み等で合う合わない激しそうですね・・・知人の奥さんが激高するのも少し分かる気がします。

  33. なみ より:

    学歴もあって教養もあるフィリピン女性が家政婦になってくれるのは幸せですね。日本であればなかなか考えられないことですよね。

  34. yakusoku より:

    勉強になりました!
    しかし、いろいろと難しそうですね。
    南国人はおっとりしてるようで抜け目がない。
    とか
    日本人が南国の人とつきあうときは根気が必要。
    といった話は、わたしもときどき聞いたように思いますが…
    しかし日本人は逆で、せっかちなわりに、隙がある?

  35. ゆうゆう より:

    友達が家族と海外に住んでおり 家政婦さんを雇っていると聞きました。やはり相性というか 色々とあるようでした(^^;)
    たぬきの置物が盗まれたというのは 私もクスっとしてしまいましたが、きっと家政婦さんにとったら 高価に見えたのかも知れませんね。

  36. あい より:

    家政婦さんしてほしいです笑盗まれるのは恐いですけどケンジさんのたぬき笑たぬきならいいかなって思ってしまいましたがやっぱり他人を家に入れて物がなくなったとか文化の違いはしょうがないけど…いい人と出会えるといいなと思ってしまいます。

  37. tm より:

    家政婦さんというと日本では、高級な豪邸に住む裕福な家庭でしか働かないイメージがありますが、フィリピンではわりと庶民でも利用しやすいサービスのようですね。日本とフィリピンの文化の違いを感じました。

  38. まりあ より:

    フィリピンの女性は働き者なんですね。働いている人のために家政婦制度があり、その家政婦さん自体だって働いていて…日本人女性も働き者なほうだと思うのですが、なかなか働く場所もなければ家政婦さんを雇うこともできないですね。日本にも家政婦制度を設けたら、その分働ける機会も増えるんじゃないかなーと思いました。

  39. さくら より:

    家政婦さんのイメージはありましたが、まず探す事が大変だというのは知りませんでした。知り合いの紹介でも安心できないですし、エージェントを通すとしっかりした人を紹介してもらえると思ったら教育、訓練はされてないというのが最も驚きでしたね。家政婦さんを雇っている家庭が多いという事は探すのは容易かと思っていましたが、合っている方を探すのはなかなか大変そうですね。

  40. ノノノ より:

    日本は「主婦が家事をする」というルールではないですが家政婦を雇う習慣がないですし、経済状況的にもなかなか容易ではないです。宗教的な観点など国柄が色濃く出るものですね。
    中には仕事と割り切ってちゃんとしてくれる人もいそうですが、盗難だけは勘弁してほしいですね。。

  41. ペルー より:

    香港に1度だけいったことがあるのですが、東南アジア系の家政婦の方々の多さに驚きました。ただ皆さん楽しそうにしていたので、これも1つの生き方なんだなっと勉強になりました。

  42. 小鳥さん より:

    お金払っても、日本人ほど、きれいに丁寧にしてくれそうにはないですよね。お金を払わなくてよくても、たとえタダでも、やっぱり他人は信用に値しないので、自分で行ったほうがいいと感じます。日本人は、お金持ちと思われているみたいなので…。

  43. ともねーさん より:

    家政婦ってお金持ちや、芸能人の一部のイメージがあります。フィリピンって家政婦を雇うのが普通で女性が仕事に出ているのが多いからメイドの需要自体が高いんですね。でも、言葉や宗教が違うので日本の私から見ると大変かなと思います。

  44. ぐん より:

    日本ではあまり家政婦雇ってる人って聞いたことないですけど、海外のドラマとか映画見てると結構一般的に家政婦とか雇ったりしてますよね!家政婦って憧れますけど、自分の家に他の人いると安心できないなーって感じちゃいます笑

  45. まさ より:

    フィリピンでの家政婦の知識は全然なかったので、とても参考になりました。今回の記事で学んだことを活かしていこうと思います。

  46. さぁふぁいあ より:

    100均のたぬきの置物を盗まれた話は、ウケました。笑 まず、他人様をお家に招き入れて四六時中一緒は、私には基本無理です。さらに、家の物を触られるなんて超嫌てすね。ていうか、家政婦さんなんて雇えやしないんですけどね。とほほっ

  47. さくら より:

    やっぱり家政婦さんを選ぶときは自己責任なんですね汗
    わかってはいたんですがやっぱり平和な国日本で暮らしてるだけあって平和ボケしてるんですかね
    どこかで企業が~っと思ってしまった自分がいた

    家政婦さんを雇う機会があるかどうかさえ疑わしいところがあるが
    もし、家政婦さんを雇う機会があればこの記事を思い出して身長に選んでいきたいです

  48. 0617 より:

    フィリピン人の家政婦って昔からよく聞きますが、玉石混交って感じなんですねー。海外での生活はどうなにかと、自己責任と試行錯誤が必要ですが、家政婦探しもまた同じなんですね。

  49. ゆうちぇる より:

    日本で家政婦を雇うと言えばお金持ちの想像をしますが、フィリピンでは意外と雇う側も雇われる側いるもんなんですね。でも相当信頼のできる人でないと雇いたくない気がします。

  50. カモネギ より:

    フィリピンでの家政婦の仕組みがあったことは
    初めて知りました。フィリピン人は勤勉なので
    友達になってみたいひとたちですね。

  51. 野田 より:

    「郷に入れば郷に従え」日本人は何気なくこの言葉を使いますが、
    自分たちが海外に行った際には郷に従う事も入ることもなく、自分達日本の感覚で海外を見る傾向があるが、それこそ「郷に入れば郷に従え」であちらの国の事情や物事で考えるべきだと思う。
    も少しこの部分を考えて欲しいと思う。

  52. makostyle より:

    身の回りのお世話を、仕事として委託するというのは考え方によってはありかなという気がしてきました。ただ私のような貧乏人には難しいですが、また信頼関係を構築するのが大事ですね。

  53. あす より:

    家政婦だなんて…羨ましいですね。でも住み込みはちょっと気が引けますね…たぬきの置物の話は笑ってしまいましたが笑。お金や通帳など大切なものの管理が大変そうです…