マレーシアのコールセンターに落ちた…面接でスターテックを受けたブログ。ストレスは?評判や高卒の実体


 

マレーシアのコールセンターに落ちた・・・

 

そうガッカリする声もありますが、

採用されてもストレスで辞める人も多いです。

 

 

自分一人で、どこにいても安定収入が得られる方法

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

マレーシアのコールセンターに

落ちてしまった人は何人もいます。

 

 

落ちたからといって、

そこで自信をなくす必要は

ありません。

 

なにが悪かったのか考えて、

今度はすんなり受かるように

していきましょう。

 

 

原因さえわかれば、次の面接は

クリアできる確率が上がります。

 

 

 

マレーシアのコールセンターの評判、その実態…服装やストレス、求人では英語不要?

 

マレーシアのコールセンターの

評判はどうでしょうか。

 

マレーシアのコールセンターの

実態に迫りたいと思います。

 

 

まず、マレーシアでは

コールセンターでの服装は私服です。

 

マレーシアではそもそも

スーツ姿をあまり見かけません。

 

 

オフィスカジュアルというと、

丸の内OLを想像しますが、

もっとざっくりとした私服です。

 

会社により規定はありますが、

ほぼほぼ私服で間違いありません。

 

 

女性はもちろん露出は避けた方が無難ですが、

デニムの人も、スカートの人も、

ワンピースの人もいます。

 

男性であれば、シャツにズボンといった

出で立ちがほとんど。

 

 

ちなみにマレーシア人は、

足元はサンダルが多いです。

 

 

日本であれマレーシアであれ、

コールセンターはストレスが付き物。

 

クレーム対応でストレスを

感じる人がほとんどです。

 

 

これはマレーシアだから

とは限りません。

 

理不尽なことで怒られ、

本当に訳のわからない

言いがかりもつけられます。

 

 

ただ、マレーシアのコールセンターの求人は

英語不要のところが多くハードルは低いです。

 

英語が使えるに越したことはありませんが、

日本人の対応をすることから、

日本語で充分働けるのです。

 

 

日本人のお客様には、

言葉よりマナーを求められます。

 

そのため、丁寧な日本語が

使える人の方が重宝されるのです。

 

 

 

マレーシアのコールセンターの面接で落ちた…面接で落ちる理由は志望動機?転職で英語不問は本当?

 

マレーシアで英語不要での仕事を探すと、

コールセンターがよく出てきます。

 

マレーシアで生活をする

十分な給料があることで人気です。

 

 

また、英語が不得意な人が

こぞって求人枠に押し寄せるのです。

 

そんなマレーシアの

コールセンターの面接で落ちた人は、

一体なにが原因だったのでしょうか。

 

 

マレーシアのコールセンターは

面接があります。

 

英語不要と書かれていたのに落とされたなど、

コールセンターの面接に落ちる

理由とは何なのでしょう。

 

 

まずマレーシアのコールセンターへの

志望動機はなんですか?

 

 

マレーシアの転職で、英語不問となると

真っ先にコールセンターが上がります。

 

英語に自信がない人には

とてもありがたい求人です。

 

では、そこで落ちてしまう人の

パターンを見てみましょう。

 

 

海外であえて日本人を募集しているからといって、

「日本人だから誰でも受かる」

という意味ではありません。

 

「日本人」という条件を1つ

満たしているだけに過ぎないのです。

 

 

コールセンターでは、

瞬発的な対応が求められます。

 

そのため、面接時のロールプレイングで

長時間黙ってしまうのは減点です

(自分は面接官でないため100%は言えませんが)。

 

 

また、「海外はルーズだから」と

やる気のない人も当然落ちます。

 

日本人特有のホスピタリティーが

求められているのです。

 

 

言葉遣いがなっていないことも言語道断。

 

丁寧な言葉遣いで、お客様への

対応を求められるのです。

 

 

 

まとめ。マレーシアのコールセンターに落ちた理由は?

 

マレーシアのコールセンターで

働く日本人は非常に多いです。

 

ですが、その反面、

残念ながら落ちている人達もいます。

 

 

海外で何となく

浮かれてしまっていませんが?

 

 

日本の企業より、

確かにマレーシアをはじめ

海外は年功序列ではありません。

 

日本のような

「忍耐が美徳」とされる

風習もありません。

 

 

働きやすい環境のように感じる人も

多いでしょうが、コールセンターの中は、

日本社会だと覚悟しておくのが無難です。

 

日本人ばかりのため、当然ながら

日本のような雰囲気があります。

 

 

もちろん、それが良いのか

悪いのかは人それぞれです。

 

マレーシアのコールセンターの

面接でのポイントは、日本の面接と

変わらないと思っておきましょう。

 

 

クアラルンプールでのんびり暮らす橋下。

自分と同じく、下見なしの海外移住をした人です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

つい肩に力が入ってしまい自然体になれないアナタへ。

 

ビジネスに熱中できる環境をつくって効率よく利益を出しませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授