フィリピンの有名企業って?現地在住者がマニラの日本企業も紹介

スポンサードリンク


フィリピンの有名企業には、渡比したことがあるあなたなら

空港でSIMカードを買った時点からすでに触れている(笑)。

ライブバーで1本150円ほどの瓶ビールを頼んだ時点でも。

フィリピンに注目が集まる中、フィリピンの現地企業や

日本企業について聞かれることが増えてきた。

フィリピン移住者が、ローカル企業や日系企業で

よく知られるものをいくつか紹介してみる。

フィリピン現地の有名企業

まずは、俺も大好きなビールのサンミゲル(笑)。

ちなみに、いつも「ライト」に氷をたっぷり入れて飲む。

レッドホースよりもずっと飲みやすいので好きだ。

小売業では、あちこちで見かけるSM

「シューマート」、街角の靴屋から

アジア最大の「モールオブエイシア」に代表される

巨大ショッピングモールをフィリピン各地につくり上げた

中華系の大企業だ。

小売業といえばアヤラも有名。

フィリピンのウォール街マカティを、

何もなかった草っぱらからグローバルシティにまで

開発した功労者。

金融として特に有名なのはBPIメトロバンク

BDOフィリピンナショナルバンク

もっと身近なら、

ファーストフードのジョリビーは

フィリピン人のソウルフード(笑)。

すでに海外にも進出している。フィリピン人の多い

ドバイにもあったのには驚いた(笑)。

ちなみにジョリビーは、店舗を必ず

マクドナルドのすぐそばに置くことで知られる。

このジョリビーを始め、フィリピンには

各地に定番のチェーン店が。

安いフィリピン料理チェーンのイナサル

中華ファーストフードのチャオキン

ラザニアが美味しいグリーンウィッチ。

ケーキのレッドリボンゴールディラックス、

俺も大好きなパン屋のパンデマニラ

コーヒーチェーンのBO’SJCO。

どこにでもあるドラッグストアのマーキュリー

そして書店と言えばナショナルブックストアだ。

その他、通信のPLDTSmartGLOBE、複合企業

JG電力のMERALCO、石油のPetronなど。

フィリピンのみならず世界的な会社でもあるネスレは、

この現地でも有名な企業の一つ。

スタバやKFCは日本人同様みんな大好きだし、

バーガーキングやダンキンドーナツもある。

このフィリピンでは、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)

つまり電話受信業務や総務・経理・人事・プログラミングなどを

外部に委託することが中心的な収益源。

コールセンターを中心に、

すでに多くの雇用を生み出している。

今まで比率の高かった農業を越え、

こうしたサービス業が50パーセント以上に。

これはやはり、フィリピン人の英語力の高さが大きい。

フィリピンの大都会マニラにある日本企業の例

フィリピンの日系企業といえば、どんなものがあるだろう。

こちらでも和食は人気があるし、特にラーメンは熱い。

俺の記憶するだけでも三ツ矢堂製麺山頭火

優勝軒吉虎といった日本企業が進出。

同じ飲食でいえば吉野家牛角和民

ミスドサンマルクカフェなど。

吉野家は日本と中身が違いすぎるが(笑)。

日本企業のチェーン店は、バンコクほどではないにしても

最近フィリピンでよく目にするようになった。

コンビニならミニストップファミリーマート

普通にあるし、ダイソーユニクロ

マカティに公文(くもん)があったのは

さすがにビックリ(笑)。

生産拠点としては

商社なら三菱丸紅伊藤忠など。

メーカーならキャノンエプソンブラザー

村田製作所三菱自動車トヨタ日産ホンダあたりが

フィリピンに工場を持つ。

俺がリゾートホテルのコテージに投資した

パングラオ島のボホール国際空港がそうであるように・・・

日本のODA(政府開発援助)により

フィリピン各地で高速道路などの建設が行われている。

ちなみに現地で駐在員として働く場合、

日本と同じか8割くらいの水準で給料がもらえる。

職種によるが、例えばSEの村田さんは月45万円。

一方コールセンターのSVとして働いていた重本は

月22万円ほどだった。

何より良いのは、安全面を考えて

社用車での送迎があったり、場合によっては

メイドがついたり。

また物価や人件費が安いため、実質的に

日本よりもずっと快適な暮らしになる。

一緒についてきた奥さんが

「もう日本に帰りたくない」と嘆く・・・

そんな話をよく耳にする(笑)。

まとめ。フィリピンへの日本企業の進出はこれから

フィリピンでよく知られる企業、

そして馴染み深い日本企業について語ってきた。

「フィリピンで働きたいんですが、

日本の企業ってどんなのがありますか?」

ちょうど先日も、名古屋にいる勝男さんから

こんな質問が。

フィリピンはレストランの食事のレベルがまだまだ低いので、

日本企業は進出の余地があると思うのだが・・・

ただ、特にメーカーはこの国の電気代の高さ、

またネット環境の悪さといったインフラの点から

日本企業が進出に二の足を踏んでいるという話も。

かつて「アジアの病人」と呼ばれていたのが信じがたいほど

経済成長率も東南アジアの中で高く、人口ピラミッドが

綺麗な三角で「今後30年で最も伸びる国」と言われるフィリピン。

そしてフィリピンは、

ASEAN諸国の中で最も日本に近い海洋国家。

同じ民主主義であり、義理人情や相互扶助という

日本人に近い考え方を持っている。

またフィリピン人は、中国人・韓国人同様

数の多い在日外国人でもあり、つながりが深い。

今のようなフィリピンと日本の良好な協力関係が続き、

日本企業の進出が増えることを願いたい。

スポンサードリンク