移住者が語るフィリピンビザ取得レポート

スポンサードリンク


このフィリピンに移住し、ビザを取って早数年。

フィリピンの恋愛事情の方が得意だが(笑)、周りに希望者が

多いこともあるので、今回はビザについて語りたい。

フィリピンの2つの主要なビザについて

フィリピンの場合には、リタイアメントビザや永住権として

主なものが2種類ある。

他にもフィリピン人と結婚した場合等のビザもあるが、

特殊な条件でしか使えないのでここでは割愛する

(adelとの結婚を考えていたときはこれが一番

現実的だったのだが(笑))。

まず、1つ目はSRRVというリタイアメントビザ。

35歳以上

年齢によって違う預託金(途中で使えない)

1年ごとの更新費用360USドル

以上が条件。

なぜフィリピンなのにペソじゃなくてUSドル

なのだろう(笑)。

最初はこれを考えていたが、コンドミニアムを

売った後の預託金や更新費用などのランニング

コストもバカにならないと思い、考えを改めた。

そして次が、一般にフィリピンの永住権と呼ばれる

クォータービザ

こちらは預託金は不要で、最初に5万USDをフィリピンに

送金することが条件。この約500万円は手続き後は

自分のものとして戻る(笑)。

このお金の自由度の高さはメリットだし、何しろ更新費用

SRRVの4万円弱と比べ、年700円と格段に安い。

これは積み重なると大きな差となる。

18512504160_4abe0d05b0_b

SRRVではなくクォータービザを取ることにした

フィリピンに移住してきた当初、観光ビザだけで当分

過ごすつもりだった。その上でSRRVを取るというのが

当初の予定。

しかし、この予定を変更してクォータービザを取ることにした。

これは事実上の永住権であって、特に年齢制限もない。

そのため、大好きなフィリピンにずっと住めるためにも、

今のうちに取得することにした。

そして俺がフィリピンでクォータービザを取っておいて

よかったと思ったのは、同じく日本人に人気のマレーシア

で、永住ビザのハードルが上がってきそうなこと。

マレーシアのビザのハードルが上がれば、当然移住できる

日本人は激減するし、マレーシア在住者も他の国への移動

を余儀なくされる可能性がある。

そうなれば、ビザの取りやすいフィリピンの人気が高まり、

年間50人しか枠がないクォータービザへの応募者が

今より増えるというシナリオも十分に考えられる。

そうなれば、クォータービザも高嶺の花になる日が

来るのかもしれない。それも、遠くない未来に。

あなたももしフィリピンのクォータービザを考えて

いるなら、年間50人から漏れないためにも、年内には

準備を始め、年明けからすぐに動けるようにしておきたい。

そして自力でこれを取ることは事実上不可能なので、

本当に信頼できる会社を選ぶこと。何よりこれが重要だ。

スポンサードリンク



コメント

  1. ☆☆ より:

    なんかフィリピンにビザの種類おおいんですよね?僕ももっと調べてみます。ありがとうございます!
    >読者が満足する記事の構成
    1つの記事に細かいアイディアをいくつも盛り込んでしまう例がよくあるがこれでは読者満足しないどころか混乱してしまう
    1つの記事では一貫して1つのアイデアを取り上げるこれが記事を読みやすくすることだ

    完璧な記事構成目を引く見出し見出しを説明する副見出し最初の段落で疑問を提起その疑問に答える市町市町証明する3つのポイントを箇条書き結行動の働きかけ

    あまり多くの情報鳥彩々取り上げようとしないこと1つのアイディアで大それを深く掘り下げその証明となるポイントを3つ箇条書きで示すこれで説得力がぐんとます

    副見出しによって呼んでもらう理由を繰り返し伝える

    行動呼びかける締めくくる次に何をすべきかを示す必要があるこれがなければ期待はずれに終わって読書をつなぎ止めておくことができないほどの呼びかけとはこれを買いなさいと言ったものではなくこの記事で何かを感じたらあなたの人生を変える行動起こしてみましょうと言うもの

    あなたが書いたように読者に行動を起こさせることができれば読者はこれからもあなたの書いた記事を読んでくれあなたを慕ってくれるだろうそうなればあなたは彼らみひろカリスマである子供起こさせず記事を猶予朝持ってもらえなければあなたの書いたものは単に忘れ去られ今後各いかなるものにも読む価値を見出してもらえる。

  2. ユウゾラ より:

    簡単に移住っていいいなという憧れを抱いていましたが、素人が思うような簡単なものではないのですね。やはりそれなりに経済的な蓄えもないとだめなのですね。勉強になりました!

  3. ともねーさん より:

    私はフィリピンや海外ですら行ったことがありません。フィリピンってビザ取得するときってリタイアメントビザとクォータービザがあって2つともそれぞれ違ったビザがあるんですね。

  4. ひろ より:

    ビザを取得するのってなかなか大変で
    めんどくさいものなんですね。
    海外に行ったことが無いので
    なかなかピンときませんが。
    色々な方法があるんですね。

  5. もちもちたまご より:

    クオータービザは年間50人しか取れないんですね。手軽にとれそうで、狭き門なんですね。人気が出れば、費用が吊り上がったるするかもしれませんね。

  6. makostyle より:

    ここでお話を伺う限りは、フィリピンでビザを取得するのは結構ハードルが低そうですね。ハードルが低いというと語弊がありますが、非常に魅力的だと思います!

  7. より:

    ビザといっても色々な種類のビザがあるんですね。初めて知って驚きました。いずれにしろたくさんのお金が必要なことは確かです。英語を話せるとかは二の次ですね。

  8. カモネギ より:

    ビザにもいろいろな種類のビザが存在しているのですね。
    自分の」しらないことがブログをみていると次々ろ出てきます。
    興味深い内容です。

  9. 雪兎 より:

    なぜビザに年齢制限があるのですか!
    最後の20代のわたしの場合はあと15年日本に居ないといけないという事になるというなんと苦行なのでしょうか・・・。

  10. ひかり より:

    ビザにも色んな種類や制限があるんですね。
    海外に滞在するのには、とても大変な手続きが必要なんですね。
    前もって調べておくことが大切ですね。

  11. にこ より:

    ビザってとるのが大変なうえにそんな人数制限まであるとは、初めて知りました。驚きです。私はまだビザというものをとったことはないですが、とるなら早めの行動ですね。