マレーシアで起業するには?ビジネスチャンスは?ビジネスを始めるならビザは…マレーシア起業と開業の費用(個人事業主)をブログで紹介!

日本人の海外移住先候補No.1のマレーシアだけに、

現地で起業したいという人が周りに多いが・・・その条件だったり、

費用がどれくらいかかるのかイマイチ情報が薄い。

また、そもそもビジネスチャンスがこの国はあるのか?

実際マレーシア起業には何が必要で、

どれくらい予算があればよいのか?

長期滞在者がその実態を語る。

マレーシアで起業する際の条件と、開業にかかる費用やビザ。マレーシアで起業するには

マレーシアで会社を設立するなら、

日本以上にややこしい条件を満たし

さらにはずっと高額な資本金が必要になる。

そもそもマレーシアでビジネスをやるとしても、

個人事業で就労ビザの取得ができないのが壁。

就労ビザを取得したいなら、日本など

海外に法人を持っている場合は現地での支店などの開設。

そうでなければ、マレーシアで

現地法人を設立する必要がある。

そしてマレーシアでは、それぞれの設立に際し

最低何十万リンギットという資本金の条件が。

ざっくり言えば、マレーシア資本を全く入れない状態で

1,600万円ほどの資本金が必要。

現地でしっかりしたパートナーを

見つけているなら別だが・・・

設立手続きと準備が複雑で、資本金が多額になるという

ビジネス上のハードルがある。

近年、マレーシアではビザ取得におけるMM2Hの

ハードルが上がりそうな現状を始め、現地生活や

ビジネスを取り巻く様々な変化が顕著になっている。

そこで友人のヒロシが調べてたどり着いたのが、

マレーシアのラブアン法人の規定。

上述のような資本金の規定や

ビジネス用の事務所が必要がなく、

かつ金融以外はライセンスもいらない。

簡易手続きで会社を設立できる。

あなたがマレーシアで会社形態での事業を

本気で考えているなら、こういった方法を活用するのも一つだ。

マレーシアは経済が伸びている東南アジアにあり、

災害も少なかったり政治的にも安定しているので

ビジネスのマーケットとしては魅力的。

またイスラム教徒が多いということもあり、

その市場への親和性が高い。

さっき語ったような設立の壁さえ越えれば、

ビジネスチャンスは大いにある。

マレーシアにビジネスチャンスはある?

結論から言えば、マレーシアでのビジネスチャンスは大いにある

マレーシアは現在も経済成長が続き、その後も成長が見込まれている。

また人口も増加している。

気候にも恵まれており、自然災害も少なく

政治的にも安定いているため、マーケットとしてとても魅力的だ。

マレーシアで起業したい!例えば飲食店を開業したい!

