結婚しない男はずるい?恋愛しない男(2ch)、責任を取りたくない男…結婚しない男が多いのは責任を負いたくないから?

結婚しない男がずるいという言い分は、

根底に「結婚は苦労するもの」という価値観があります。

結婚がハッピーなものでしかないなら

「ずるい」という発想自体出てこないから。

自分の周りには、結婚という形に縛られず

自由に恋愛を楽しんでいる人が多いのですが・・・

その彼らに評判が良いのが、

例えばこのパートナーエージェント。

↓↓↓質の高い出会いなら

パートナーエージェント

このサイトにはちゃんとした出会いを求める大人が多いので、

貴重な時間とお金を無駄にすることなく出会いと恋愛を楽しめます。

その多くの出会いの中から、「この人と本当に結婚したい

と思える人にたどり着けるかもしれません。

そもそも日本でも結婚しない男が増えていますが、彼らの

「責任感」について、女性の間で時々議論が交わされます。

30代後半の男性や40代を過ぎた男性でも

独身がたくさんいますが、彼らはなぜ

結婚をしないのでしょうか?

『タイミングを逃した。』

『いい人に巡り合えていない。』

などという人も数多くいますが、

本当にそれが真実なのでしょうか。

この記事では、結婚しない男性の「責任」に対する考え方に

迫ってみましょう。

結婚しない男(男性、男子)はずるい?「責任を負いたくない」のが本音?結婚しない男の心理と、増加(急増)の理由

実際に結婚をしていない独身男性のアンケート結果を

まとめてみたところ、やはり責任を負いたくないという人が

多数いました。

恋人の頃は許していたことが

結婚したらそうでなくなってしまう

なんてことは多々ありますが・・・

結婚となると、背負うものも違ってきますよね。

相手の人生を背負うという形になりますし、

家庭を持てば自分がその家族を支えていかなくてはなりません。

自由に生きることが好きな男性や、

縛られることを嫌う男性には結婚が向いていない

というのが現実です。

また、多趣味な男性も時間やお金がとられるので、

結婚生活には向いていません。

日本では特に、結婚後は奥さんに

財布を握られてしまいますからね(笑)。

結婚しない男性の特徴…縛られるのが面倒!結婚したくない男性は本当に責任感がないのか…恋愛しない男と2ch

『結婚することで負う責任が重荷。

その責任を全うできる自信がない』

『相手に大黒柱としての責任感を問われるのが嫌。』

なんて感じて結婚しない男性がほとんどと言いましたが、

果たしてそれだけが理由なのでしょうか?

責任感を語る前に、そもそも男性は

『自由を欲しがる生き物』です。

DNAレベルで言えば、たくさんの種を残すことが

使命になっていますよね。

たった一人の女性に縛られる結婚という制度自体が、

そもそも不自然という見方もできます。

そこまで言わないとしても、

出産や子育てを通して女性は日々強くなっていきますが

男性はいつまでも少年の心を持っています(笑)。

父になったとしても自分自身の時間が欲しいし、

自由が欲しいのが本音。

でも、パートナーになる女性に

それはなかなか言えないでしょう。

そこで自然と「結婚を避ける」という選択肢になります。

結婚しない男性に聞いてみた!女性から負わされる責任…男女の言い分と責任を取りたくない男

実際に離婚を経験した友人から話を聞いてみました。

やはり、結婚したとたんに妻の態度が変わったことや

お互いに求めるものの温度差から離婚に至ったということでした。

妻が自分に求めるものが多くなっていき、お互いに

すれ違いや相手を思いやる気持ちがなくなってくる。

会話は減り、溝はどんどん深くなる。

他人からは見えない、カップルのこうした心の隙間が

3組に1組が離婚しているという現状につながっているのです。

まとめ。結婚しない男に必要なのは「責任を負う覚悟」…ガイアの夜明け「結婚しない男たち」やずるい阿部寛のドラマ(動画)や2chで学ぼう

男性に「相手を幸せにする」という決意、

責任を負う覚悟がなければ

自分のように不幸な結婚生活と離婚が待っています(笑)。

結婚することによって、ある程度縛られるのは

仕方がない・・・それ以上に得られる幸せがある。

そう自分に言い聞かせることです。

一方で女性の側も、男という生き物の性質を知り

理解する必要があります。

「相手は自分を分かってくれている」

こうした期待を持っていると、

現実とのギャップにガッカリすることに。

お互いを異星人同士と思っているくらいで

ちょうどいいのかもしれません(笑)。

異性の価値観は、多くの恋愛を通してこそ学べます。

冒頭で紹介したパートナーエージェントなら、気負うことなく

たくさんの人との出会いを楽しめるでしょう。

↓↓↓本物の出会いなら

パートナーエージェント