こう考える人も、少なくはないのではないだろうか。

クアラルンプールやジョホールバルは比較的日本人も多く、

日本人向けや和食のレストランなど検討してみる価値もありそうだ。

実際に、マレーシアでカフェを開店したいなど、

起業の為の投資案件もある。

ビジネスを始めるとなると就労ビザが必要になる。

日本で既に法人をもっているなら、支店の開設ですむ。

また現地にパートナーがいるなどすれば会社の設立も不可能ではない。

しかし、個人事業としてビジネスをするとなると、

就労ビザを取得するのはなかなか難しい

条件を満たし、高額な資本金をもって

現地法人を設立しなければならないからだ。

初めてマレーシアで起業するなら、

やはりコンサルやブリッジなどが必要となってくるのではないだろうか。

多少費用をかけてでも、パートナーを見つけた方が

無駄な時間やストレスも少なく、

安全に手続きが進むのではないだろうか。

マレーシアで起業家支援と言えば

MaGIC (The Malaysian Global Innovation & Creativity Centre)がある。

マレーシアで起業する起業家を支援するための、

政府が運営するスタートアップの機関。

MaGICはGAP(Global Accelerator Program)という

起業家支援プログラムを運営しており、世界のどこからの応募も可能だ。

市場に出ていく価値や技術や知識、

投資を受ける準備があることなどを基準に選出され、

プログラムに参加することが出来る。

こういった、プログラムを活用するのも起業への近道かもしれない。

マレーシアで起業した日本人の起業家のブログ!ビジネスを始めるならチェック

マレーシアに移住し、

「自分らしく自由な人生を生きる」をモットーに起業、

海外生活、日々の暮らしを発信している起業家の日本人女性がいる。

ブログ「AND KOKOROKITCHEN

(https://andkokorokitchen.com/profile/)を運営しており、

マレーシアでの魅力をたっぷりと伝えてくれている。

また、彼女の夫も

「固定概念を超えた先に、新しい世界がある」としてブログ「脱固定ライフ

(https://pocowan.com/)で発信している。

マレーシアでビジネスを始めるためには、

やはりビザが必要となる。

就労ビザの取得が困難な中、マレーシア政府は、

マレーシアで起業する外国人起業家の為に、

1年間の滞在を認める開業ビザ

(スタートアップワークパス)の発給を検討しているそうだ。

開業資金が7万5000リンギット以上である必要があるが、

外国籍の起業家ということや、

その他条件を満たしていれば申請できるというもの。

しかし注意点も、スタートアップが目的のビザの為、

1年後の更新の可否が、そのビジネスの成否に係わってくる。

マレーシアでの起業を考える上で、

十分に利用出来そうだ。今後の展開に期待したい。

マレーシアでリスクなく起業する

具体的な方法とは?

マレーシア起業…マレーシアに個人事業主として移住するなら?

俺のように気楽に個人でビジネスをしたい、

大金を稼ぐよりも、物価の安い東南アジアで

生活費を下げてのんびり暮らしたい。

そんなあなたには個人事業主として、

Webでの情報発信ビジネスをメインに

マレーシア移住することをおすすめする。

これは今日本にいる段階からすぐに始められ、

ブログとメルマガで商品を紹介していく形の事業。

広告型のブログを運営する方法もある。

インターネットは東南アジアはもちろん、

世界のどこにいても可能になるビジネス。

これを選択肢の一つにしてみてほしい。

さっきも語ったように、誰も雇わず法人化もせず

Webビジネスで起業した俺のような個人事業主。

このスタイルでビジネスを始めるなら、

マレーシアの就労ビザは取得できない。

従ってWebからの収入が心細くなっても、

すぐに「現地で働く」という選択肢は取れない。

安定した収入を移住前から確保しておこう。

まとめ。マレーシアのビジネスチャンスは?

マレーシア起業の条件や費用、

個人事業主としての移住可能性について紹介してきた。

多民族国家で、人種差別の心配はそれほどしなくても大丈夫な国

マレーシアで起業したいと考える人は少なくない。

住みたい国NO.1にも選ばれるマレーシアでのビジネスチャンスや、

就労ビザの取得など現地在住起業家のブログなどもあわせて紹介した。

日本人が外国で起業するうえで、

平和度や親日度などが重要な指標となってくる。

マレーシアは他のASEAN諸国と比べて相対的に高く評価されており、

ビジネス環境、生活環境などバランスが取れた国だと言えるだろう。

日本との時差も1時間程度。

行き来もしやすく起業するには有力候補のひとつではないだろうか。

「マレーシアでビジネスを始める」

俺がいるフィリピンにスカイプでコールしてきた

ヒロシがそう話したのは、つい先週のこと。

もう移住の準備はすでに完了しているという。

いつの間に・・・(笑)

語ったようにWebで日本円での収入を得ながら

生活することを勧めるが・・・

マレーシアで飲食店を始めることを前提に、

現地のリサーチを始めてみる価値はある。

例えば、クアラルンプールやジョホールバルといった

日本人が多い都市であっても、お隣のシンガポールや

バンコクに比べて和食のレベルが落ちる。

個人的には、しっかりした味で勝負すれば

勝算はあると感じる。あとはいかに準備するかだ。

ところで、マレーシアで起業するなら

現地への移住が前提となる。

魅力的な東南アジアの国マレーシア。

一度ここを訪れると、まさにガクトのように(笑)

現地に移住したいという人が多い。

当然、マレーシアは日本、特に東京のような

大都市に比べて家賃が安いことが大きなメリットになる。

自力で生活するのが基本のコンドミニアムも安く、

サービスアパートメントも選択肢が広い。

ホテルについても、首都クアラルンプールでも

東京とは比べものにならないほど。

日本よりも安いといえば、タクシーの初乗りが

100円程度の交通費、月500円程度のガス水道代など。

物価に比べて電気代が高いのは

このフィリピンと同じだが(笑)。

そしてより魅力なのは、

マレーシアの多種多様な民族性。

マレー系はもちろん、中華系やインド系を筆頭に

多民族国家が形成されていて、日本人も違和感なく

現地に溶け込める。

英語が通じるのも日本人にはありがたい。

気候が温暖で年間の気温差が小さいこと、

自然災害が少ないこと。

美しい海とリゾートに恵まれながら、

俺の嫌いな人混みが日本ほどないのもいい(笑)。

ただし懸念も。

あなたが現地にどっぷりつかって

生活するなら問題はないが・・・

二重生活つまり日本との頻繁な往復を考えているなら、

クアラルンプールまでは東京から8時間弱と、距離は近い

のにそれなりに時間がかかるのは厳しい。

俺が住んでいるこのフィリピンは成田から

4時間ほどなので、この差は大きい。

またマレーシアは移住先候補地として日本人に

人気だが、物価が安いかといえば・・・

例えば食費について言うと、実はそうでもない。

もちろんローカルの人間と同じ生活をするなら別だが(笑)。

教育費についても、良い環境を選ぶなら

日本以上に高額になる場合も。

治安が良いというイメージもあるが、

場所によってはこのフィリピンより厳しかったり。

リタイアメントビザに期限があるというのも、

永住を希望する人間にとってはマイナス。

その取得条件も厳格になりつつある。

ちなみに、マレーシアに限らず

海外移住を楽しんでいる日本人には

必須の要素とも言える、ある共通点がある。

それは、

大体7万円以上の毎月使える貯蓄または収入があること

ネットで調べる癖がついていること

最低限の英語や現地の言葉が使えること

持病などがないこと

そして基本的には、

マレーシアのような南国で物価が安く、

アルファベット表記の国。

日本からアクセスが良いこと・・・

こういった滞在先の選び方をしている。

ペナン在住の先輩、小西さん。

日本の蚊取り線香を現地で売ることから始め・・・

今では巨大な企業集団を現地につくり、

マレーシアで最も成功した日本人として

DATOの称号を受けた彼。

実の妹シズさんからのつながりで

小西さんからは様々な教えを頂いた。

マレーシアの有利な面もマイナス面も、

現地のビジネスで大きな結果を出した彼から

多くを学ぶことができたのは感謝。

ビジネスはもちろん、人として

幸せに楽しく生きる哲学を学ばせてもらっている。

個人的には、たくさんのお手伝いさんと住んでいる

あのお城のようなご自宅がうらやましい(笑)。

コメント

  1. るまんど より:

    マレーシアには多くの日本人がリタイア後に移住してるそうなので、
    その人達相手の商売とか何かありそうですが・・・。
    その前に、マレーシアで仕事ができるようにするのが大変そうですね。

  2. かな より:

    個人事業で就労ビザの取得ができないんですか、これは難しい。。だからといって3カ国語をスムーズに習得しても働くのは難しそうですよね。。

  3. さら より:

    7万円以上の毎月使える貯蓄、ネットで調べる癖がついてる、持病がない、ならクリアしてますが、言語がどうしてもひっかかります。笑

  4. あや より:

    お知り合いにそんなに素晴らしい称号を得た方がいらっしゃるんですね。まさか蚊取り線香とは、、起業への憧れは大きくなります。

  5. なつ より:

    マレーシアは日本人にとってはとても身近になっていますよね。老後も住みやすそうなのでぜひ行ったみたいです。

  6. とむ より:

    1,600万円ほどの資本金が必要ですか、、と思ったら違うやり方での起業の仕方もあるんですね!勉強になります!

  7. パッタイ より:

    マレーシアはあまり話題にはあがらないですね。
    特にニュースがないってことは様々な面で国が落ち着いているのでしょう。
    どんな国民性なのかもよく知らないので、一体どんな職種の起業ができるのか見当がつきません。

  8. まや より:

    マレーシアでの会社の設立って大変なんですね!知りませんでした。。
    資本金の金額も大きくてびっくりです。

  9. いっくん より:

    リタイア後の移住先に人気だから物価が安いのかと思ったけどそうでもないんだな。
    「蚊取り線香を売ることから始めて今はお城のような自宅に住んでいる」
    夢のある話だな。うらやましいね。

  10. みまみま より:

    日本人が多いなら、いわゆる日本料理ではなく居酒屋のような店はどうかなって思います。
    気楽に飲みにいける店はもうあるのかな?
    現地で信頼できるパートナーを見つけるのが一番の難関かも。

  11. かや より:

    マレーシアの起業はそんなにお金がかかるんですね!
    なおかつ色々な条件も満たさないといけないとは大変です。。